めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島空港チャーター便・ドタキャン、福島の抵抗

 3月18,20日にソウル(仁川)と福島空港間に予定されていた済州(チャジュ)航空のチャーター便がドタキャンにあった問題(1)(2)について福島は福島空港のHPではドタキャンを告知しない(3)、旅行会社はドタキャンは認められない(4)、福島の地方紙・福島民友は社説で韓国の無理解を非難(4)するなど、抵抗を続けているようです。でも福島は汚染された地であり、避けるのは当然です。
 福島原発事故によって福島は汚染されました。
事故から6年経て、汚染されたままの福島
 ※1(5)の数値データを元に(6)に示す手法で3月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(7)による
 図-1 原発事故6年経て、汚染されたままの福島

 図に示す通り事故から6年が経過しましたが、福島には国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(8)地域が広がっています。福島の除染はほぼ終わりましたが(9)、汚染は残ったままです。福島を避けるのは当然のことです。福島空港も利用者が低迷しています。以下に福島空港の利用者数を示します。
事故後に利用者の低迷が続く福島空港
 ※1(11)を転載、イベントは(11)による。
 ※2 ①2007年3月、仙台空港鉄道開業
 ※3 ②2009年2月、日本航空、福島空港撤退
 ※4 ③2010年
     3月、茨城空港開港
     7月、成田スカイアクセス開業
 ※5 ④2011年3月、福島原発事故
 ※6 ⑤2015年3月、ひたち品川乗り入れ
 図-2 福島空港の利用者数

 事故後は福島空港発着の国際定期便がなくなってしまいました(12)。福島空港の国際定期便の再開は福島復興の象徴的な意味をもつと思います。
 「今回の韓国チャーター便は2013年9月以来、約3年半ぶりの運航で、原発事故後途絶えている定期路線の再開に向けた第一歩となる予定だった。」
と福島県の地方紙・福島民友が社説で論じており(5)、国際チャーター便の運行で実績を積み、国際定期便の復活に繋げる戦略のようです。
 3月18と20日にソウル(仁川)と福島空港間のチャーター便の運行が決まっていましたが、2月24日に中止が報じられました。ソウル(仁川)と仙台空港間に変更するとのことです(1)。それから1週間が経過しましたが、福島は抵抗しています。
 福島空港のHPを見ると、中止なったはずのチャーター便運航の告知がそのままになっています(3)。
ソウル行チャータ便の告知が掲載されたままの福島空港HP
 ※(3)を3月2日に閲覧
 図―3 中止なったはずのチャーター便運航の告知がそのままになっている福島空港のHP

 さらには同便を利用した旅行商品にリンクは貼らており、チラシは「福島発着」のままです。
「福島発着」のままの旅行商品のチラシ
 ※(14)を引用
 図―4 「福島発着」ままの旅行商品チラシ

 さらには旅行会社は「(変更は)一方的で認められない」と主張しているそうです。なんでも相互合意を経て契約を結んだ。一方的で変更はできない」とのことです(4)。さらには福島県の地方紙・福島民友は2月28日付の社説で
「福島空港のホームページによると福島空港の放射線量は0.08マイクロシーベルトであるのに対して、ソウルは0.09マイクロシーベルトと上回る。」
と論じ(4)、韓国は無理解を非難しています。ゆうまでもなく韓国が無理解なのでなく図―1に示すように福島は汚染されているのです。だいたい福島県が発表する空間放射線量は当てになりません。以下に郡山市と福島市の福島県が発表している2012年年末から13年にかけての放射線量を示します。
突然に下がった福島市の放射線量 突然に下がった郡山市の放射線量
(a)福島市              (b)郡山市
 ※(15)を転載。
 図―5 人為的操作で下がった福島県の放射線量測定値

