めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

中越沖地震から10周年―原発とまれば地震も止まる―

 今日(2017年7月16日)で中越沖地震から10周年になりました(1)。この時、柏崎刈羽原発を「想定外」の揺れが襲いました(2)。2004年10月23日にも中越沖地震起きて(3)、たった3年間に震度6以上の地震が2回も襲ったことになります。それで、このあたりの記録をしらべたのですが、それ以前に震度6以上の地震があったなん記録を見つけることができませんでした。(=^・^=)は巨大原発は地震を起こすような気がします。
 東京電力は、今回の福島の原発を除くと、原子力発電所は柏崎刈羽原子力発電所だけになりますが、柏崎刈羽原子力発電所の近くでも、大きな地震が今世紀で、2回起こっています。
1回目 2004年10月23日の中越地震で、柏崎刈羽原子力発電所のある刈羽村の震度は6弱、マグニチュードは6.8でした(3)。
2回目 2007年 7月16日の中越沖地震で、柏崎刈羽原子力発電所のある刈羽村の震度は6強で、マグニチュードは6.8でした(1)。この時は、柏崎刈羽原子力発電所が止まっています。また、柏崎刈羽原子力発電所は火災(4)や放射能漏れ事故(6)をお越し、新潟県の海水浴客が半減する等(7)の被害を出しました。

2007年の柏崎刈羽原発火災映像を放送したBSN
 ※(7)を転載
 図-1 煙もくもく柏崎刈羽原子力発電所
たた3年間に震度6以上の地震が2回も襲ったことになります。それで、このあたりの記録をしらべたのですが、それ以前に震度6以上の地震があったなん記録を見つけることができませんでした。そしてこの10年間も起こっていません。
 そういえば、福島第一原子力発電所も地震に襲われ放射能漏れ事故を起こしています(8)。東京電力の原子力発電所はここ数年の間にすべてが大きな地震に襲われています。東京電力の発電所は、よほど地震が好きみたいです。突飛な発想かも知れませんが、巨大な原子力発電所が地震を引き起こすのではと思いたくなります。
 ガラスに熱湯をかけると、ガラスが割れることがあるそうです。熱湯でガラスの1部が膨張し歪が発生し、歪にガラスが耐え切れずに割れるそうです。そしたら、原子力発電所が捨てる膨大な熱エネルギーで、地殻が膨張し歪が発生し、あるとき地殻が歪に耐えられくなり、地震を起こすことだってあると思います。原子力発電所で、原子炉が作ったエネルギーのうち電気になるのは1/3程度で、2/3は、海に捨てれています。
巨大原発が地震を起こすメカニズム
 ※(8)を引用
 図―2 巨大原発が地震を起こすメカニズム((=^・^=)の想像)

(=^・^=)なりに計算したら柏崎刈羽原子力発電所の出す熱で、中越や中越沖地震のマグニチュード6.8と殆ど同じ
 マグニチュード6.7
の地震に相当するエネルギーが地殻に溜まるとの結果になりました(8)。
 東京電力の福島第一、第二も「想定外」の地震・津波が襲ったそうです(9)。東京電力の原子力は全てで想定外の地震が襲っていいます。東京電力の想定が甘いのか+、原子力発電所には想定外の地震を起こすのか?(=^・^=)はどちらかだと思います。
 ひょっとしたら、福島第一・第二原子力発電所をが完成したとき、東京電力の放射性物質ばら撒きが決まったのかも知れません。こちらも東京電力は「想定外」と説明

 巨大な原子力発電所→大量の排熱→地殻温度の上昇→地殻の歪→想定外の地震→津波の発生

    →電源喪失→冷却機能の喪失→メルトダウン→放射性物質ばら撒き 

なんて・・・・


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
本記事はあくまでも(=^・^=)の想像です。今世紀に入り原発を襲った地震は(=^・^=)の調べた限り4回あります。
 2004年10月 中越地震
 2007年 3月 能登半島沖地震(志賀原発が被災)(10)
 2007年 7月 中越沖地震
 2011年 3月 東北地方太平洋沖地震(9)(福島原発事故)
 2016年 4月 熊本地震(11)。
福島原発事故前は3~4年周期で起こっていますた。福島原発事故後は熊本地震まで5年間は起こっていません。
 熊本地震は不思議な地震です。以下に中央構造線と熊本地震の震源域を示します。
中央構造線に沿って発生した熊本地震
※(11)(12)にて作成
 図-3 中央構造線と熊本地震震源域

 図に示すとおり中央構造線にそっています。中央構造線は1億年近く前にユーラシアプレートのイザナギプレートが衝突してできた断層です(13)。
約1億年前にできた中央構造線
※(14)をキャプチャー
 図―4 イザナギプレートが衝突してできた中央構造線

1億年近く眠っていた九州の中央構造線が突然に動きました。なにか外乱があったのではと思いたくなります。2015年8月に川内原発1号機が(15)、10月に2号機が再稼働しました(16)。そして翌年4月に地震です。2016年8月には伊方原発が再稼働しました(17)。そして今年6月に大分で地震がおきました(18)。福島原発事故の原因究明は曖昧にされていきそうです。福島の皆様は不安だと思います。
 福島を代表する果物にモモがあります(19)。昨日(7月15日)には福島駅で福島産モモのPRイベント(モモの無償配布)が行われました(20)福島はモモの季節です。福島のモモは一つ一つの美味しさが保証されているそうです(21)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(22)。でも、福島県会津若松市のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(20)を引用
 図―5 福島産モモが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県会津若松市の皆様を見習い「福島産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)新潟県中越沖地震 - Wikipedia
(2)asahi.com:揺れ、設計時の想定外 柏崎刈羽原発の耐震、甘さ浮上 - 新潟県中越沖地震
(3)新潟県中越地震 - Wikipedia
(4)柏崎刈羽原子力発電所 - Wikipedia
(5)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい東電原発(3月1週)―柏崎刈羽・安全審査の申請書を再提出―
(6)柏崎刈羽原子力発電所6号機の放射性物質の漏えいについて|TEPCOニュース|東京電力
(7)[PDF]PDF形式 858 キロバイト - 新潟県
(8)めげ猫「タマ」の日記 巨大な原子力発電所は地震を起こす?
(9)今回の津波は、それまでの知見では想定できない大規模なものでした|東京電力
(10)原子力資料情報室(CNIC) - ニュース記事
(11)熊本地震 (2016年) - Wikipedia
(12)中央構造線マップ
(13)中央構造線
(14)日本列島の誕生 3/3 MrKz1011xx
(15)九州電力 川内1号機の定期検査実績
(16)九州電力 川内2号機の定期検査実績
(17)伊方発電所 - Wikipedia
(18)【地震情報】大分で震度5強、熊本・宮崎で震度4 震源は豊後水道
(19)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(20)甘いモモ召し上がれ JR福島駅でミスピーチPR | ホッとニュース | 福島民報
(21)フルーツを食す - 福島市
(22)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(23)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
スポンサーサイト
  1. 2017/07/16(日) 19:44:36|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おかしな福島第一汚染水、放出は安全、漏えいは危険 | ホーム | 福島第一汚染水の海洋放出を東電会長が明言、「安全」なら首都圏の海へも>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2221-19581fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)