めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2月3週)―北海道産ブリからセシウム、福島産は91件連続ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。423週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。今週は基準超えです。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数1,085件中1件の基準超え
  ②平均は、1キログラム当たり1ベクレル、最大110ベクレル(福島県産ヤマドリ)。
事故から6年近くなってもセシウム汚染食品が見つかる福島産
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年2月3週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

 今週は福島産のみから基準超が見つかっています。今週のデータを解析すると
 ①北海道産ブリからセシウム、福島産は91件連続ND。
 ②福島県天栄村産ウド、出荷開始から1ヶ月、検査結果がありません。
 ③上昇し始めた福島県福島市、西郷村、鮫川村産牛肉のセシウム。
等の特徴が見えます。およそ安心できるものではありません。

1.北海道産ブリからセシウム、福島産は91件連続ND
 北海道産ブリからセシウムが見つかったと発表になりました(8)。福島産が気になります。以下に2014年4月以降のブリの検査結果を示します。
他県ではも使っても福島産からは見つからないブリのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―2 ブリの検査結果

 図に示す通り北海道だけでなく、青森、岩手、宮城、茨城、千葉、神奈川産のブリからもセシウムが見つかっています。でも福島産ブリからは厚生労働省の発表(1)を数えると91件連続で検出限界未満(ND)です。
 宮城、茨城、千葉産スズキからもセシウムが見つかったと発表がありました(9)。でも福島産は検出限界未満(ND)です。以下にスズキの検査結果を示します。
他県ではも使っても福島産からは見つからないスズキのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 淡水は除く
 図―3 スズキの検査結果

 図に示す通り宮城、茨城、千葉産スズキからはそこそこセシウムが見つかっていますが、厚生労働省の発表(1)を見ると福島産スズキは55件連続で検出限界未満(ND)です。
 スズキしてもブリにしても他県ではセシウムが見つかっているのに、汚染源がある福島産から見つからないなどはおかしな話です。ブリやスズキを含め福島産の農水産物を検査しているのは厚生労働省の発表(1)を見ると福島県農林水産部に所属する「福島県農業総合センター」です(12)。中立性に疑問があります。
 福島産は他よりも低い値がでる検査で「安全」とされ出荷されます。

2.福島県天栄村産ウド、出荷開始から1ヶ月、検査結果がありません。
 福島県天栄村産ウドの出荷は1月下旬からははじまり(13)、そろそろ一ヶ月です。検査結果が気にまります。(=^・^=)なりに厚生労働省の発表(1)を見ると検査結果がありません。それでも福島県は福島産について
「安全な農林水産物を提供するため、福島県がモニタリング検査を実施する」
と主張しています(14)。
 福島産は検査されていなくても検査しているので「安全」だとされ出荷されます。

3.上昇し始めた福島県福島市、西郷村、鮫川村産牛肉のセシウム
 福島県福島市、西郷村、鮫川村産牛肉からセシウムが見つかったと発表がありました(15)。以下に推移を示します。
上昇する福島県福島市、西郷村、鮫川村産牛肉のセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―4 福島県福島市、西郷村、鮫川村産牛肉の検査結果

 図に示す通り昨年末あたりからセシウムが見つかるようになりました。そして上昇傾向です。
 福島産にはセシウムが上昇する物があります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。 
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・検査されていなくても検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
 これでは福島の皆様は心配だと思います。
 もうすぐひな祭りです。福島県福島市ではホウレンソウとリンゴで作ったひな人形が飾られたそうです(16)。福島県福島市はホウレンソウの季節です。福島県は福島産産ホウレンソウは「安全」だと主張しています(17)。でも福島県福島市のスーパーのチラシには福島産ホウレンソウはありません。
他県産はあっても福島産ホウレンソウが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(18)を引用
 図-5 福島産ホウレンソウが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第1021報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2月2週)―茨城産スズキからセシウム、福島産は53件連続ND―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)(3)中の食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)(3)中の「1 自治体の検査結果⇒検査結果(PDF:913KB)
(8)(7)中のNo74
(9)(7)中のNo1631,1632、1644(千葉産)、No2524(茨城産)、No3144(宮城産)
(10)(3)中の「2 緊急時モニタリング又は福島県の検査結果⇒検査結果(PDF:106KB)
(11)(10)中のNoNo79、156
(12)農林水産部 - 福島県ホームページ
(13)ハウスに春の息吹 山ウド収穫始まる 天栄 | 県内ニュース | 福島民報
(14)水・食品等の放射性物質検査 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(15)(10)中のNo18(福島市)、No19(西郷村)、No235,236(鮫川村)
(16)トピックス | JAふくしま未来
(17)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中の「やさい編 [PDFファイル/192KB]
(18)チラシ情報 | スーパーマーケットいちい
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2017/02/21(火) 19:43:18|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日(2月22日)は竹島の日、なにもしない安倍出戻り総理 | ホーム | 福島甲状腺、新規発生者 被ばく線量1mSv以上は58%、全体では38%>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2095-0d498f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)