めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一汚染水の海洋放出を東電会長が明言、「安全」なら首都圏の海へも

 東京電力の会長が福島第一汚染水の海洋放出を明言したそうです(1)。海洋放出して本当に安全なのですかね?(=^・^=)は本当に「安全」なら首都圏などの大消費地でも海にも放出すべきと考えます。
 福島第一では日々汚染水がたまり続けています。
増え続ける福島第一汚染水
 ※(2)を集計
 図―1 溜まり続ける福島第一汚染水

 最新のデータを集計すると約105万トンになります(3)。最終的にどのようにするかわは今のところ決まっていません。7月10日に東京電力の会長・社長が原子力規制員会に呼ばれ(4)、会議映像を見る限り(5)、柏崎刈羽の適合性審査合格を人質に福島第一汚染水の海洋放出を激しく迫られました。これを受けてでしょうか東京電力の会長は福島第一汚染水の海洋放出を明言したそうです(1)
福島第一汚染水の海洋放出明言を報じる福島民報
 ※(6)を7月14日に閲覧
 図―2 東京電力の会長が福島第一汚染水の海洋放出を明言を報じる福島民報

 東京電力はタービン建屋から汲み上げた汚染水を浄化装置に通した後で保管していると主張していますが、浄化装置で全ての放射性物質が取り除ける訳ではありません。特にトリチウムは全く取り除けません(7)。以下に汚染水のトリチウム濃度を示します。
1リットル100万ベクレル程度の福島第一汚染水のトリチウム濃度
 ※(8)を集計
 図―3 福島第一汚染水のトリチウム濃度

 図に示すように法令限度の1リットル当たり6万ベクレル(9)の20倍近い100万ベクレル程度で推移しています。これを薄めて海に捨てるようです。以下に福島第一の汚染水発生量を示します。
1日100トン以上が流れ込む福島第一原子炉・ダービン建屋
 ※(10)を集計
 図―4 福島第一の日々の汚染水増加量

 図に示す通り毎日200トン程度のペースで汚染水が増加しています。海洋放出をするして最低でもこの量は処理しなくてはなりません。仮に20倍に薄めてだすとすると1日4000トンです。法令限度ぎりぎりの汚染排水を毎日4000トンを海に流すとなれば多くの方が不安を抱くと思います。(=^・^=)は現状ではトリチウムが「安全」だと言い切るデータは揃っていないと考えます(11)。福島では反発の声が上がっているようです(12)。
海洋放出に反発する声を報じる福島民
 ※(6)を7月15日に閲覧
 図―5 海洋放出に反発する声を報じる福島民報
 
 海洋放出となれば、多くの皆様が不安を感じ、東京電力などが「風評被害」と呼ぶ(13)福島離れが加速しそうです。福島離れを防止するには福島の皆様だけでなくかつては福島産の消費地であった首都圏の皆様のご理解が不可欠だと思います。そのためには安倍出戻り内閣や東京電力の「安全性」に対する丁寧な説明が不可欠です。
 もし首都圏の皆様が「安全」と納得するなら首都圏での海洋放出を容認するはずです。(=^・^=)は首都圏等の大消費地の福島産離れを防止するには、福島第一汚染水の海洋放出は福島だけでなく首都圏でも実施すべきと考えます。無論、(=^・^=)の住む街の海への放出は絶対にダメです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 今日(7月15日)は福島の海開きです(14)。そして17日は海の日です。海の行事が連なる時に海を汚す話をしなくてもいい気がします。あと1週間くらいはまてなかったのでしょうか?東京電力にとって柏崎刈羽の再稼働は至上命題です(15)。一刻も早く適合性審査に合格させなくてはなりません。福島より柏崎刈羽が大事、、これが東京電力の本音のようです。これでは福島の皆様は不安だと思います。
 福島を代表する果物にモモがあります(16)。今年もモモの盗難防止のパトロールが始まりました(17)。福島はモモの季節です。福島のモモは一つ一つの美味しさが保証されているそうです(18)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(19)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産モモはありません。


他県産はあっても福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(19)を引用
 図―6 福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「福島産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)柏崎原発も廃炉検討対象 東電会長、費用対効果を重視|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア
(2)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社
(3)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第310報)|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(4)第22回原子力規制委員会 臨時会議 | 原子力規制委員会
(5)(4)中の会議映像
(6)福島民報
(7)報道配布資料|東京電力
(8)(7)中の「水処理設備の放射能濃度測定結果 」
(9)サンプリングによる監視|東京電力
(10)(7)中の「建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移」
(11)めげ猫「タマ」の日記 トリチウムは危険・安全?
(12)復興相、海洋放出に反対 風評懸念「漁業者追い詰めるな」 | 県内ニュース | 福島民報
(13)2015年1月16日(いわき市漁協組合員説明会資料)風評被害対策について(PDF 325KB)
(14)福島薄磯海水浴場:白砂の海岸、海開き 震災から7年ぶり - 毎日新聞
(15)特別事業計画の変更の認定について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(16)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(17)トピックス | JAふくしま未来
(18)フルーツを食す - 福島市
(19)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(20)イオン福島店
スポンサーサイト
  1. 2017/07/15(土) 19:45:21|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<中越沖地震から10周年―原発とまれば地震も止まる― | ホーム | 福島・海開き、福島第一サブドレンのトリチウム排出量は過去最高>>

コメント

ゲゲ~~~!!トリチウムを環境にばら撒くって言っているのね。
私トリチウムの事がすごく怖い。
だって、水素はDNAにもたんぱく質にも脂肪にも炭水化物にも入っている。
水素が崩壊してヘリウムに成ったら、体を構成する色々な分子が、めちゃくちゃになると言う事でしょう?
エネルギーが低いし~~~、と言う問題じゃないでしょう!!
真面目にやってよ!東電さん!
  1. 2017/07/16(日) 00:48:09 |
  2. URL |
  3. きのこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2220-f8f07de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)