めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月2週)―宮城、茨城産クロダイからセシウム、福島産は全数ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。6月2週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム汚染食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数1,062件中3件の基準超え
  ②平均は、1キログラム当たり2ベクレル、最大350ベクレル(宮城県産タケノコ)。
 事故6年過ぎても見つかるセシウム汚染食品
  ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2017年6月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県
 今週のデータを解析すると
  ・宮城、茨城産クロダイからセシウム、福島産は全数ND
  ・福島は観光果樹園開園、無検査果物を幼稚園児が食べさせる福島
  ・南相馬市産シイタケから突然のセシウム
 等の特徴があり、今週は福島産からは基準超がありませんでしたが、およそ安心できるものではありません。

1.宮城、茨城産クロダイからセシウム、福島産は全数ND
 宮城産、茨城産のクロダイからセシウムが見つかったと発表がありました(8)。一方で福島県が検査した福島産は検出限界未満でした(10)。以下にクロダイの検査結果を示します。
宮城、茨城産からは見つかっても福島産からは見つからないクロダイのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―2 クロダイの検査結果

 宮城、茨城のクロダイからはそこそこセシウムが見つかっていますが、福島産からは見つかっていません。
 茨城県産スズキからセシウムが見つかったと発表がありました(11)。以下に茨城産、千葉産および茨城県に接する福島県いわき市産スズキの検査結果を示します。
茨城、千葉では見つかっても福島県いわき市産からは見つからないスズキのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 淡水は除く
 図―4 スズキの検査結果

 茨城、千葉のスズキからはそこそこセシウムが見つかっていますが、福島産からは見つかっていません。クロダイにしてもスズキにしても汚染源がある福島産が宮城、茨城や千葉産より低く出ています。海は繋がっいるのに汚染源がある福島産が低く出るなどおかしな話です。クロダイやスズキを含む福島産農水産物を検査しているのは厚生労働省の発表(1)を見ると福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(12)です。
 福島産は他所より低く出る検査で安全され出荷されます。

2.福島は観光果樹園開園、無検査果物を幼稚園児が食べさせる福島
 6月10日に福島県福島市では観光農園開園式が行われました(13)(14)。サクランボ⇒モモ⇒ナシ⇒リンゴと12月まで続く(15)福島の果物狩りの幕開けです。地元の幼稚園児が招待され試食したようです。
無検査のサクランボを食べる福島の可愛い女の子
 ※(16)を転載
 図―5 サクランボを食べる福島の幼稚園児

 幼い子供が食べるものです。確り検査すているか心配です。福島の今シーズンの検査状況および1項に記載したいわき市を示します。
福島市が検査されていない今年の福島のサクランボ
 ※1(17)の数値データを元に(18)に示す手法で6月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(19)による
 ※3 福島盆地の範囲は(20)による
 ※4 検査結果は(1)(2)(21)による
 図-6 福島産サクランボの今シーズンの検査状況およびいわき市

 図に示す通り福島市の検査結果がありません。福島市を活動範囲とする農協の自主検査結果(22)にもサクランボの検査結果は掲載されていません。一方で福島市は国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(23)地域が広がり、元の避難区域を除けば福島県内でも汚染が酷い場所です。
 汚染された福島市で果樹園が開園しいました。でも福島市の検査結果はありません。それでも幼稚園児に食べさせました。
 福島産について、環境大臣は
「検査をしたものが流通していて、安心・安全」
なんて報道がありますが(24)、デマです。

3.南相馬市産シイタケから突然のセシウム
 昨年7月12日の福島県南相馬市の元避難区域の避難指示解除(19)から11ヶ月です。避難指示の解除やそれに先立つ準備宿泊により農業の再開も可能になりました。(=^・^=)が知る限りシイタケ栽培が再開再開れています(25)。汚染が心配です。以下に福島県南相馬市産シイタケの検査結果を示します。
突然にセシウムが見つかった福島県南相馬市産シイタケ
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは収穫日
 図―7 南相馬市産シイタケの検査結果

 図に示す様にしばらくは検出限界未満(ND)が続いていたのですが、突然にセシウムが見つかりました。
 福島産はセシウム濃度が上昇する事があります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染が酷い産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
 福島産の安全は虚構です。福島の皆様は心配だと思います。
 福島県福島市ではサクランボの出荷が始まりました。今年は品質の良いさくらんぼが出来ているそうです(26)。福島産は
「検査をしたものが流通していて、安心・安全」
だそうです(24)。でも福島県福島市のスーパーのチラシには福島産サクランボはありません。
他県産はあっても福島産サクランボが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(27)を引用
 図―8 福島産サクランボが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第1037報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月1週)―基準超の長野県産コシアブラが流通、これで今年度は11件目―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)(3)中の「1 自治体の検査結果⇒検査結果(PDF:7,489KB)
(8)(7)中のNo1483,1489(宮城)、No3238(茨城)
(9)(3)中の「2 緊急時モニタリング又は福島県の検査結果⇒査結果(PDF:837KB)
(10)(9)中のNo189
(11)(7)中のNo4240
(12)農林水産部 - 福島県ホームページ
(13)「くだもの王国」シーズン到来 福島で観光農園開園:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(14)トピックス | JAふくしま未来
(15)くだもの狩り情報
(16)めげ猫「タマ」の日記 葛尾村・避難指示解除1年、帰還者は1,419人中147人
(17)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(18)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(19)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(20)福島盆地 - Wikipedia
(21)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。を「オウトウ(サクランボ) 」で6月13日に検索
(22)農作物自主検査 | 農業 | JAふくしま未来
(23)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(24)五輪に県産食材活用「国で後押ししたい」 県の要請に丸川大臣 | 県内ニュース | 福島民報
(25)特集1 きのこ(3):農林水産省
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2017/06/13(火) 19:42:43|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島・直売所では長野や茨城フェア、地元産だけでは客は呼べない | ホーム | 2017年も福島産食べて応援あの世行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2187-e6d6dd99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)