めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい東電原発(3月2週)―福島第一、廃炉にはあと40年以上(TUF)―

 東京電力の原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、3月2週(3月5日から11日)もしっかりトラブルが起こっています。
 ①福島第一、原子炉・タービン建屋への流入量・1日100トンを切れず
 ②福島第一、SR処理水の処理できず。
 ③福島第一、2号機格納容器内は再調査
 ④東電社員様はPTSD(心的外傷後ストレス障害)
 ⑤福島第一、廃炉にはあと40年以上(TUF)
 ⑥柏崎刈羽、雨漏り点検で見落とし
福島第一トラブルマップ・3月2週
 ※ 位置は概ね(3)による 
 図―1 福島第一トラブルマップ(3月2週)

1.福島第一、原子炉・タービン建屋への流入量・1日100トンを切れず
 2015年6月に東京電力は2017年3月までには、福島第一の原子炉・タービン建屋への流入量を1日当たり100トン以下にすると発表しました(3)。3月になったので建屋への流入量を示します。
100トンを超えたままの福島第一への流入量
 ※(4)を集計
 図―2 福島第一、原子炉・タービン建屋への流入量

 図に示す通り1日100トンが以下になっていません。1年9ヶ月前の計画も守れないようです。

2.福島第一、SR処理水の処理できず
 福島第一では原子炉やタービン建屋に地下水が流れ込む等して、日々汚染水が増えています。放置すると溢れてしまうのでこれを汲みあげ処理設備を通した後で汚染水タンクに蓄えています(5)。以下に福島第一の汚染水の流をしめします。
福島第一汚染水処理の流れ
 ※(6)を転載
 図―3 福島第一原発の汚染水処理の流れ
 
 こにうちSR処理水を今後減らしていくと昨年9月に発表しました。年明けから減って行く計画でした(7)。以下に計画と実績の比較を示します。
計画ちは違いまったく減っていないSR処理水量
 ※計画は(7)、実績は(8)による。
 図―4 SR処理水量の計画と実績

 図に示す通り減っている気配がありません。ここでも東京電力は計画を守れていません。


3.福島第一、2号機格納容器内は再調査
 東京電力は2015年6月に2年後を目途に号機毎の燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出し方針の決定するとしています(4)。今年の6月が期限で、あと3ヶ月です。そのためにはデブリの性状を把握する必要があります。そのためでしょうか?2月に自走ロボットを2号機格納用容器内にいれ調査を実施しましたが、殆ど成果が得られませんでした(10)。福島のローカルTV局・FCTが報じる所によると、今年の夏をめどに、再び、内部の調査を検討しているとの事です(11)。
2号機格納容器内再調査を報じるFCT
 ※(11)をキャプチャー
 図―5 2号機格納容器内は再調査を報じる福島のローカルTV局・FCT

 結局は2月の調査は「失敗」で十分な情報は得られなかったようです。
 福島第一原発の廃炉方針については原子力損害賠償・廃炉等支援機構(以下機構と略す)ち長い名前の国等がが設立した組織(認可法人)が係っています(12)。報道によると機構は4日、東京電力福島第一原発の溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しに向け、工法決定の技術的なよりどころとなる「廃炉戦略プラン」を今夏に示す方針を示したそうです(13)。このまま行くとこの夏にに出て来るのは「号機毎の燃料デブリ取り出し方針」でなく「廃炉戦略プラン」になりそうです。

4.東電社員様はPTSD(心的外傷後ストレス障害)
 報道によると福島第一原発事故後に避難所などで住民に詰め寄られたり等の「差別」を受けた東京電力の社員様は12.8%に当たる181人に上り、そうした経験がない社員よりも震災直後で5.7倍と高い割合でPTSD(フラッシュバックや睡眠障害など心的外傷後ストレス障害)の症状がみられたそうです(14)。
 福島第一の廃炉には東京電力の力が必要です。東電社員様と言うだけで「差別」するのは間違っています。でも福島を汚し、モモを吐かれ(15)、福島空港発着予定のチャーター便をドタキャン(16)に追い込んだのは東京電力です。(=^・^=)が福島の(=^・^=)なら「東電社員様」と言うだけで罵声を浴びせ石を投げたくなります。感情論として福島の皆様の「東電社員様差別」は理解できます。感情論と正論の折り合いをつけるには事故の責任者を明確にし、厳正な処分をすべきですが東京電力はそのような事はしていません。東京電力は福島原発事故の責任をウヤムヤにすることで、事故に対して責任の無い社員様までも犠牲にしているようです。

