めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

凍土壁、全面稼働へ、どうせ効果が無い

 福島第一原発の汚染水増加抑制対策の柱と東京電力が主張する凍土壁(1)の全面凍結が6月28日に原子力規制委は全面稼働を認めるとの考えを示しました(2)。議論を聞いていると(3)、どうせ効果が無いので「安全」上の問題は生じないのが理由のようです。
 福島第一原発では原子炉・タービン建屋に地下水等が流れ込み溶け落ちた核燃料(デブリ)に触れ汚染されることで生じる汚染水が日々増え続けています。
日々増え続ける福島第一汚染水
 ※(4)を集計
 図―1 日々増え続ける福島第一汚染水

 最新のデータを集計するとその量は105万トンになります。汚染水の増加を抑えるのは福島第一の安定化において重要な課題です。
 汚染水の増加を抑える対策の柱として原子炉やタービン建屋を氷の壁で囲む「凍土壁」が提唱されました。以下に構造を示します。
以下に構造を示します。
凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン
 ※(1)(6)にて作成
 図―2 凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン

 当初の予定では2015年3月位から運用を始める予定でしたが(8)、現時点でも完全凍結に至っていません(9)。 断面の模式図は以下の通りです。
凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン(断面
 ※(1)(6)(9)にて作成
 図―3 凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン(断面)

 議論を聞いていると(10)、凍土壁によって地下水の流れが悪くるなりタービンや原子炉建屋周囲の地下水位が建屋内より低くなり汚染水が原子炉やタービン建屋から漏れだすことが心配されていました。
 そこで凍結する範囲を順次広げて様子をみているようです。2016年6月6日は「山側」の大部分の凍結が始まりました(11)。そして昨日(6月28日)の監視評価検討会で東京電力が「凍土壁」によって「現状」でも地下水の流れが抑えらえ効果があったと「東京電力」は説明しましいた(10)。
凍土壁ですり抜ける水の量が減ったと主張する東京電力
 ※(9)を引用
 図―4 凍土壁によって地下水の流れが減少したと主張する東京電力

 図―3に示す様に福島第一は西側が山で東側が海です。陸側(西側)から順に凍土壁・サブドレン・建屋・サブドレン・凍土壁・ウエルポイント・地下水ドレン・海側遮水壁です。このうち凍土壁と海側遮水壁は水の流れを遮ることを意図し設けられました(1)(6)。サブドレン、ウエルポイント、地下水ドレンは地下水を汲み上げる井戸です。汲み上げられた地下水はサブドレン排水として海に捨てられるか、タービン建屋に送られ汚染水の増加要因になります。山側の凍土壁をすり抜けた地下水はサブドレン、ウエルポイント、地下水ドレンで汲み上げられ排水さるかタービン建屋に送られます。直接に原子炉やタービン建屋流れ込んだ地下水はそのまま汚染水増加量になります。すると山側と濃度壁をすり抜けた地下水はサブドレン排水か汚染水になるので、サブドレン排水と汚染水の増加量が凍土壁をすり抜けた水の総量になります。以下に推移を示します。
減らない凍土壁をすり抜けた水の量
 ※1(4)(11)を集計
 ※2 2017年6月は
 図―5 凍土壁をすり抜けた水の量

 図に示すように凍土壁をすり抜けた量は殆ど減っていません。会議映像(10)を見るとこの説明に担当委員は噛みついています。それでも凍土壁の完全凍結が認められました。
凍土壁、完全凍結へと報じる福島民友
 ※(12)を6月29日に閲覧
 図―6 「凍土壁、全面稼働へ」と報じる福島県の地方紙・福島民友

 担当委員は会議(10)の後ろの方で
「「陸側遮水壁の最終地点の認可ですけれも、サブドレンの汲み上げ量をみていると私は認可に否定的ではない」
と発言されていました。凍土壁は遮水効果があまり期待できないので、完全凍結しても安全上の問題は生じえないとゆうのが、認可の理由です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 図―4に示す様に東京電力は効果があまりない凍土壁についてさも効果があったかのような主張をしています。福島では事実と違った説明がなされます。福島は安全であり、福島を避けるのは「風評被害」との説明(13)も同じように事実と違っていそうな気がすます。すなくと福島の皆様はそう思っています。
 福島の直売所ではサクランボ祭りがひらかれたそうです(14)。福島はサクランボ⇒モモ⇒ナシ⇒リンゴと続く果物シーズンです(15)。福島のサクランボは甘くって美味しいそうです(16)福島県は福島産サクランボは安全だと主張しています(17)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産サクランボはありません。
他県産はあっても福島産サクランボが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(18)を引用
 図―7 福島産サクランボが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)陸側遮水壁|東京電力
(2)原発の遮水壁、全面凍結を了承 | 国内外ニュース | 福島民報
(3)第54回特定原子力施設監視・評価検討会 | 原子力規制委員会
(4)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社ちゅの「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について」
(5)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第308報)|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(6)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(7)原発の遮水壁、全面凍結を了承 | 国内外ニュース | 福島民報
(8)2014年3月12日 凍土式遮水壁の計画及び進捗状況について(資源エネルギー庁)
(9)(3)中の「資料1-1:建屋滞留水処理の進捗状況について[東京電力]【PDF:5MB】
(10)(3)中の第54回特定原子力施設監視・評価検討会(平成29年06月28日) 会議映像
(11)集水タンク・一時貯水タンクの運用状況|東京電力
(12)福島民友新聞社 みんゆうNet -福島県のニュース・スポーツ-
(13)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(14)農産物直売所 みらい百彩館「んめ~べ」 ? JAふくしま未来 直売所「んめ~べ」のブログ
(15)くだもの狩り情報
(16)福島発!甘いさくらんぼ。(国見町) | ふくしま 新発売。
(17)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(18)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト
  1. 2017/06/29(木) 19:47:04|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<原発関連死1368人は、事故による死者ではないと福島民友 | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月4週)―宮城産クロダイ・マゴチからセシウム、福島産は全数ND―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2203-5876e36f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)