めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月3週)―基準超のコシアブラが流通、これで今年度は12件目―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。6月3週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム汚染食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数1,060件中5件の基準超え
  ②平均は、1キログラム当たり2.2ベクレル、最大370ベクレル(福島産クマ)。
事故7年目も市場に流出するセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2017年6月3週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

 危険なセシウム汚染食品が山形、福島で見つかっています。今週のデータ解析すると
  今週のデータを解析すると
 ・基準超のコシアブラが流通、これで今年度は12件目
 ・岩手産ブリからセシウム、福島産は87件連続ND
 ・福島県伊達のミニトマトを1年半検査しない福島県
 ・福島県檜枝岐村のコシアブラのセシウムは昨年の2.5倍
との特徴があり、「安全」とは言える状態ではありません。安倍出戻り内閣が食品の安全を担保しない以上は怪しげな産地を避けるには当然の事です。

1.基準超の長野県産コシアブラが流通、これで今年度は12件目
 基準値を超える1キログラム当たり150ベクレルのセシウムに汚染された山形県産コシアブラが市場に流出していることが発覚しました(7)。先々週も岩手、山形、群馬、新潟で基準超のコシアブラの市場流出がみつかりました(8)。以下に今年度(4月以降)に市場に流出した基準超のセシウム汚染食品を示します。
各地でセシウム汚染食品が市場流出する2017年度
 ※(1)(8)を集計
 図―2 2017年度のセシウム汚染食品流出発覚状況

 2017年度になって2ヵ月半ですが12件のセシウム汚染食品の市場流出が発覚しています。
 山形産コシアブラについては5月末に天童市産から基準値(6)を超える一キログラム当たり104ベクレル(セシウム134 12、セシウム137 92)のセシウム(11)に汚染された物が見つかっています。でもその後の追加調査がされれる事無く、出荷自粛すらされず(12)放置されたままでした。今回の市場流出は6月13日には判明していなのですが、安倍出戻り内閣が発表したのは6日後の6月19日です(7)。
 安倍出戻り内閣にも産地にセシウム汚染食品の市場流出を止める意思はありません。怪しげな産地を避けるは当然です。

2.岩手産ブリからセシウム、福島産は87件連続ND
 岩手県産ブリからセシウムが見つかったと発表がありました(14)。福島産が気になります。以下にブリの検査結果を示します。
他では見つかっても福島産ブリからは検出されないセシウム
 ※1(1)の内詳細検査分を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―3 ブリの検査結果

 図に示すように岩手だけでなく北海道、青森、宮城、茨城、千葉、神奈川産のブリからはそこそこセシウムが見つかっていますが、福島産からは見つかっていません。厚生労働省の発表を数えると福島産87件連続で検出限界未満(ND)です。
 青森県産マダラからもセシウムが見つかったと発表がありました(15)。福島産が気になります。以下にマダラの検査結果を示します。
他では見つかっても福島産マダラからは検出されないセシウム
 ※1(1)の内詳細検査分を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―4 マダラの検査結果

 図に示すように青森産だけでなく北海道、岩手、宮城、千葉産のマダラからはそこそこセシウムが見つかっていますが、福島産からは見つかっていません。厚生労働省の発表を数えると福島産257件連続で検出限界未満(ND)です。
 ブリにしてもマダラにして周辺ではからはセシウムが見つかっているのに、汚染源がある福島産から見つから無いなどはおかしな話です。ブリやマダラを含め福島産農水産物を主に検査しているのは厚生労働省の発表(1)を見ると福島県農林水産部に所属する福島県農業総合センターです(17)。中立性に疑問があります。
 福島産は他所より低く出る検査で安全とされ出荷されます。

3.福島県伊達のミニトマトを1年半検査しない福島県
 福島県伊達市は福島県北区部に位置し(18)、モモの産地として知られています。
事故7年目を汚染されたままの福島・伊達
 ※1(19)のデータを元に(20)に示す手法で6月1日に換算
 ※2 避難地域は(21)による。 
 ※3 福島盆地は(18)による。
 図―5 福島盆地と伊達地区、葛尾村

 図に示す通り、過去には避難区域に隣接しており市内のは事故後にいくつもの特定避難勧奨地点が設置されました。事故7年目になりましたが、今も国が除染が必要だとする0.23マイクロシーベルトを超えた(22)地域が広がっています。事故から7年目になりましたが福島県伊達市は今も汚染地帯が広がる市です。
 以下に福島県伊達市等を含む福島盆地の葬式数を示します。
事故後に葬式が増えた福島のモモの産地
 ※1(23)を転載
 ※2 各年5月から1年間
 ※3 震災犠牲者は行方不明者を含み関連死を含まず
 図―6 福島盆地の各年5月から1年間の葬式(死者)数

 図に示すように事故以降に葬式が増えています。汚染され葬式が増えている作物は確り検査して欲しいと思います。
 福島県伊達地区でミニトマトの一種であるチェリートマト(24)の部会の皆様が研修会を開いたそうです(25)。福島・伊達はミニトマトの産地です。以下に半年毎の伊達地区のミニトマトの検査件数を示します。
2016年以降検査してない福島・伊達のミニトマト
 ※1(1)を集計
 ※2 前は各年1~6月、後は7~12月
 図―7 伊達地区のトマトの検査回数

 図に示す通り2016年からほぼ1年半に渡り福島県は検査していません。それでも福島県は福島産ミニトマトについて
「検査で安全が確認された」
と主張しています(26)。
 福島産は汚染が酷い産地を避けた検査で「安全」され出荷されます。
 6月17日に避難指示が昨年解除された福島県葛尾村で苗植えが行われました(27)。
葛尾村で苗を植えた女子大生
 ※(28)をキャプチャー
 図―8 葛尾村で苗植えをした福島県の綺麗な女性

 秋には収穫されるようです(27)。検査されるのでしょうか?

