めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい福島原発(1月2週)―あっちこっちで汚染水漏れ―

 東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、1月2週(1月8日から14日)もしっかりトラブルが起こっています。
 ①新設、4号機淡水化装置は汚染水漏れ
 ②使用済み核燃料保管装置が警報
 ③ALPS汚染水漏れ
 ④4号機核燃料プールで汚染水漏れ
 ⑤汚染水移送ポンプににじみ
トラブルマップ1月2週
 ※ 位置は(3)による。
 図―1 福島第一トラブルマップ(1月2週)

1.新設、4号機淡水化装置は汚染水漏れ
 福島第一原発ではタービン建屋から汲み上げた汚染水からセシウムとストロンチウム90を荒どりした後で、淡水化装置に送り、そこで汚染水に圧力を掛けある意味「濾過(ろか)」した水を原子炉に注入し、原子炉を冷却しています(4)。4号機の建屋内に新たな「淡水化装置」を新設し、今年7月5日より運用を開始しました(5)。
4号機に設置された淡水化装置の系統
 ※(5)にて作成
 図―2 タービン建屋から汲み上げた汚染水の流れ

 1月9日午前10時46分頃、4号機タービン建屋内の淡水化装置(建屋内RO設備)(A)において、ろ過処理水受けタンク入口弁のグランド部から汚染水が漏れてるのが見つかりました。漏れた汚染水は2m×3m×1mmに広がり、漏れた量は約6リットルだそうです(6)。
 東京電力は漏れた汚染水をふき取り放射線量を測っても周囲の変わらないので汚染は確認されなかったとしていますが、同装置で扱う汚染水の近々の放射性物汚染は1リットル当たりで以下の通りです。
 淡水化装置入口
  セシウム134      89ベクレル
  セシウム137     570ベクレル
  ストロンチウム90 5,000ベクレル
  トリチウム       29万ベクレル
 SR処理水
  セシウム134      250ベクレル
  セシウム137    1,500ベクレル
  ストロンチウム90 16,000ベクレル
  トリチウム       29万ベクレル
です(7)。
 トリチウム等が出すベータ線が1mm程度の水で吸収されてしまうので(8)、線量を測っても分かりません。東京電力の発表を見ると(6)、トリチウムの計測結果はありません。
 この装置は先月(2016年12月14日)にも汚染水漏れを起こし、止まっているはずですが(9)、それでも汚染水もれです。

2.使用済み核燃料保管装置が警報
 福島第一では事故で核燃料プールが使えなくなりました。1~3号機は未だに取り出すことができず放置されていますが、4号機の核燃料プールからは取り出しています(10)。使用済み核燃料は核燃料プールに保管されるのが通例ですが(11)、福島第一では使えなくなりました。そこで事故前からあった使用済み核燃料を「乾式キャスク」と呼ばれる独特の装置で保管しています(12)。この装置は乾式キャスク貯蔵とは、使用済燃料を熱伝達に優れ、不活性ガスであるヘリウムガスとともに頑丈な金属製の乾式キャスクに封じ込め、貯蔵する方式です。乾式キャスクの蓋は、一次蓋と二次蓋からなる二重構造になっており、それぞれに密閉性を高めるため耐久性に優れた金属シールがあり、二重蓋間をヘリウムガスで加圧し、圧力を常時監視できる構造となっています(13)。
 1月11日午後0時18分頃、福島第一原子力発電所構内の乾式キャスクの一つが一次蓋と二次蓋間の圧力の異常を示す警報をだしたそうせす。原因は、計器の故障との事ですが、どのような故障だったは発表されていません(14)。

3.ALPS汚染水漏れ
 現状ではタービン建屋からくみ上げた汚染水は「水処理設備」を通し1部は原子炉の冷却に使われ、残りは多核種除去設備(ALPS)と呼ばれる装置を通した後で、汚染水タンクに送られます(15)。
福島第一汚染水処理の流れ
 ※(15)を転載
 図―3 福島第一原発の汚染水処理の流れ

 1月11日午後7時頃、福島第一原子力発電所多核種除去設備(ALPS)の一つで、吸着塔出口弁のグランド部(軸封部)から5分に1滴の割合で汚染水が漏れているのがみつかりました。もれた汚染水は約15cm×15cmに広がったとのことです(14)。

