めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島県矢祭町60周年、未来は暗い

 福島県矢祭町は1957年1月に隣町の一部を併合し、現在の形になりました(1)。60周年ですのでお祝いしたのですが
 ①放射能が降り注ぐ町
 ②安定しない基幹産業
 ③子どもと若者が逃げて行く町
 ④事故後に戻らない観光客
等の特徴が見え、未来は暗そうです。

1.福島県矢祭町とは
 福島県矢祭町は福島県または東北の最南端にある面積118.27平方キロメートル(1)、人口6,039人の小さな町です(2)。それでも平成の大合併をしなかった町です(1)。
福島県矢祭町
 ※1 (3)のデータを(4)に示す手法で1月1日に換算
 ※2 避難区域は(5)による
 図-1 福島県矢祭町

 1957年1月10日に隣町の1部を併合し現在の形となりました。今年で60周年です。同町は1月21日に記念式典を開いたそうです(6)。

2.放射能が降り注ぐ町
 矢祭町は福島県の外れにあり、図―1に示す様に福島県内では放射能汚染がマシな町ですが安心はできないようです。以下に2014年11月に対しいる15年11月の放射線量の増減を示します。
放射線量が増えた場所がある福島県矢祭町
 ※1(3)(7)で作成
 ※2 2015年11の放射線量―14年の放射線量で計算
 図―2 矢祭町の放射線量の増減

 図に示す通り同町では2014年11月に比べ、15年11月の方が放射線量が高くなった場所が広がっています。同町は放射能が降り注ぐ町です。

3.安定しない基幹産業
 以下に福島県矢祭町の生産額の内訳を示します。
製造業中心の福島県矢祭町
 ※(8)にて作成
 図―3 福島県矢祭町の生産額の内訳

 製造業が大部分です。図に示す通り製造業が大半です。同町の基幹産業は製造業です。以下に同町の製造業の生産額を示します。
変動幅が大きい福島県矢祭町の製造業生産額
 ※(8)にて作成
 図―4 福島県矢祭町の製造業生産額

 図に示す通り大きく変動しています。同町の基幹産業である製造業は不安てす。

4.子どもと若者が逃げて行く町
福島県矢祭町の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数)は、2013(平成25)年に2.23となり、全国の1.33、福島県の1.42と比べて高く、09年からの5年間は、全国、県を常に上回っており、町独自の支援策が結果に表れていとのことです(9)。でも人口減の歯止めにならないようです。
 福島県矢祭町では5年前の2012年1月には15から19歳の女性は141人いました(10)。5年経って彼女達は20から24歳になりました。この年齢層の方は2017年1月時点で半分近い76人になっています。同町ではこの5年間で252人の赤ちゃんが生まれています。今は0から4歳になっています。0から4歳の人口は217人で、矢祭町に生まれても14%の子供さんが5年間で町を去っています。このような考えを元に5年残存率を
 現在の人口÷5年前の人口(現在の年齢が5歳以上の方)
ないしは
 現在の人口÷過去5年間の出生数(現在の年齢が0-4歳の方)
で定義します。以下に示します。
若者と子供が出て行く福島県矢祭町
 ※1(10)を集計
 ※2 年齢は現時点(2017年1月)
 ※3 2012年1月と17年1月の比較
 図―5 福島県矢祭町の5年残存率

