fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

巨大津波想定‐原子力発電所に合わせてる?

 ネット上で
  「宮城―福島沖での巨大津波の危険を指摘する報告書を作成中だった政府の地震調査委員会事務局(文部科学省)が、東京電力など原発を持つ3社と非公式会合を開催、電力会社が巨大津波や地震への警戒を促す表現を変えるよう求め、事務局が「工夫する」と修正を受け入れていた」
なんて記事を見つけました(1)。まさかとは思いますが、原発が耐えられる津波の高さに抑えようとしたりして!
 ちょっと、ストレステストの結果がきになりました。志賀原子力発電所と柏崎刈羽原子力発電所は結構近い位置にあります。そこで、両者のストレステスト(2)(3)を見比べてみました。

柏崎刈羽と志賀原発ストレステストの地震想定域
 の部分が柏崎原子力の地震想定

図―1 柏崎刈羽と志賀原発ストレステストの地震想定域

志賀原発では糸魚川―静岡構造線のような大きな断層系を考慮したいっていますが、柏崎刈羽では近くの断層を考慮しているだけみたいです。

 どちらのストレステストも日本海中部地震の津波のシュミレーションをしています。

志賀原発ストレステストの津波シュミレーション
図―2 志賀原発ストレステストの津波シュミレーション(2)による

柏崎刈羽原子力発電所の津波シュミレーション

図―3 柏崎刈羽原発ストレステストの津波シュミレーション

特に新潟県の結果が違います
 北陸電力-4m弱
 東京電力-2m以下
いったいどっちが正しいのですか?

同じ地震なのに、結構、違う感じがします。まさかと思いますが、地震や津波は原発が耐えられる範囲で想定していたりして・・・

<余談>
 合わないシュミレーションを(=^・^=)は信用で来ません。


‐参考にしたサイト様‐
(1)新潟日報社 netpark ::: 電力会社求め巨大津波警戒を修正
(2)志賀原子力発電所2号機の安全性に関する総合評価(一次評価)の結果の提出について
(3)柏崎刈羽原子力発電所1、7号機の安全性に関する総合評価(一次評価)結果の経済産業省原子力安全・保安院への報告について
スポンサーサイト



  1. 2012/02/26(日) 21:55:33|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<普天間ごたごた‐思いやり予算をやめてみては?- | ホーム | この夏の電力不足-原発再開で乗り切れる?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/235-441c0025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)