5.福島第一、廃炉にはあと40年以上(TUF)
 福島第一原発の廃炉には30年~40年かかると公式にはアナウンスされています(17)。事故から6年経ったので、あと24年~34年です。ところが福島のローカルTV局のTUFは
 「今後40年は続くとされる長い廃炉への道のり」
とのナレーションを付けて廃炉に向けた研究開発の様子を報じていました(18)。
事故から6年経って、廃炉のスタートラインと報じるFCT
 ※(18)をキャプタチャー
 図―6 「廃炉のスタートライン」と報じる福島のローカルTV局・TUF

6.柏崎刈羽、雨漏り点検で見落とし
 昨年9月に北陸電力・志賀原子力発電所で雨水が原子炉建屋内に流れ込むトラブルがありました(19)。これを受けて原子力規制員会は東京電力を含む原子力発電所を所有する各社に雨漏りしそうな場所の点検を指示しました(20)。東京電力は昨年12月に
「柏崎刈羽原子力発電所は調査を完了し、安全機能を有する機器・系統に影響を与える(雨水が流れ込むような)貫通部はないことを確認しました。」
と発表しました(21)。ところが調査に漏れがあることが発覚しました(22)。これについて東京電力は
 ①同一の壁面に対して複数グループが調査を実施しており、一部の貫通部が容易に識別できない場合があることから、重複や抽出漏れが発生していた。また、調査内容の認識にズレがあり抽出漏れが発生していた。
 ②調査バウンダリ(境界(線(23)))を設定する際、複雑な地下構造を確認せず作成したことにより、調査バウンダリ設定の間違いが確認された。また、設定した調査バウンダリの一部に不明瞭な箇所があったことから、適切な範囲を調査できなかった。
 ③取りまとめグループが調査結果を集約した際に、エビデンスを含めた調査の網羅性を確認する手順が不足していた。
 と言い訳をしています(22)。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 トラブル続きの東京電力の原子力発電所、福島の皆様は不安だと思います。
 福島県はイチゴ栽培が盛んなだそうせす(24)。福島県会津若松市ではイチゴ狩りが楽しめます(25)。福島県会津若松市はイチゴの季節です。同市辺りのイチゴは身の詰まったしっかりした食感で、食べると果汁が溢れるそうです(26)。福島県は福島産イチゴは安全だと主張すています(27)。でも福島県会津若松市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(28)を引用
 図-7 福島産イチゴが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県会津若松市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

 
―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい東電原発(3月1週)―柏崎刈羽・安全審査の申請書を再提出―
(2)中長期ロードマップ|東京電力
(3)(2)中の「2017年2月23日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第39回事務局会議」⇒【資料2】中長期ロードマップの進捗状況(概要版)(8.60MB)
(4)(2)中の「(資料1)中長期ロードマップ改訂案について(133KB)
(5)報道配布資料|東京電力中の「建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移 」
(6)原子炉の安定化|東京電力
(7)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(11月3週)―地下水バイパス止まる―
(8)第46回特定原子力施設監視・評価検討会 | 原子力規制委員会中の「資料1:建屋滞留水処理に向けた取り組み[東京電力]【PDF:3MB】
(9)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社中の「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第294報) 」
(10)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい東電原発(2月3週)―福島第一2号機の格納機内調査は「失敗」―
(11)ニュース|福島中央テレビ
(12)原子力損害賠償・廃炉等支援機構 - Wikipedia
(13)廃炉戦略プラン提示へ 今夏に原子力損賠支援機構 | 県内ニュース | 福島民報
(14)事故後「差別」、心の傷に=福島原発の東電社員調査-順天堂大:時事ドットコム
(15)めげ猫「タマ」の日記 吐かれて当然、福島のモモ
(16)めげ猫「タマ」の日記 韓国・済州(チャジュ)航空、福島チャーター便は飛ばず
(17)現状と廃炉に向けた取り組み(平成26年8月25日)(PDF ... - 経済産業省
(18)Nスタふくしま20170307 TUFchannel
(19)北陸電力 プレスリリース 2016中の「2016年10月24日 志賀原子力発電所2号機における雨水流入事象に対する原子力規制庁からの指示について
(20)原子力規制委員会からの指示文書「北陸電力株式会社志賀原子力発電所2号炉の原子炉建屋内に雨水が流入した事象に係る対応について(指示)」|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(21)北陸電力株式会社志賀原子力発電所2号炉の原子炉建屋内に雨水が流入した事象に係る対応について(中間報告)|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(22)「北陸電力株式会社志賀原子力発電所2号炉の原子炉建屋内に雨水流入事象に係る対応(指示)及び(追加指示)」に係る対応(中間報告)|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(23)boundaryの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
(24)甘酸っぱい幸福感!赤くてかわいい、イチゴ! | ふくしま 新発売
(25)フルーツランド北会津
(26)いちご | JA会津よつば
(27)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(28)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
スポンサーサイト
  1. 2017/03/11(土) 19:42:10|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<事故から6年、福島マスコミは震災から6年 | ホーム | 福島県外避難者がいじめが拡散とNHK、福島では2ヵ月連続で自殺、いじめの疑い>>