 同様の図を福島県についても示します。
福島県の5年残存率
※ 注記は図―5に同じ
 図―6 福島県の5年残存率

 両者を比較すると矢祭町独特の特徴が見えてきます。
 ①子供が生まれると町を出て行く
 ②15から19歳も減っている
 また福島県と共通の特徴として
 ③20から24歳が減っている
です。同町には高校がありません(1)。高校は他所の町の高校へ行くことになります。現年齢15から19歳の方は過去5年間に中学を卒業された方です。高校進学を機会に他所へ引っ越したと思います。20から24歳の方は過去5年間に高校を卒業された方です。大学進学や就職機会に町から離れているようです。
 25歳から29歳の女性が増えています。この中には過去5年間に大学を卒業された方もいる筈です。大学を卒業を機に町に戻った方も一部はいるようです。このような特徴は男性では見られません。矢祭町の方が高校に通うとしたら、お隣の塙町か棚倉町の高校になると思います。塙町の高校卒業者の進学率を見ると男性0、女性50%です(11)。この辺りでは高校を卒業すると男性は就職、女性は進学のようなパターンがあるのでしょうか?
 福島県の平均初婚年齢は男性・女性とも20代後半です(12)。赤ちゃんが100人生まれたとして、最終的にどれだけ残るかを(=^・^=)なりに試算してみました。
 ①同町で過去5年間生まれた女の子は129人で、現在残っているのは108人(0-4歳の人口)で84%です。
 ②5年前に0-4歳だった女の子は121人で、現在残っているのは112人で93%です。
すると生まれた赤ちゃんが5から9歳まで残る割合は①×②(0.84×0.93)=78%(0.78)です。矢祭町では女の子が100人生まれても10歳前に22人が町からいなくなります。このような計算を繰り返せば、100人生まれた赤ちゃんが何人残るかを計算できます。これを仮に累積残存率とします。以下に矢祭町の累積残存率を示します。
適齢期までに半数以下になる矢祭町の女性
 ※(9)を集計
 図―7 矢祭町の累積残存率

図に示す通り初婚年齢に達する20代後半では男性は6割程度は残っていますが、女性は4割程度です。女性がいなくなれば子供は生まれなくなり人口減少が進みます。
 矢祭町の未来は女性に逃げて行かれ、子供が生まれなくなる町です。

4.事故後に戻らない観光客
 矢祭町には奥久慈県立自然公園(13)や滝川渓谷(14)などの自然豊かな観光地があります。以下に入り込み数を示します。
事故前の水準に戻らない福島県矢祭町の観光客
 ※(15)を集計
 図―8 矢祭町の観光客入り込み数

 図に示すように事故前の水準に戻っていません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 矢祭町に茨城県に接している。交通が不便だ(地図で見る限り近くに新幹線も自動車専用道路もありません)。独自の事情があるかもしれませんが、福島に共通する課題を抱えていると思います。以下に福島県の累積残存率を示します。
福島県の累積残存率
 ※(9)を集計
 図―9 福島県の累積残存率

 図に示す通り各年齢とも女性が減り続ける傾向があります。しかたがないことです。図―1に示す通り福島は国が除染が必要とする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(16)地域が広がっています。
 福島を代表する冬野菜にニラとシイタケがあります(17)。矢祭町近辺の特産品でもあります。特にこの辺りのニラは茹でても生で食べてもおいしいそうです(18)。福島県は福島産農産物は
「 安全な農林水産物を提供するため、福島県がモニタリング検査を実施するほか、産地においても、米の全量全袋検査など自主検査を実施しています。」
と主張しています(19)。でも、お隣の塙町のスーパーのチラシは福島産ニラで作った餃子はありません。
他県産はあっても福島産ニラで作った餃子が無い福島県塙町のスーパーのチラシ
 ※(20)を引用
 図―10 福島産ニラで作った餃子が無い福島県塙町のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県塙町の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。
 

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)矢祭町 - Wikipedia
(2)トップページ | 矢祭町公式ホームページ
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(5)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)矢祭町合併60周年祝う 名誉町民、功労者たたえる | 県内ニュース | 福島民報
(7)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (KMZ, CSV)」
(8)福島県市町村民経済計算 報告書 - 福島県ホームページ
(9)出生率が高水準、福島・矢祭 独自の子育て支援、婚活支援も力:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(10)福島県の推計人口(平成29年1月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(11)平成27年度学校基本調査(全文) - 福島県ホームページ中の「卒業後の状況調査(高等学校) [Excelファイル/152KB] 」
(12)結婚が早い都道府県ランキング 1位は男女ともに「福島県」 - ライブドアニュース
(13)県立自然公園矢祭山 | 矢祭町公式ホームページ
(14)滝川渓谷 | 矢祭町公式ホームページ
(15)福島県観光ホームページ 統計資料一覧 - 福島県ホームページ
(16)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(17)冬 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(18)みりょく満点ブランド|JA東西しらかわ
(19)水・食品等の放射性物質検査 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(20)グディング/塙店のチラシと店舗情報|シュフー Shufoo! チラシ検索
スポンサーサイト
  1. 2017/01/29(日) 19:46:11|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島第一汚染水(1月5週)―外洋から過去最高の全ベータ― | ホーム | トラブルいっぱい福島原発(1月4週)―3号機の核燃料プールからの使用済み核燃料取り出しは「半年」遅れ―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2066-07d19815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)