めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月3週から4月2週)―茨城産シラウオからセシウム、福島産は全数ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。3月3週から4月2週中の食品中の放射性セシウムの検査結果をまとめてみました(3)(4)(5)(6)。お買い物のの参考になればいいかなと思います。事故7年目になりましたが、確りセシウム汚染食品が見つかっています。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数3,576件中12件の基準超え(0.33%)
  ②平均は、1キログラム当たり2ベクレル、最大260ベクレル(岩手県産イワナ)。
事故7年目も見つかるセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(7)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2017年3月3週から4月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(8)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

 危険なセシウム汚染食品が群馬、栃木で見つかっています。福島産からは基準超はみつかっていませんが、データを解析すると
 ①茨城産シラウオからセシウム、福島産は全数ND。
 ②福島はサヤインゲンの季節、検査結果がありません。
 ③上昇する福島県北塩原村産ヤマメのセシウム
との特徴が読み取れおよそ「安全」と言い切れるものではありません。

1.茨城産シラウオからセシウム、福島産は全数ND
 厚生労働省は茨城産シラウオからセシウムが見つかったと発表しました(9)。福島産が気になります。以下にシラウオの検査結果を示します。
茨城産では見つかっても福島産からは見つからないシラウオのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 淡水は除く
 図―2 シラウオの検査結果

 図に示す通り茨城産シラウオからはセシウムがそこそこ見つかっているのに福島産からは見つかっていません。従前の記事で千葉産スズキからセシウムが見つかっているのに福島産からは見つかっていない旨の記事を書きました(10)。新たに千葉産スズキからセシウムが見つかったと発表があったので(11)以下に記載します。
他県産では見つかっても福島産からは見つからないスズキのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 淡水は除く
 図―3 スズキの検査結果

 千葉だけでなく、宮城産や茨城産のスズキからもそこそこセシウムが見つかっています。でも福島産からは見つかっていません。今回の発表を加えると92件連続で検出限界未満(ND)です。
 青森県産マダラからセシウムが見つかったと発表しました(12)。従前の発表を含め、マダラの検査結果を示します。
他県産では見つかっても福島産からは見つからないマダラのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―4 マダラの検査結果

 図に示す通り青森だけでなく、北海道、岩手、宮城産のマダラからもセシウムが見つかっています。でも福島産からは見つかっていません。今回の発表を加えると89件連続で検出限界未満(ND)です。 
 シラウオ、スズキ、マダラでは他県ではセシウムが見つかっているのに、汚染源がある福島産から見つからないなどはおかしな話です。シラウオ、スズキやマダラを含め福島産の農水産物を検査しているのは厚生労働省の発表(1)を見ると福島県農林水産部に所属する「福島県農業総合センター」です(13)。中立性に疑問があります。
 福島産は他よりも低い値が出る検査で「安全」とされ出荷されます。

2.福島はサヤインゲンの季節、検査結果がありません。
 4月も半ばになり福島も春野菜の季節です。福島を代表する春野菜にサヤエンドウがあります(14)。福島の伊達地区が主要な産地で、4月は施設栽培の出荷のピークです(15)。以下に伊達地区等を示します。
事故7年目も汚染が残る福島・伊達地区
 ※1(16)の数値データを元に(17)に示す手法で4月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(18)による
 ※3 伊達地区の範囲は(15)による。
 図-5 伊達地区と北塩原村

 図に示す通り事故から7年目になりましたが、国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(19)地域が広がっています。福島のサヤエンドウは汚染された地で作られています。確り検査して欲しいものです。ところが福島県が提供するデータベース(20)で、伊達地区(伊達市、桑折町、国見町)のサヤエンドウについて検索したのですが検査結果が出ていません。
 福島県は
 「安全な農林水産物を提供するため、福島県がモニタリング検査を実施する」
と主張していますが(21)、汚染が酷い産地の検査は避けているようです。それでも福島産は「安全」と主張されています。

3.上昇する福島県北塩原村産ヤマメのセシウム
 福島県北塩原村は図-5に示す通り、福島県の北西部に位置し、日本百名山のひとつである磐梯山と桧原湖・五色沼をはじめとする大小300余りの湖沼群を有する「裏磐梯」の地元であり、自然豊かな観光資源を基とする産業が発達しています。ヤマメ等の特産品があります(22)。以下に北塩原村産ヤマメのセシウム濃度を示します。
上昇する福島県北塩原村産ヤマメのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―6 北塩原村産ヤマメの検査結果

 一時は検出限界未満(ND)となったのですが、その後に上昇しています。
 福島産はセシウム濃度が上昇する事があります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染が酷い産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事がある福島産
 これでは福島の皆様は不安だと思います。
 福島を代表する春野菜にアスパラガスがあります(14)。4月も半ばが過ぎそろそろシーズンです(23)。福島県会津地方が主要な産地です(24)。福島県は福島産アスパラガスは安全だと主張しています(25)。でも福島県会津地方のスーパーのチラシには福島産アスパラガスはありません。
他県産はあっても福島産アスパラガスが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(26)を引用
 図―7 福島産アスパラガスが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県会津若松市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第1025報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)食品中の放射性物質の検査結果について(第1026報) |報道発表資料|厚生労働省
(5)食品中の放射性物質の検査結果について(第1027報) |報道発表資料|厚生労働省
(6)食品中の放射性物質の検査結果について(第1028報) |報道発表資料|厚生労働省
(7)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(8)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(9)(3)中の「1 自治体の検査結果⇒検査結果(PDF:762KB) のNo2112」
(10)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月2週)―千葉のスズキは20ベクレル、福島は64件全数ND―
(11)(5)中の「1 自治体の検査結果⇒ 検査結果(PDF:6,235KB)No3840」
(12)(6)中の「1 自治体の検査結果⇒検査結果(PDF:889KB)
(13)農林水産部 - 福島県ホームページ
(14)春 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(15)産地紹介:福島県 JA全農福島-月報 野菜情報−産地紹介−2015年6月
(16)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(17)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(18)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(19)除染の目標・計画などについて | 除染・放射線Q&A | 除染情報プラザ:環境省
(20)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。をサヤエンドウ、サヤエンドウ(施設)および伊達市、桑折町、国見町で4月15日に検索
(21)水・食品等の放射性物質検査 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(22)北塩原村 - Wikipedia
(23)4/1(土)~6/30(金)あいづ食の陣・春(アスパラガス)|イベント|会津若松観光ナビ
(24)アスパラガス | JA会津よつば
(25)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(26)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2017/04/15(土) 19:40:58|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島・飯舘村の児童生徒数は113人、教育予算は71億円 | ホーム | 若い女性が逃げて行く事故6年目の福島>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2126-03dc7a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)