fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島・サヤエンドウ出荷量は6割減(対事故前)

 福島を代表する春野菜にサヤエンドウがあります(1)。6月が出荷のピークです。東京中央卸売市場への6月の出荷量を見たら
 事故前(2010年6月) 189トン
 今年(2017年6月)   88トン
で6割減です。これは消費者が福島産についての正しい理解が進んだ結果であり当然の事です。
 福島を代表する春野菜にサヤエンドウがあります。6月は全国一の生産量を誇るそうです(1)。ただし福島全域で栽培されている訳ではないようです。以下に市町村別の生産量をしめします。
伊達市、二本松市、須賀川市、田村市が主要な産地の福島のサヤエンドウ
 ※(2)を集計
 図―1 福島のサヤエンドウ生産量

 図に示す通り伊達市・二本松市・須賀川市・田村市で大部分が生産されています。以下に位置を示します。
除染が必要な土地が広がる福島の伊達市、二本松市、須賀川市、田村市
 ※1(3)の数値データを元に(4)に示す手法で7月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(5)による。
 ※3 相馬地方は(6)による。
 図-2 サヤエンドウ産地と相馬地方 

 図に示す通り福島のサヤエンドウ産地は元の避難地域に接するか1部が避難地域であり、国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(7)地域が事故7年目の今も広がっています。
 以下にサヤエンドウ産地の葬式数の推移を示します。
事故後に葬式が増えた福島のサヤエンドウ産地
 ※1(8)を集計
 ※2 震災・津波犠牲者は(9)により、行方不明者を含み関連死を含まず。
 図-3 サヤエンドウ産地の葬式(死者)数

 図に示す通り、事故後に増加し 
 事故前 (2009年6月から10年5月)2,817人
 近々1年(2016年6月から17年5月)3,048人
で、8%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.3%です。偶然を言うには無理があります。
以下にモモやキュウリの主要産地ではない飯舘村を除く福島県相馬地方の葬式数を示します。
事故後も葬式が増えていない相馬地方
 ※1(8)を集計
 ※2 震災・津波犠牲者は(9)により、行方不明者を含み関連死を含まず。
 図-4 相馬地方(飯舘村を除く)の葬式(死者)数

飯舘村を除く相馬地方では
 事故前 (2009年6月から10年5月)1,434人
 近々1年(2016年6月から17年5月)1,436人
で、ほぼ0%で殆ど増えていません。
。飯舘村は避難地域におり、今も大部分は村民は村外でに避難しているので(10)で除外しました。 
 汚染され葬式が増えた地域で栽培されている福島産サヤエンドウに対する消費者の評価が気になります。以下に東京中央卸売市場への月別の福島産サヤエンドウの平均の出荷量をしめします。
6月が出荷のピークの福島産サヤエンドウ
 ※1(11)を集計
 ※2 2008年から17年の平均、ただし7月以降は16年まで
 図―4 福島産サヤエンドウの東京中央卸売市場への月別平均出荷量

 図に示す通り6月がピークです。
 以下に6月の東京中央卸売市場へのサヤエンドウの出荷量を示します。
事故後は出荷量を大幅に減らした福島のサヤエンドウ
 ※(11)を集計
 図―5 東京中央卸売市場へのサヤエンドウの出荷量

 図に示す通り福島産以外は少し増えていますが、福島産は
 事故前(2010年6月) 189トン
 今年(2017年6月)   88トン
で6割減です。
 以下に価格の推移を示します。
事故後は全国平均より安くなった福島のサヤエンドウ
 ※(11)を集計
 図―6 サヤエンドウの取引価格

 事故前は全国平均に比べ福島産はやや高値でしたが、事故翌年の2012年からはずっと全国平均を下回っています。これは消費者が福島産についての正しい理解が進んだ結果であり当然の事です。

 以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。
 
 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(12)による。
有意差検定表

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島を代表する夏の農作物にはキュウリやモモがあります(13)。こちらの産地もサヤエンドウ同様に汚染され、葬式が増えています。福島の皆様の反応が気になります。
 福島の農協の皆様が福島市と協力して九州方面に福島産モモの売り込みにったそうです(14)
福島産モモのPRに行かれた福島の綺麗な女性
 ※(14)を引用
 図―7 福島産モモのPRに行かれた福島の綺麗な女性

 福島はモモの季節です。福島のモモは福島のモモは一つ一つの美味しさが保証されているそうです(15)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(16)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(17)を引用
 図―8 福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「福島産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)春 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(2)作物統計調査>市町村別データ>平成19年産市町村別データ>年次>2007年中の「6-3 野菜(果菜類) ⇒福島県⇒Excel」
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(5)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)相馬地方広域市町村圏組合
(7)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(8)福島県の推計人口(平成29年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(9)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(週1回更新) - 福島県ホームページ
(10)平成29年6月1日現在の村民の避難状況について - 飯舘村ホームページ
(11)東京都中央卸売市場-統計情報検索
(12)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(13)野菜・くだものカレンダー | ふくしまの旬果旬菜 | JA全農福島
(14)トピックス | JAふくしま未来
(15)フルーツを食す - 福島市
(16)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(17)イトーヨーカドー 福島店
スポンサーサイト



  1. 2017/07/21(金) 19:43:23|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<住宅支援打ち切り3ヵ月、新潟の自主避難者は戻らず。当然です。 | ホーム | 福島産クロダイから30(Bq/kg)のストロンチウム90>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2226-57a3f93e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)