めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島・避難区域の山火事「鎮圧宣言」、実は消えていません。

 福島県浪江町の避難区域内で4月29日に発生した山火事について、5月6日の夕刻には「鎮圧」との報道が流れましたが(1)(2)、実は5月8日になっても「鎮火」していない事がわかりました(3)。この山火事では
「浪江の山火事デマ拡散 専門家ら『まどわされないで』」
なんて報道もなされましたが(4)、それ以上に福島発の情報は本件のように誤った内容が発信されることがあり注意が必要です。
 福島は原発事故により汚染されました。、
事故から7年目になっても汚染されたままの福島
 ※1 (5)のデータを(6)に示す手法で5月1日に換算
 ※2 避難区域は(7)による
 図-1 浪江町井手「十万山」

 図に示す通り事故から7年目になりましたが国が除染が必要だとする0.23マイクロシーベルトを超える地域が広がり(8)、避難区域も残っています(7)。
 4月29日に福島の避難区域内・浪江町井出「十万山」で火災が発生しました。被ばくを防ぐため防火服を着用し消火活動にあったそうです(9)。放射線量の高い場所であり放射性物質の拡散が懸念されるので「当然」の事です。早く鎮火して欲しいと願ったかたも多いと思います。そしたら5月6日の夕方には「鎮圧」されたとの報道がなされ(1)(2)、安心した方も多いと思います。
 そしたら5月8日なって「鎮火」してない事がわかりました。
福島・避難区域の山火事が鎮火していな事を報じるFTV
 ※(3)を引用
 図―2 福島・避難区域の山火事が鎮火していな事を報じるFTV

 なんでも5月6日には無くなっていたはずの熱源を8日に確認したら6か所の熱源が見つかったそうです。図―1に示すように現場は放射能汚染が酷い場所です。防護装備らしきもものを付け消火に向かう自衛隊員の姿も報じられています。
防護装備らしきもものを付け消火に向かう皆さん
 ※(3)を引用
 図―3 防護装備らしきもものを付け消火に向かう皆さん

 この件では
 「浪江の山火事デマ拡散 専門家ら『まどわされないで』」
なんて報道がなされました。
ネット情報等のに注意を報じるFTV
 ※(3)をキャプチャー
 図―4 ネット情報等のに注意を報じるFTV

 この山火事は「鎮火」しておらず「鎮圧」は偽情報でした。(=^・^=)はネット情報等より福島発の情報は今回のように誤った内容が発信されることがあり注意が必要です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島発の情報で多くの皆さんが疑っているのに福島産は「検査」されていて安全だとゆうのがあります(10)。福島の皆様がどう思っているか興味があります。
 福島を代表する春野菜にアサパラガスがあります。今がシーズンです(11)。福島・安達のアスパラガスは太くてやわらかな歯ごたえで人気だそうです(12)。福島県は福島産アスパラガスは「安全」だと主張しています(13)。でも、福島・安達のスーパーのチラシには福島産アスパラガスはありません。
 他県産はあっても福島産アスパラガスが無い福島・安達のスーパーのチラシ
※(14)を引用
 図―5 福島産アスパラガスが無い福島・安達のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島・安達の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)8日目に「鎮圧宣言」 浪江・帰還困難区域山林火災 | 県内ニュース | 福島民報
(2)浪江の山林火災を鎮圧、発生8日目で 7日も消火活動継続:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(3)福島のニュース (5月8日ひる放送) FTV8
(4)浪江の山火事デマ拡散 専門家ら「まどわされないで」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(7)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)鎮火せず20ヘクタール延焼 浪江の帰還困難区域山林火災 | 県内ニュース | 福島民報
(10)水・食品等の放射性物質検査 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(11)春 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(12)特産品情報 | 地区別くらし情報 安達地区 | JAふくしま未来
(13)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(14)安達店 | ベイシア
福島のマスコミを見ると「鎮火」と「鎮圧」を同じ意味で使ったっていました。すなわと
「赤外線サーモグラフィーでも地上の熱は確認されなかった」こことを「鎮圧」(1)
下図の通り
「赤外線カメラで熱源を確認」を「鎮火せず」
赤外センサーで熱源がみつかっると「鎮火失敗」とするFTV
で鎮火も鎮圧も「赤外線で熱が確認できない状態」の意味で使用しています。なぜ言葉を変えるか、コメントを見て理由がわかりました。過去の嘘報道を誤魔化すためですね!
スポンサーサイト
  1. 2017/05/08(月) 19:45:05|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月2週)―青森産マダラからセシウム・福島産は138件連続ND― | ホーム | 福島第一港湾内全地点からトリチウム、進行する福島のトリチウム汚染>>

コメント

鎮圧と鎮火の違い

鎮圧と鎮火の違いをよく勉強してから発言してください。
影響力のあるインターネットで誤情報は犯罪に違いです。
  1. 2017/05/09(火) 15:16:08 |
  2. URL |
  3. ぱんち #-
  4. [ 編集 ]

Re: 鎮圧と鎮火の違い

ぱんち 様
Q> 鎮圧と鎮火の違いをよく勉強してから発言してください。
A>どうちがうんですか?リファレンス付で教えて下さい。
それと貴殿への質問、ぽんち様はバカですか?

  1. 2017/05/09(火) 19:47:10 |
  2. URL |
  3. mekenekotama #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2149-1549e834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)