4.4号機核燃料プールで汚染水漏れ
 使用済み核燃料は核燃料プールに移されますが、プール内の水は当然ながら汚染されます。10年ほど前の2007年7月には、東京電力の柏崎刈羽原子力発電所の核燃料プールから汚染水漏れをおこしましたが、ことのきの核燃料プールの水は1リットル当たり4,100~27,000ベクレルの放射能に汚染されていました(16)。福島第一4号機では前述の通り各燃料の取り出しは終っていますが、放射能が消えてなくなる訳もないので汚染は続いていると思います。
 1月12日午前11時2分頃、福島第一4号機廃棄物処理建屋大物搬入口内に設置されている使用済燃料プール代替冷却系に接続されているホースのドレン(排水管)弁付近から汚染水がたれているのが見つかりました。漏れた汚染水は、約1.5m×1m×深さ1mmに広がったそうです。水たまりは堰内に留まっており、堰外への漏えいはなし。
 使用済燃料プール代替冷却系と塩分除去装置をつないでいた配管(現在塩分除去装置は取り外している)の端部にまいてあるビニールを外し、調べたら、当該配管の端部が開いていて、そこから汚染水が流れ出し、巻いてあるビニールとドレン弁表面を伝わって、閉止栓から漏れだ出したとのことです(17)。

5.汚染水移送ポンプににじみ
 福島第一の汚染水は図―3流れ出処理されますが、装置と装置あるいは汚染水タンクの間には配管が繋がっています。そして配管に汚染水を流す為のポンプもあります(18)。
brg130328c.gif
 ※(18)にて作成
 図―4 原子炉冷却のための配管引き回し

 1月12日に福島第一原子力発電所構内H8タンクエリア付近のSR処理水移送ポンプのポンプ配管の運転圧力による漏えい確認を試験をしたら、ポンプ出口側圧力計の取り出し配管にある弁のフランジ部(接合している部分(19))から、にじみがみつかったそうです(17)。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 事故から5年10ヶ月以上が経ちましたが、福島第一原発ではトラブルが続いています。福島の皆さんは不安だと思います。
 明日はイチゴの日です(19)。福島でもイチゴ栽培が盛んだそうです(20)。福島県いわき市ではイチゴ狩りが楽しめます(21)。福島県いわき市はイチゴの季節です。同市は福島県第二のイチゴの産地です(22)。同市のイチゴは甘くてジューシーだそうです(21)。福島県は福島産イチゴは「安全」だと主張しています(23)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(24)を引用
 図―5 福島産イチゴが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県いわき市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(1月1週)―新年早々の汚染水漏れ?―
(2)中長期ロードマップ|東京電力中の「中長期ロードマップの進捗状況」
(3)(2)中の「2016年12月22日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第37回事務局会議)⇒【資料2】中長期ロードマップの進捗状況(概要版)(6.89MB)
(4)原子炉の安定化|東京電力
(5)(2)中の「中長期ロードマップの進捗状況⇒2016年9月29日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第34回事務局会議)⇒【資料2】中長期ロードマップの進捗状況(概要版)(9.39MB)
(6)2017年01月09日福島第一原子力発電所の状況について(日報)【午後3時現在】
(7)2017年1月11日水処理設備の放射能濃度測定結果(PDF 10.0KB)
(8)放射線に関する基礎知識 - 放射線影響研究所
(9)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(12月3週)―東電社員様も甲状腺癌―
(10)燃料取り出し|東京電力
(11)使用済み核燃料 - Wikipedia
(12)乾式キャスク仮保管設備の設置工事について[PDF形式/7704KB]
(13)乾式キャスクの概要 | 日本原子力発電株式会社
(14)2017年01月12日福島第一原子力発電所の状況について(日報)【午後3時現在】
(15)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(11月3週)―地下水バイパス止まる―
(16)柏崎刈羽原子力発電所における新潟県中越沖地震に伴う「原子炉施設故障等報告」の報告について|TEPCOニュース|東京電力
(17)2017年01月13日福島第一原子力発電所の状況について(日報)【午後3時現在】
(18)福島第一原子力発電所の現況|東京電力中の「滞留水の処理・貯蔵状況」
(19)1月15日 いちごの日|なるほど統計学園
(20)福島県オリジナル品種「ふくはる香」をお見逃し無く! | ふくしま 新発売。
(21)暖かい温室でいちご狩りを楽しもう!2016-2017 | いわき市 観光情報サイト
(22)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(12月3週)―茨城産ブリからセシウム、福島産は69件連続ND―
(23)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(24)平尼子店 | マルト - 店舗情報
スポンサーサイト
  1. 2017/01/14(土) 19:44:35|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島産を許容する福島県郡山市の2016葬式は11%増(対2010年)、相馬・南相馬は別 | ホーム | 福島・あんぽ柿って安全?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2056-be3c4866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)