めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一サブドレンの4月のトリチウム排出量は167億ベクレル、過去最高

 福島第一原発のサブドレンからの4月中のトリチウム排出量を濃度×排水量の合計で集計したら、過去最高の167億ベクレルとなりました。4月はサブドレンも増強」され、福島の海はこれからますます汚染されます。
 福島第一では東京電力がサブドレンと呼ぶ、原子炉建屋とタービン建屋近傍にある井戸から地下水をくみ上げています。また、海側に流れ込む地下水についても、海側遮水壁を設置してせき止め、護岸に設置した井戸(地下水ドレン)によりくみ上げます(1)。
福島第一サブドレン
 ※(1)にて作成
 図―1 福島第一・サブドレン

 汲み上げた汚染地下水は貯めておけないので、浄化装置を通した後で福島の海にすてています。浄化装置といっても全ての放射性物質が除去できる訳ではありません。東京電力はトリチウム等は取り除けずそのまま福島の海に流すとしています(1)。
 東京電力は日々の排水中の放射性物質濃度(2)や日々の排水量を公表しています(3)。以下に排水中のトリチウム濃度を示します。
上昇するサブドレン排水のトリチウム濃度
 ※(2)にて作成
 図―2 サブドレン排水のトリチウム濃度

 図に示すようにトリチウム濃度が上昇しています。福島の海はどれだけ汚染されたか心配です。月別のトリチウム排出量を濃度×排水量の合計で集計してみました。
過去最高を記録した4月の福島第一サブドレンのトリチウム排出量
 ※(2)(3)を集計
 図―3 サブドレンの月別のトリチウム排出量

 図に示す通り4月の過去最高の167億ベクレルとなりました。サブドレンは4月にこれまでの1系統から2系統に増強されました(4)(5)。これからサブドレン経由で福島の海に流されるトリチウムの量は増え続けるはずです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島第一原発による海洋汚染は収まる気配がありません。福島の皆様は心配だと思います。
 福島を代表する野菜にキュウリがあります(6)。今年も出荷が始まりました(7)。福島県相馬地方のキュウリは浜の日差しをたっぷり浴びて、色濃く、真っ直ぐ育ち、折ると「ポキッ」と音がでるほど水々しい。そのままでもおいしく、味噌をつけると一層おいしいそうです(8)。。福島県は福島産キュウリは「安全」だと主張しています(9)。でも福島県相馬市のスーパーのチラシには福島産キュウリはありません。
他県産はあっても福島産キュウリが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ
 ※(10)を引用
 図―4 福島産キュウリが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県相馬市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(2)サンプリングによる監視|東京電力
(3)集水タンク・一時貯水タンクの運用状況|東京電力
(4)中長期ロードマップ|東京電力中の「中長期ロードマップの進捗状況⇒2017年4月27日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第41回事務局会議)【資料3-1】汚染水対策(20.1MB)
(5)<福島廃炉への道>サブドレン吸着装置2系統化 | 河北新報オンラインニュース
(6)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(7)トピックス | JA夢みなみ
(8)特産品情報 | 地区別くらし情報 そうま地区 | JAふくしま未来
(9)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(10)Webチラシ情報 | フレスコキクチ中の「相馬店」
スポンサーサイト
  1. 2017/05/03(水) 19:46:43|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年も若い女性が逃げて行く福島 | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月1週)―2週連続で流通が見つかるセシウム汚染食品―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2144-3fe8ef82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)