めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

山梨産は590円、福島産399円、今年も価格低迷、福島のモモ

 福島県いわき市のスーパーのチラシをみたらモモ中玉4個で
  山梨産 590円
  福島産 399円
でした(1)。福島産モモは今年も価格が低迷したままです。 
 福島を代表する農作物にモモがあります(2)。ただし福島全体で果物が作られている訳ではありません。以下にモモの生産量を示します。
福島市、伊達市、桑折町、国見町で大部分を占める福島のモモの生産
 ※(3)を集計
 図―1 福島県の桃の市町村別生産量

 図に示す通り福島盆地を構成する福島市、伊達市、桑折町、国見町で(4)大部分を生産しています。福島のモモは福島盆地で作られています。以下に福島の汚染状況を示します。
事故7年目も汚染されたままの福島
 ※1(5)の数値データを元に(6)に示す手法で7月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(7)による
 ※3 福島盆地の範囲は(4)、会津地方は(8)による。
 ※4 モモの検査状況は(9)および(10)による。
 ※5 「モモ」マーク1個で検査1回
 図-2 事故7年目も汚染されたままの福島 

 図に示す通り事故から7年目も福島は国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた地域が広がっています。特に福島盆地は避難地域に隣接していました。福島のモモは福島でも避難地域を除けば汚染が最も酷い福島盆地で作られています。
以下に 福島盆地の各年6月~翌年5月の葬式(死者)数を示します。
事故後に葬式が増えた福島盆地
 ※1(12)を転載
 ※2 震災・津波犠牲者は行方不明者を含み関連死を含まず。
 図-3 福島盆地の葬式(死者)数

 図に示す通り、事故後に増加し 
 事故前 (2009年6月から10年5月)3,909人
 近々1年(2016年6月から17年5月)4,350人
で、11%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.0001%です(12)。偶然を言うには無理があります。
 一方で福島盆地に比べてれば汚染が増しな会津地方の葬式(死者数)は
 事故前 (2009年6月から10年5月)4,007人
 近々1年(2016年6月から17年5月)4,172人
で(13)、少し増えていますが統計的な差があるとまでは言えません。
 福島盆地でもモモの出荷が始まりました(14)。でも図―2に示す様に福島盆地の検査結果はありません。福島盆地を活動範囲とする農協の自主検査結果にもモモはありません(15)。福島県はモモ検査していますが、図―2に示す様に主産地の福島盆地に比べ汚染がマシな会津地方産等です。それでも福島県は福島産モモは検査で安全が確認されたと主張すています(16)。
モモの安全宣言を出した福島県
 ※(17)を引用
 図―4 福島産モモの安全を「検査」で確認したと主張する福島県

福島のモモについて纏めると
 ・主産地は旧避難地域を除けば最も汚染が酷い地域である。
 ・主産地では葬式が増えている。
 ・汚染の酷い主産地の検査がされていないのに「安全」とされいる。
になります。これでは福島のモモが避けらるのは当然です。
 以下にモモの取引価格を示します。
原発事故後に拡大した福島産と山梨産のモモの価格差
 ※(18)を転載
 図―5 東京中央卸売市場のモモの取引価格

 モモの生産量は山梨が全国一位で福島が二位ですが(19)、事故後に福島のモモは山梨産と価格差が開き、2016年も解消することはありませんでした。それでも福島県は事故後に発生した福島産離れを「風評被害」として対策をとっています(20)。効果かがあったか興味があります。
 以下に福島県いわき市のスーパーのチラシを示します。
山梨産に比べ大幅に安い福島産モモ
 ※(1)を引用
 図―6 福島県いわき市のスーパーのチラシ

図に示す通りモモ中玉4個で
  山梨産 590円
  福島産 399円
です。
 今年も福島産モモの価格は低迷しそうです。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 モモまだマシかもしれません。安値ですがチラシに載りました。
 福島を代表する夏野菜にピーマンがあります(21)。今がシーズンです。福島県田村市は福島を代表するピーマンの産地です(22)。福島のピーマンは美味しいそうです(23)。福島県は福島産ピーマンは「安全」だと主張しています(24)。でも福島県田村市のスーパーのチラシには福島産ピーマンはありません。
他県産はあっても福島産ピーマンが無い福島県田村市のスーパーのチラシ
他県産はあっても福島産ピーマンが無い福島県田村市のスーパーのチラシ
 ※(25)を引用
 図―6 福島産ピーマンが無い福島県田村市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県田村市の皆様を見習い「福島産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)平尼子店 | マルト - 店舗情報
(2)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(3)作物統計調査>市町村別データ>平成18年産市町村別データ>年次>2006年中の「10 果樹 ⇒福島県⇒Excel」
(4)福島盆地 - Wikipedia
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(7)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)会津 - Wikipedia
(9)報道発表資料 |厚生労働省
(10)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。を「果物⇒モモ」で7月13日に検索
(11)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(12)めげ猫「タマ」の日記 福島の葬式はモモ主産地で11%増、キュウリ主産地で8%増、相馬は別
(13)福島県の推計人口(平成29年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページを集計
(14)トピックス | JAふくしま未来
(15)農作物自主検査 | 農業 | JAふくしま未来
(16)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(17)(16)中の「もも [PDFファイル/240KB]
(18)めげ猫「タマ」の日記 福島値下がり、山梨値上がり7,8月のモモ価格、当然の結果です
(19)都道府県別桃(もも)収穫量ランキング | 日本一・ランキング 2014
(20)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(21)夏 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(22)福島県JAたむら&田村市トップセールス/東京青果株式会社
(23)やわらか新鮮ピーマン(三春町) | ふくしま 新発売。
(24)(16)中の「やさい編 [PDFファイル/177KB]
(25)リオン・ドール スーパーマーケット お得情報満載
スポンサーサイト
  1. 2017/07/13(木) 20:25:33|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島・海開き、福島第一サブドレンのトリチウム排出量は過去最高 | ホーム | 事故7年目も福島産食べて応援あの世行、福島産を許容する郡山市の葬式は18%増>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2219-748a7fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)