コメント

めげ猫「タマ」様

余談では結局、何を仰いたいのでしょうか?風評促進(笑

線量に県境はございません。
宮城の鮮魚や米、山形の山菜をモニタリングすれば、どのような結末になるかもご存知ですよね。
 色白で、剥げあがって、気持ち悪い顔したアイツが趣味でやってんでしょ。
  1. 2017/03/11(土) 22:40:01 |
  2. URL |
  3. 当然の結果 #-
  4. [ 編集 ]

Re: めげ猫「タマ」様

 国も福島県も福島を避ける行為を「風評被害」と称していますが、福島のみなさな自身が福島を避けていればこのような主張は成立しません。そこで次善の策として福島県内のスーパーのチラシを調べ、福島産が福島でどの程度まで受け入れらているか明らかにしたいと考えています。

Q2>線量に県境はございません。
A2>地図で見ると、福島県境には高い山があります。たとえば福島・山形県境には奥羽山脈や飯豊連峰があります。ここで放射性物質の流は阻止されています。実際に放射線量の分布をみると福島県内のみが特異的に汚染されています(http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2106.html)。線量に県境はあります。

Q3>宮城の鮮魚や米、山形の山菜をモニタリングすれば、どのような結末になるかもご存知ですよね。
A3>知っています。厚生労働省の発表をみると(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/)、事故以降6年間の1キログラム当たりの値で
 コシアブラ
  福島産 検査114件、平均702ベクレル、最大12、000ベクレル
  山形産 検査 77件、平均 39ベクレル、最大   260ベクレル
 コゴミ(クサソテツ)
  福島産 検査327件、平均 36ベクレル、最大1、460ベクレル
  山形産 検査 59件、平均  2ベクレル、最大   59ベクレル
 ゼンマイ
  福島産 検査115件、平均 94ベクレル、最大4,500ベクレル
  山形産 検査 29件、平均  3ベクレル、最大   36ベクレル
で、まったく値が違います。他にご希望があれば記載します。
 鮮魚については宮城だけでなく、北海道、青森、岩手、宮城、茨城、千葉より福島産が低く出ています。汚染源は福島にあり、海は陸と事なり繋がっているのにおかしな話です。福島産を検査しているのは福島県農林水産部に属する福島県農業総合センターです。福島の検査は中立性に疑問があります(http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2110.html)。福島の検査がおかしいとの証明にしかなりません。

Q4>色白で、剥げあがって、気持ち悪い顔したアイツが趣味でやってんでしょ。
A4>エビデンスは?根拠もなく(=^・^=)を誹謗中傷するのですか?
  1. 2017/03/12(日) 07:21:22 |
  2. URL |
  3. mekenekotama #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

ご丁寧な資料を頂き、自分の偏見と頭の悪さで75%程度まで
理解できました♪
また、福島の不思議について、ご質問させた頂きます。
  1. 2017/03/16(木) 22:06:15 |
  2. URL |
  3. 当然の結果 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2115-85a2149e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)