めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

葛尾村・避難指示解除1年、帰還者は1,419人中147人

 福島県葛尾村は2016年6月12日に避難指示が解除され(1)、明日で1年になります。この間に帰還したのは
  避難者1,419人中147人
でした(2)。
 福島県葛尾村は阿武隈高原と呼ばれる山の中にある山村です(1)。
避難指示解除も汚染されたままの福島県葛尾村、飯舘村
 ※1(3)の数値データを元に(4)に示す手法で6月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(5)による
 図-1 福島県葛尾村と飯舘村

 図に示す通り、原発事故で汚染され7年目も国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(6)を大きく超えています。汚染されたままです。
 事故後に女の子が多く生まれる奇妙な現象がおきました。以下に事故後の葛尾村の赤ちゃん誕生数を示します。
事故後6年連続で女の子が多く生まれる葛尾村
 ※1(7)を集計
 ※2 事故7年目(2017年3月~)は4月末までの集計
 図―2 各年3月から1年間の葛尾村の赤ちゃん誕生数

 図に示す通り葛尾村でも原発事故前年は男の子が多く生まれていたのですが、原発事故後は女の子が多く生まれるようになりました。原発事故(2011年3月)以降の赤ちゃん誕生数を集計すると
 男の子 21人
 女の子 46人
で女の子が多く生まれています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.3%なので偶然とは言えません(8)。普通は男の子が多く生まれるので異常な事態です(9)。福島の女性はお隣の茨城や宮城に比べても大変に綺麗です。
無検査のサクランボを食べる福島の可愛い女の子
 ※(10)をキャプチャー
 図―3 福島の可愛い女の子

でも喜んでばかりもいられないようです。放射性影響研究所は広島や長崎の原爆投下で遺伝的な影響が生じていない根拠として 赤ちゃんの男女比に異常が起きていないことを上げています(117)。でも福島県葛尾村では起こっています。それでも安倍出戻り総理は「安全」だとして3月末に避難指示を解除しました(5)。
 以下に葛尾村民の居住形態をしめします。
総数が減りその他が増える葛尾村民の居住形態
 ※(2)を集計
 図―4 葛尾村村民の居住形態

 2017年6月時点では帰還したのは
  避難者1,419人中147人
です(2)。そして気になるのが避難者の居住形態です。持家等を含む「その他」が増えています。このような現象は同じく避難区域となり今年3月末に避難指示が解除された飯舘村でも見られます。
総数が減り自己手配が増える飯舘村民の居住形態
 ※(12)を集計
 図―5 飯舘村の避難者の居住形態

 そして避難者そのものも減っています。2016年8月と2017年6月を比べて
  2016年8月
    避難者総数      1,533人
    居住形態がその他の方   549人
    帰還者           72人
  2017年6月
    避難者総数      1,419人
    居住形態がその他の方   795人
    帰還者          147人
  2016年8月と2017年6月差は
    避難者総数      114人減
    居住形態がその他の方 246人増加
    帰還者         75人増加

  避難者減少分と居住形態がその他の方の合計は360人です。帰還者の5倍です。帰還者より避難者を止めたり、避難先に住居を求め定住を決めた方が多くなっています。帰還以上に葛尾村村民の葛尾村離れが進んでいます。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 避難指示解除をした村に住民が戻らない理由は幾つもあると思いますが、放射線に対する不安もまた理由の一つだと思います。安倍内閣の閣僚は 福島産について
「検査をしたものが流通していて、安心・安全」
 なんて発言が報じられましたが(21)、福島の皆様はそうは思っていないようです。
 福島を代表する野菜にキュウリがあります(22)。6月に入りキュウリのシーズンです。福島県会津若津市辺りのキュウリはきゅうりをかじった時に甘みを感じ、旨みのあるそうです(23)。福島県は福島産キュウリは「安全」だと主張しています(24)。でも、福島県会津若津市のスーパーのチラシには福島産キュウリはありません。
他県産はあっても福島産キュウリが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(25)を引用
 図―7 福島産キュウリが無い福島県会津若津市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県会津若津市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)葛尾村 - Wikipedia
(2)葛尾村からの避難者の状況(6月1日現在) - 葛尾村ホームページ(過去分を含む)
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(5)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(7)福島県の推計人口(平成29年5月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(8)めげ猫「タマ」の日記 事故7年目も女の子しか生まれない避難指示解除の葛尾村
(9)出生性比
(10)サクランボ狩りを楽しむ|NHK 福島県のニュース
(11)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 - 放射線影響研究所
(12)平成29年6月1日現在の村民の避難状況について - 飯舘村ホームページ
(13)五輪に県産食材活用「国で後押ししたい」 県の要請に丸川大臣 | 県内ニュース | 福島民報
(14)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(15)きゅうり | JA会津よつば
(16)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(17)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
スポンサーサイト
  1. 2017/06/11(日) 19:42:40|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年も福島産食べて応援あの世行 | ホーム | 福島市に果物シーズン到来、検査結果はありません。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2184-e114984a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)