4.福島県檜枝岐村のコシアブラのセシウムは昨年の2.5倍
 福島県檜枝岐村産コシアブラから1キログラム当たり71ベクレルのセシウムが見つかったと発表がありました(29)。以下に検査結果を示します。
上昇したけれど基準値は超えなかった福島県檜枝岐村産コシアブラのセシウム
 ※1(1)の内詳細検査分を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは収穫日
 図―9 福島県檜枝岐村産コシアブラの検査結果

 1キログラム当たりで
  2016年 平均22.5ベクレル(30と15ベクレル)
  2017年 平均57ベクレル(43と61ベクレル)
で2.5倍に上昇しています。
 以下に福島県檜枝岐村に隣接する新潟県魚沼市(30)産コシアブラの検査結果を示します。
上昇し基準値を超えた新潟県魚沼市産コシアブラのセシウム
 ※1(1)の内詳細検査分を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは収穫日
 ※4 基準値は(6)による。
 図―10 新潟県魚沼市産コシアブラの検査結果

 図に示す様に檜枝岐村に隣接する新潟県魚沼市産コシアブラもセシウム汚染が酷くなっているので、この辺りのコシアブラのセシウム濃度は上昇しています。福島産はセシウム濃度が上昇しています。
 福島県側(檜枝岐村)は基準値以下なのに山を越えた新潟県側(魚沼市)は図に示す様に基準値超えです。コシアブラでも2項と同じ事が起こっています。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・事故7年目も市場流出が止まらないセシウム汚染食品
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染が酷い産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
 福島の皆様は不安だと思います。
 今日(6月20日)にスーパーに買い物に行ったら(=^・^=)の街産のサクランボがびっしり並んでいました。(=^・^=)の住む街のサクランボの知名度は高くありません。(=^・^=)の住む街の住民でも知らない人が結構います。それでもスーパーの店頭のサクランボは(=^・^=)の住む街産です。スーパーの方は地元産なら売れると思ったと思います。
 6月16日に(福島市の旅館の)おかみとサクランボ味わう交流会が開かれ(29)、17日には福島駅前広場でサクランボ祭りが開かれ(30)、18日には福島のサクランボの新品種の「静御前」が収穫期を迎(31)、同日には福島市・飯坂温泉観光協会による「くだものの木オーナー制度」のオーナーを招い福島市・飯坂温泉観光協会による「くだものの木オーナー制度」のオーナーを招いた大感謝祭が開かれたそうです(32)。この週末は福島はサクランボの話題で一杯のようです。福島はサクランボの季節です。福島のサクランボは甘くって美味しいそうです(33)福島県は福島産サクランボは安全だと主張しています(26)。でも、(=^・^=)の住む街では店頭に地元産サクランボを並べたスーパーチェーンの福島県福島市の店舗のチラシには福島産サクランボはありません。
他県産はあっても福島産サクランボが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(34)を引用
 図―11 福島産サクランボが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第1038報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月2週)―宮城、茨城産クロダイからセシウム、福島産は全数ND―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)(3)中の「3 国立医薬品食品衛生研究所の検査結果⇒検査結果(PDF:124KB) のNo1」
(8)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月1週)―基準超の長野県産コシアブラが流通、これで今年度は11件目―
(9)新潟県:魚沼市産こしあぶらの放射性物質検査を実施しました
(10)食品中の放射性物質の検査結果について(第1035報) |報道発表資料|厚生労働省中の「1 自治体の検査結果⇒検査結果(PDF:11,924KB) のNo2862、3434」
(11)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月5週)―再発を繰り返すセシウム汚染食品市場流出―
(12)自生山菜の放射性物質検査について — 山形県ホームページ
(13)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月5週)―再発を繰り返すセシウム汚染食品市場流出―
(14)(3)中の「1 自治体の検査結果⇒ 検査結果(PDF:7,489KB)
(15)(14)のNo34
(16)(14)のNo3152
(17)農林水産部 - 福島県ホームページ
(18)福島盆地 - Wikipedia
(19)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(20)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(21)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(22)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(23)めげ猫「タマ」の日記 福島のキュウリ産地の葬式は10。1%増(対事故前)、相馬は別
(24)特産品情報 | 地区別くらし情報 安達地区 | JAふくしま未来
(25)トピックス | JAふくしま未来
(26)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(27)かつらお村(福島県双葉郡葛尾村)地域おこし協力隊 - ホーム | Facebook
(28)NHK 福島県のニュース|NHK NEWS WEBを6月18日に閲覧
(29)(3)中の「2 緊急時モニタリング又は福島県の検査結果⇒ 検査結果(PDF:837KB)のNo18」
(30)檜枝岐村 - Wikipedia
(31)おかみとサクランボ味わう いいざか乙和会の交流会 | ホッとニュース | 福島民報
(32)サクランボ「静御前」収穫期 福島・飯坂で開発の新品種:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(33)旬の果物味を満喫 福島で「オーナー大感謝祭」 | 県内ニュース | 福島民報
(34)福島発!甘いさくらんぼ。(国見町) | ふくしま 新発売。
(35)イオン福島店
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2017/06/20(火) 18:36:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<柏崎刈羽補正申請書を「信頼して審査に取り組んでいける」と規制委委員長 | ホーム | 「風評被害」は自主避難者が原因、自主避難者を罵倒する福島民報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2194-ae49afa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)