めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島復興の女神に陰り、スパリゾートハワインズの利用客が事故後に初の減少

 福島県いわき市にあるスパリゾートハワイズは、福島原発事故で福島離れが進むなかで(1)、事故後も順調に観光客を伸ばし事故前を超えることができました。安倍出戻り総理は同施設のダンシングチームについて「(福島復興の)先頭に立ったのはやはりフラガールでした」と発言するなど(2)、福島復興の女神(3)(4)であり、象徴になったと思います。運営会社の常磐興産(5)が2017年度の決算を発表しました(6)。来客数は188万人で、2016年の198万人(8)対し5%減です。福島復興の女神様に陰りが出たようです。
 福島ではフラガールといえばスパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム皆さんを指す様です。フラガールの皆さんはスパリゾートハワイアンズ・ダンシングチームの皆さんは復興の女神とも先導役とも言われ続けています(4)。
復興の先頭はフラガール
 ※(5)を転載
 図―1 「先頭に立ったのはやはりフラガールでした」と発言する安倍出戻り総理
 フラガールの皆さんが活躍している福島県いわき市(10)のホームページのトップにはフラガールのイラストが出て来ます(11)。
フラガールのイラスト
 ※(11)を引用
 図―2 福島県いわき市のホームページに登場するフラガールのイラスト

 福島県いわき市は先の震災で多くの犠牲者を出し(12)、福島原発事故によってそれなりに汚染されました(13)。
事故7年目を汚染されたままの福島
 ※1 (14)のデータを(15)に示す手法で5月1日に換算
 ※2 避難区域は(16)による
 図-3 スパリゾートハワイアンズ
 
 福島では事故7年目になりましたが、図に示すように国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(17)を超えた地域が広がっています。
 いわき市はそんな実態を隠したかったようです。震災と原発事故の街、あるいは復興バブルの街(18)。事故後にはいわき市は高校生のフラダンスの全国大会の「フラガール甲子園」が始められました(19)。いわき市のホームページにはフラガールのイラストです。いわき市は「フラガールの街」の喧伝に努めているようです。福島県の観光客は大幅に減りました。
事故前に比べ減少したままの福島の観光客入込数
 ※(7)を集計
 図-4 福島県の観光客入り込み数

 図に示すように原発事故5年目の2015年でも七百万人以上少なくなっています。ただし、原発事後にオープンした新規の施設を除く、既存施設だけを見ると1千万人以上すくなっています。。以下にフラガールの皆さんが活躍するスパリーゾト・ハワイアンズの観光客入り込み数を示します。
昨年に比べ減少すたスパリゾートハワイアンズの観光客
 ※(6)(7)を集計
 図-5 スパリーゾト・ハワイアンズの観光客入り込み数

 スパリーゾト・ハワイアンズは2011年には福島原発事故や地震の影響で長期に休業を余儀なくされた事もあり(10)、図に示す通り大きく落ち込んだのですが後は順調に回復し2013,14、15年と3年連続して原発事故前より多くのお客さんを呼ぶことに成功しました。福島県域復興の象徴です。
 でも昨年は違います。スパリーゾト・ハワイアンズの運営会社の常磐興産(5)が2017年度の決算を発表しました(6)。来客数は188万人で、2016年の198万人(8)対し5%減です。福島復興の女神様に陰りが出ました。福島は福島県域復興の先導役を失ったようです。そして運営会社の常磐興産は約60%の減益となりました(6)。
常磐興産の減益を報じるFTV
 ※(20)をキャプチャー
 図―6 常磐興産の大幅減益を報じるローカルTV局(FTV)

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 スパリゾートハワイアンズのお客様が増えた理由についてあまり分析を見たことがありませんが、(=^・^=)の感覚では福島県内の利用者が増えたためではないと思っています。当該のホームページを見ると(21)、室内温水プールを強調している気がします。図―3に示す様に原発事故で福島は汚染されました。子供の外遊を心配する方もいたと思います。スパリゾートハワイアンズの温水プールは事故前から福島にある大型の室内レジャー施設です。
 福島原発事故によって福島には巨額のお金が注ぎ込まれました。でもここに来て陰りも見えます。以下に原発事故賠償の推移を示します。
急に減った福島原発賠償額
 ※(22)を転載
 図―7 事故賠償の支払額

 除染を除くと大幅に減ってきています。福島へのお金の流れは絞り込まれつつあります。そのうち消費支出にも影響しそうです。常磐興産の大幅減益はその先行指標のような気がします。
 これでは福島の皆様は心配だと思います。
 福島を代表する野菜にキュウリがあります(23)。福島県福島市でもキュウリが出荷されいいます(24)。福島市辺りのキュウリの春のピークは5月です(25)。福島県は福島産キュウリは「安全」だと主張しています(26)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産キュウリはありません。
他県産はあっても福島産キュウリが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(27)を引用
 図―8 福島産キュウリが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島観光、風評被害に主体的に取り組むために  (星野佳路氏の経営者ブログ) :日本経済新聞
(2)めげ猫「タマ」の日記 今年(2015年)活躍した福島の10人(組)の女性
(3)フラガール 復興の女神たち - YouTube
(4)東北復興のシンボル・「フラガール」、その笑顔の陰に… | webマガジン | ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~
(5)常磐興産株式会社
(6)(5)中の「平成29年5月15日平成29年3月期 決算短信
(7)福島県観光ホームページ 統計資料一覧 - 福島県ホームページ
(8)(7)中の「•2016年8月2日 27年観光客入込状況調査 [PDFファイル/1.09MB] 
(9)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月4週)―福島は無検査で「おもてなし」ー
(10)<フラガール>モアナさん引退「やり切った」 | 河北新報オンラインニュース
(11)トップページ - いわき市役所
(12)東日本大震災の被害状況(平成28年12月7日現在) | いわき市役所
(13)<原発事故>側溝の汚泥 いわき市が除去へ | 河北新報オンラインニュース
(14)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(15)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(16)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(17)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(18)【復興の道標・復興バブル後-5】住宅特需に落ち着き 「高騰イメージ」危惧:復興の道標:福島民友新聞社 みんゆうNet
(19)フラガールズ甲子園 参加校紹介
(20)福島のニュース (5月16日ひる放送) FTV8
(21)【公式】スパリゾートハワイアンズ・ホームページ
(22)めげ猫「タマ」の日記 原発賠償半減、陰りが見えた福島復興バブル
(23)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(24)広報誌 | JAふくしま未来中の「Vol.15(2017.05)
(25)特産品情報 | 地区別くらし情報 福島地区 | JAふくしま未来
(26)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(27)イオン福島店
スポンサーサイト
  1. 2017/05/16(火) 17:36:31|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月3週)―売られていても公表されない事があるセシウム汚染食品― | ホーム | 柏崎刈羽再稼働は次期知事選直後までに!東電再建計画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2157-2bb46720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)