 安倍出戻り総理が出戻った2012年12月(16)から急に低下しています。理由は
 ①計算式の変更を含む調整
 ②測定場所を放射線量が低い場所に移す
 ③測定場所周辺の除染
などの人為的操作です(15)。福島の放射線量が低いと主張しても、それは測定場所周りだけを人為的に低下させたものです。
 同社説(4)は「坪倉先生の放射線教室」(17)を引用していますが、これが実にいい加減な内容です。たとえば一切の数値データなしに
「(福島)県内で現在、人が居住している場所の多くは、西日本や諸外国の線量と大差なくなってきています。」
と解説しています(18)。福島の放射線量が高いのは図―1に示す通りです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島県は福島を避ける行為を「風評被害」と称しています(19)。(=^・^=)は当然だと思うのですが韓国は多くの福島産を輸入禁止にしています(20)。韓国から福島にチャーター便が飛んで来れば、福島県言う「風評被害」の低減に繋がるとおもいます。でも計画が突然に中止になれば、福島離れをより印象づける結果になると思います。これからも福島の抵抗は続くと思います。でもこれは福島県の一方的な理屈です。福島県は福島産は検査されていて「安全」だと主張しています(21)。以下にスズキの検査結果を示します。
 他県では見つかっても福島産からは見つからないスズキのセシウム
 ※1(22)を転載
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 淡水は除く
 図―6 スズキの検査結果

 図に示す通り宮城、茨城、千葉産スズキからはそこそこセシウムが見つかっていますが、福島産スズキからは見つかっていません。海は繋がっているのに汚染源がある福島が低くでるなどおかしな話です。福島産に実施されている検査は他よりも低くでる検査です。これではいくら検査しても福島産が「安全」だとは言えません。これでは福島の皆様は不安だと思います。
 福島でもイチゴ栽培が盛んだそうです(23)。今が旬のようです(24)。福島県伊達市は福島最大のイチゴの産地です(25)。同市産のイチゴはとても甘くてちょっと酸っぱい、新鮮そのものだそうです(26)。福島県は福島産イチゴは「安全」だと主張しています(27)。でも福島県伊達市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ
 ※(28)を引用
 図―7 福島産イチゴが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県伊達市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 韓国・済州航空の福島チャーター便、ドタキャン!当然です。
(2)韓国・チェジュ航空 福島便就航計画を撤回= 放射能懸念で
(3)福島空港
(4)済州空港発着地変更>HIS「認められぬ」3月2日 河北新報
(5)【2月28日付社説】韓国便が発着地変更/肝据えて事実誤認正さねば:社説:福島民友新聞社 みんゆうNet
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(8)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(9)除染の目標・計画などについて | 除染・放射線Q&A | 除染情報プラザ:環境省
(10)<福島除染>帰還困難区域除き年度内ほぼ完了 河北新報-2017/02/23
(11)めげ猫「タマ」の日記 福島空港にMRJ?未来は暗い
(12)福島空港 - Wikipedia
(13)インフォメーション | 福島空港
(14)(13)中の「株式会社HIS郡山営業所⇒   商品チラシは ①こちら
(15)めげ猫「タマ」の日記 5月測定器の周りを除染で福島県の放射線量が激減!―補正式が必要
(16)第2次安倍内閣 - Wikipedia
(17)坪倉先生の放射線教室:福島民友新聞社 みんゆうNet
(18) 西日本と大差ない線量に :坪倉先生の放射線教室:福島民友新聞社 みんゆうNet
(19)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(20)東京電力福島第一原子力発電所事故に係る諸外国・地域の規制の経緯:農林水産省中の「韓国の輸入規制措置の概要(平成25年3月20日時点)(PDF:196KB)
(21)水・食品等の放射性物質検査 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(22)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2月4週)―千葉産スズキから24ベクレルのセシウム、福島産61件全数ND―
(23)甘酸っぱい幸福感!赤くてかわいい、イチゴ! | ふくしま 新発売。
(24)広報誌 | JAふくしま未来中の「Vol.12
(25)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月3週)―福島でイチゴ狩りが始まる。検査結果はありません―
(26)伊達のいちご - 福島県伊達市ホームページ
(27)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(28)リオン・ドール スーパーマーケット お得情報満載
スポンサーサイト
  1. 2017/03/03(金) 19:47:04|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラブルいっぱい東電原発(3月1週)―柏崎刈羽・安全審査の申請書を再提出― | ホーム | 川俣町62周年、未来は暗い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2106-7b4bb778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)