めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

リカちゃん50年、福島県域の復興には力不足?

 5月3日に11歳のリカちゃんは50回目の誕生日を迎えました(1)。福島にはリカちゃんゆかりの施設があり(2)、あやかって福島県域の復興の一助とする試みがなされていますが、失敗します。
 福島県の地方紙・福島民報は5月5日付の社説で
 「震災と原発事故後、県内では若い世代を中心に人口が流出した。放射線による健康不安や生活上の負担も生じた。」
 と論じていました(3)。もう一つの地方紙・福島民友は同じく
 「少子化は、経済活動や社会保障、自治体や地域の活力などに大きな影響を及ぼす。本県にとって見過ごせない問題だ。」
 と論じています(4)。事故によって加速した若い世代の福島脱出は福島に深刻な影響を及ぼしているようです。福島の場合は問題を深刻しているのは女性の福島脱出です。以下に各年1~3月の福島の20代前半の社会的動態を示します。
事故後に増え続ける若い女性の福島脱出
 ※(5)を転載
 図―1 各年1~3月の福島の20代前半の社会的動態

 事故後から増え続けています。若い女性の福島脱出は事故から7年目の今年も確り続いています。福島ではやがて子供を産める女性がいなくなり男と老人だけになります。若い女性の関心を引き福島脱出を食い止めることが福島県域復興には欠かせないことだと思います。
 女性に人気のあるキャラクター玩具にリカちゃんがあります(5)。5月3日に50回目の11歳の誕生日を迎えました(1)。福島県小野町にはリカちゃんゆかりの「リカちゃんキャッスル」があります(2)。
 リカちゃんキャッスル
※ google earthを引用
 図―2 リカちゃんキャッスル
福島の地方紙は5月3日にそこで開かれた11歳のリカちゃんは50回目の誕生日イベントを報じていました(6)(7)。
りかちゃん50周年を報じる福島民友
 ※(8)を引用
 図―3 リカちゃんの誕生日を報じる福島の地方紙・福島民友

 福島県小野町では5月3日より500体限定ですが、1万円以上の寄付者を対象にふるさと納税返礼品として「リカちゃん人形」を用意したそうです。5月4日時点で残り269体だそうなので(9)、231人の方から申し出があったようです。それなりに好調でしょうか?
 ただし小野町の女性にとって町に留まるきっかけになり程の魅力はなかったようです。5年前の2012年4月に小野町に289人の10代後半の女性が暮らしていました。5年を経て彼女達は20代前半になりましたが、2017年4月時点で半分以下の136人です(10)。5年前に10代後半だった女性の半数以上が福島県小野町を去り新たな地からの再出発です。彼女達はこの5年で学校を卒業し大学進学や就職などの決断をしたと思います。その時に半数以上の方が自分の住む町を選びませんでした。小野町はリカちゃんについて
「町おこしプリンセス」
と主張していますが(11)、リカちゃんですら福島の若い女性を引き留めることはできなかったようです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島に残った方だって不安だと思います。
 福島県を代表する野菜にトマトがあります(12)。福島県矢吹町では4月から始まりました。今、出荷されている同町産のトマトは 水分を極限まで控えて栽培され、糖度が9度以上で、味が濃くフルーツのような甘さが人気だそうです(13)。福島県は福島産は福島産トマトは「安全」だと主張しています(14)。でも、福島県矢吹町のスーパーのチラシには福島産トマトはありません。
他県産はあっても福島産トマトが無い福島県矢吹町のスーパーのチラシ
 ※(15)を引用
 図―4 福島産トマトが無い福島県矢吹町のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県矢吹町の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)“永遠の11歳”リカちゃん50周年に仏大使館や「キキ・ララ」が祝福メッセージ : スポーツ報知
(2)リカちゃんキャッスル
(3)【子どもの医療費】無料化に国費充当を(5月5日) | 県内ニュース | 福島民報
(4)【5月5日付社説】こどもの日/笑顔がもっと広がる社会に:社説:福島民友新聞社 みんゆうNet
(5)リカちゃん - Wikipedia
(6)リカちゃんに会えた「キャッスル」でセレモニー 誕生50周年で新装 小野 | ホッとニュース | 福島民報
(7)50周年!永遠の憧れ「リカちゃん」 リカちゃんキャッスルに新庭園:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(8)福島民友新聞社 みんゆうNet -福島県のニュース・スポーツ-
(9)小野小町ふるさと応援寄付金(ふるさと納税)に「リカちゃん」登場!! - 小野町公式ウェブサイト
(10)福島県の推計人口(平成29年4月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(11)特産品カタログ(PDF)
(12)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(13)トピックス | JA夢みなみ
(14)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(15)リオン・ドール スーパーマーケット お得情報満載
スポンサーサイト
  1. 2017/05/05(金) 19:26:20|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島発の怪しげな情報に騙されるな | ホーム | 2017年も若い女性が逃げて行く福島>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2146-1c61e522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)