FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一で白血病3人目、放射線の影響?

 東京電力福島第1原発事故の収束作業で放射線に被ばく、白血病を発症した東電社員の40代男性を労災認定した。男性は事故直後に注水作業に携わり、積算被ばく線量は約99ミリシーベルトに上った。原発事故後の作業による被ばくを巡る労災認定は白血病が3例めです(1)。これまでに労災認定された方も含め被ばく線量は99(1)、54.4(2)、18,8(3)シーベルトです。一方で2011年12月末でに福島第一で働いた東電社員様や下請けさんのうち
 50ミリシーベルト超        864人
 10超―50ミリシーベルト以下 5,333人
で白血病で労災認定された方に比べ低線量の割合が多くなっています。このような事が偶然起こる確率を計算したら0.7%でした。
 放射線に被ばくするとがんになり得るとされています(1)。福島原発事故によってこれがみじかな不安になった方も多いと思います。福島県県民健康管理調査によれば、「(がん)晩発的影響の可能性が高い」と答えている人が 39.6%を占めています(5)。
 福島第一原発事故の収束作業に多くの下請けさんや東電社員様が当たられました。以下に事故はから8ヶ月超の2011年12月末時点の被ばく線量分布を示します。
50mSv以下が大半の福島第一従事者の被ばく線量
 ※(6)にて作成
 図―1 福島第一収束作業での被ばく線量分布(2011年12月末まで)

 50ミリシーベルト以下が大部分を占めています。人数をまとめると
 50ミリシーベルト超        864人
 10超―50ミリシーベルト以下 5,333人
 10ミリシーベルト以下    13,177人
です。
 福間第一原発ではたいた方から新たに白血病の方が見つかり労災認定されたそうです。労災認定された方も含め被ばく線量は99ミリシーベルト以上とのことです。これで3人目とのこどで、過去を調べると
 54.4ミリシーベルト
 18.8ミリシーベルト
です。これをまとめると
 50ミリシーベルト超      2人
 10超―50ミリシーベルト以下 1人
 10ミリシーベルト以下     0人 
で、高線量の方がおおくなっています。だだし白血病で労災認定され方で、福島第一で働いた方ではありません。白血病の労災認定には総被ばく線量が5ミリシーベルト×業務に従事した年数以上の条件があるそうです(1)。そこで10ミリシーベルト以上の方について、全体の割合と白血病で労災認定された方の人数を比較してみました。そしたらこのような事が偶然に起こる確率は0.7%でした。福島第一で働いた方に見つかっている白血病は事故処理に起因するとしか言えません。
 以下に偶然に起こる確率を示します。
 
 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事による(6)。
有意差検定表

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 図―1から福島第一原発の安定化作業に従事された方の被ばく線量の平均を計算(中央値×頻度の合計÷総数)で計算すると14ミリシーベルトになります。総数は19,594名ですので白血病になる確率は0.0153%です。発癌確率が被ばく線量に比例するとのLNT仮説にたてば(7)、100ミリシーベルトでは1.1%(100÷14×0.153)になります。福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーの高村昇氏は福島県の地方紙・福島民報に
「100ミリシーベルトの被ばくによって、がんで亡くなるリスクが0.5%高まるとされています。」
との寄稿文を寄せています(8)。でも、白血病だけで1.1%です。全体ではもっと高くなり得ます。福島では「がん」死亡率が増加していおるそうです(9)。
がん死亡増加を報じる福島民友
 ※(10)を12月14日に閲覧
 図―2 「がん死亡率上昇」を報じる福島県の地方紙・福島民友

 これでは福島の皆様は不安だと思います。
福島県いわき市には「Iwaki Laiki」なるブランド米があります。好評販売との事です(11)。同市産米の全量全袋検査数は約47万件に達しました(12)。同市の市民は約35万人なので市民が食べるには十分な量です(13)。福島産米は全量全袋検査で「安全」だそうです(14)。でも福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産jはあっても福島産米が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(15)を引用
 図―3 福島産米が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県いわき市の皆様を見習い「フクシマ産」はたべません。

 

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)<福島第1原発事故>収束作業員が白血病発症 4例目の労災、厚労省認定  | 河北新報オンラインニュース
(2)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(8月3週)―凍土壁 規制委「効果見られず」―
(3)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(10月4週)―サブドレイン効果がなかなか見えず―
(4)放射線障害 - Wikipedia
(5)県民健康調査における中間取りまとめ - 福島県ホームページ
(6)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(7)放射線の確定的影響と確率的影響 (09-02-03-05) - ATOMICA -
(8)放射線 放射性物質 Q&A 「被ばくによるがん」「別の原因のがん」に違いは | 東日本大震災 | 福島民報
(9)福島県・女性寿命「86.40歳」 ワースト5位、がん死亡率上昇:健康長寿・福島の挑戦:福島民友新聞社 みんゆうNet
(10)福島民友新聞社 みんゆうNet -福島県のニュース・スポーツ-
(11)いわき市産ブランド米「Iwaki Laiki」好評販売中 | いわき市 観光情報サイト
(12)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(13)地区別世帯数・男女別人口 | いわき市役所
(14)手間かかり重荷に 県産米の全量全袋検査 | 東日本大震災 | 福島民報
(15)平尼子店 - 新鮮安い食品スーパーマルト
スポンサーサイト



  1. 2017/12/15(金) 20:02:16|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<富岡駅再開2ヵ月、減り続ける新規帰還者 | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(12月2週)―千葉産スズキから66(Bq/kg)のセシウム、福島産59件連続ND―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2376-99abdb78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)