めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい福島原発(1月3週)―汚染水タンク増設できず―

 東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、1月3週(1月15日から21日)もしっかりトラブルが起こっています。
 ①汚染水タンク増設できず。
 ②ALPS止まる。
 ③濃縮塩水タンク再利用?
 トラブルマップ(1月3週)

 ※ 位置は(3)による。
 図―1 福島第一トラブルマップ(1月3週)

1.汚染水タンク増設できず。
 福島第一原発では日々、汚染水が増えています。
日々増え続ける福島第一汚染水
 ※(4)を集計
 図―2 日々増え続ける福島第一原発汚染水

 最新の発表(5)を集計すると総量は103万トンです。放置すると溢れ出すので、これを汲みあげ汚染水タンクに移しています(6)。以下に流れを示します。
福島第一汚染水処理の流れ
 ※(7)を転載
 図―3 福島第一原発の汚染水処理の流れ
 
 図に示す様に最終段は「処理水」です。以下に処理水のタンク容量と汚染水量を示します。
増設が止まってしましった福島第一汚染水タンク
 ※1 計画は(8)による。
 ※2 実績は(4)を集計
 図ー4 処理水タンクの計画と実績

 図に示すように汚染水タンクの増設が一ヶ月近く止まってしまい、計画を下回っています。このまま汚染水タンクが増設できなけば、汚染水を溢れさすしかなくなりす。

2.ALPS止まる。
 汚染水タンクの増設ができなければ、汚染水処理を一時的に停止するしかないようです。東京電力の1月19日の発表(9)では
「・第二セシウム吸着装置(サリー)停止中
・RO淡水化装置停止中
・多核種除去設備(ALPS)停止中
・増設多核種除去設備停止中
・高性能多核種除去設備停止中」
とあり、全ての汚染水処理を止めてしまいました。なおALPSはだだのALPS、増設、高性能と3種類あります。

3.濃縮塩水タンク再利用?
 事故当初は多核種除去設備(ALPS)も(10)、第一段のSARRYにはストロンチウム90を取り除く機能がなく(11)(12)、ストロンチウム90を含んだ汚染水がそのまま淡水化装置に送られていました。淡水化装置は汚染水を「淡水化」する装置ではなく、汚染水を「淡水(RO処理水)」とより濃い「濃縮塩水」に分離するための装置です(13)。濃縮塩水は福島第一のタンク内汚染水の中で、もっとも素性が悪い汚染水です。以下に汚染状況をしめします。
1リットル当たり一億ベクレル程度の全ベータに汚染されている濃縮塩水
 ※(14)を集計
 図―5 濃縮塩水の放射性物質濃度

 図に示す通り初期のものは1リットル当たり1億ベクレル程度の全ベータで汚染されています。事故から6年近くが経ちましたが、このようなタンクが今も22,100トン分残っています(5)。福島第一原発の汚染水タンクには事故当初に作られたフランジ型と(15)その後に導入された溶接型(8)がります。フランジ型タンクの寿命は「5年」と言われています(16)。事故から6年が経過したので、そろそろ寿命です。
 汚染水の行き場がなければ再利用せざるを得ないようです。濃縮塩水タンクの保管量を見ると
  1月12日 2,700トン(17)
  1月19日 1,800トン(5)
で900トン減っていますが、タンク容量は変っていません。解体したのでなく別につかったと考えるのが自然だと思います。行き場を失った汚染水は古い中古タンクに送られているようです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 トラブル続きの福島原発、福島の皆様は不安だと思います。
 福島を代表する冬野菜に「ニラ」があります(18)。福島のニラは品質が良く棚持ちも良いそうです(19)福島県は福島産野菜は「安全」だと主張しています(20)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産ニラはありません。
他県産はあっても福島産ニラが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(21)を引用
 図―6 福島産ニラが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(1月2週)―あっちこっちで汚染水漏れ―
(2)中長期ロードマップ|東京電力
(3)(2)中の「中長期ロードマップの進捗状況⇒2016年12月22日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第37回事務局会議)⇒【資料2】中長期ロードマップの進捗状況(概要版)(6.89MB)
(4)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社中の「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について」
(5)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第287報)|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(6)原子炉の安定化|東京電力
(7)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(11月3週)―地下水バイパス止まる―
(8)(2)中の「中長期ロードマップの進捗状況⇒2016年12月22日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第37回事務局会議)⇒【資料3-1】汚染水対策(25.2MB)
(9)2017年01月19日福島第一原子力発電所の状況について(日報)【午後3時現在】
(10)汚染水の浄化処理|東京電力
(11)第二セシウム吸着装置(SARRY) 同時吸着塔の導入に伴う補足説明資
(12)サリー (機械) - Wikipedia
(13)淡水化装置|東京電力
(14)報道配布資料|東京電力中の「水処理設備の放射能濃度測定結果 」
(15)第49回特定原子力施設監視・評価検討会 | 原子力規制委員会中の「資料2:フランジ型タンクの使用状況と今後の対応方針について[東京電力]【PDF:2MB
(16)タンク耐用年数、根拠なし 第一原発 | 東日本大震災 | 福島民報
(17)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第285報)|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(18)栄養と美味しさ満点!ふくしまの冬野菜たち! | ふくしま 新発売。
(19)特産品情報 | 地区別くらし情報 伊達地区 | JAふくしま未来
(20)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(21)イオン福島店
スポンサーサイト
  1. 2017/01/21(土) 19:43:05|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島リンゴ価格差、事故後最大(10―12月、対全国平均) | ホーム | 飯舘村避難指示解除まであと70日、半分近くが村外に持家>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2063-cd4e3068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)