FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

柏崎刈羽が合格、課題がいっぱい

 昨日(12月27日)の原子力規制員会は柏崎刈羽原発の適合性審査(安全審査でない)の合格を決めました(1)(2)。東京電力は
「柏崎刈羽原子力発電所の更なる安全性、信頼性の向上に努めてまいります」
とのコメントを出し(3)、柏崎刈羽原発の「安全」は完全なものでなく、改善の余地があることを認めています。原子力規制員会の判断は判断として、再稼働に向けては課題がいっぱいあります。
 柏崎刈羽原子力発電所は事故を起こした東京電力の原子力発電所です。2007年の中越沖地震では、柏崎刈羽原子力発電所は火災(4)や放射能漏れ事故(5)をお越し、新潟県の海水浴客が半減する等(6)の被害を出しました。
2007年の柏崎刈羽原発火災映像を放送したBSN
 ※(7)を転載
 図-1 煙もくもく柏崎刈羽原子力発電所

 しかも東京電力は新潟には電気を供給しておらず(8)、柏崎刈羽が再稼働しても新潟の電気料金や安定供給には寄与しません。
 昨日(12月27日)の原子力規制員会は柏崎刈羽原発の適合性審査(安全審査でない)の合格を決めました(1)(2)。
柏崎刈羽の「合格」を報じる福島の地方紙・福島民友
 ※(9)を引用
 図―2 柏崎刈羽原発の「合格」を報じる福島の地方紙・福島民友

 東京電力としては再稼働に向け前に進みたい所と思います(10)。だだし合格したのは「安全審査」だなく「適合性審査」です(11)。柏崎刈羽原発は東京電力に安全対策によって原子力規制員会から見て許容できるレベルまでリスクを下げた認定したにすぎません。東京電力は
「柏崎刈羽原子力発電所の更なる安全性、信頼性の向上に努めてまいります」
とのコメントを出し(3)、柏崎刈羽原発の「安全」は完全なものでなく、改善の余地があることを認めています。
 原子力発電所の適合審査は自動車の型式認証ににています。自動車は事故を起こします。排ガスを出し、大気汚染の原因になります。騒音も出します。それでも自動車を無くせなどの議論は置きません。自動車には「認証制度」があり、安全性、環境影響などが社会的に許容できるレベル以下とお役人が認めた車だけが公道を走ることが許されます(12)。だだし、事故も起きますし騒音も出します。同じように原子力発電所が審査に合格しても「トラブル」を起こす可能性があります。
 柏崎刈羽原発は日本海に面しています。対岸の半島にある国は極めて強い反日感情を持っています。かの国は1953年に日本の固有の領土である島根県の竹島に進攻しました。そして「独島」と勝手な名前を付けて、今も不法占拠を続けています(13)。日本海の勝手に「東海」との名前を付けて、世界に対しこの名で呼ぶように申し入れています(14)。安倍出戻り総理の大叔父の佐藤栄作氏は1965年に(15)、かの国と「両国間の請求権の完全かつ最終的な解決」を取り決めた条約を結びましたが、慰安婦問題が蒸し返され安倍出戻り総理は「解決済み」の問題(16)について再度の合意を2年前の12月28日に結びました(17)。ところがかの国はこれすら守らず「韓日合意で慰安婦問題解決できない」と言い出しました(18)。事実上の破棄です。かの国は約束を守らず、気に食わないことがあれば竹島を侵略したように、武力で訴えるならずもの国家です。ところが安倍出戻り総理はかの国を「日本と同じ価値観を持っている」などと評して甘やかし放題です(19)。かの国は日本の不幸は自らの幸福とばかり徹底的な嫌がらせをすると思います。
 北の国では日本海や日本を飛び越えて太平洋に落ちるミサイルを打ち続けています(20)。柏崎刈羽原発にぶち込まれる可能性があります。北は東京電力原子燃料サイクル部 部長(サイクル技術担当)を務めた方の弟さんを拉致をしています(21)。
 東京電力は事故から7年近く経ちましたが、福島事故は想定外の津波によるともの主張しています。
今も「想定外」を主張する東京電力
 ※(22)を引用
 図―3 福島事故を「想定外」とする東京電力

 だとすれば、福島で事故を起こした津波が何故に想定できなかったかを検証し、そこに対策を取らなない限り再び想定外が起こりそうです。
 以上に述べた通り東京電力の安全対策で事故が起こり難くなったとしても、事故が起こる可能性は残ります。以下にもし柏崎刈羽原発で2011年3月11日に福島並みの事故(同一の放射性物質放出)があったらどうなるか、(=^・^=)なりの従前の見積もり(23)をしめします。
brg141017a.gif
 ※1(24)のアプリケーションによる((=^・^=)の自作)。
 ※2 放射性物質放射量は(25)と同じとした。
 ※3 気象データは(26)の「柏崎」の2011年3月11日からのデータを使用
 図―4 柏崎刈羽原発が福島並みに事故ったときの放射性物質の拡散予測

 図に示す様に幹線道路(関越道、北陸道)や上越新幹線は汚染され通れなくなります。
 放射線の身体的影響には、早期効果と晩発効果の二つに分けられます。早期効果は、一度に大量の放射線を被曝した後数週間以内に現れてくる障害です。晩発効果は、被曝後しばらく症状の現れない潜伏期間があるものをいいます。発癌も晩発効果に含まれます(27)。甲状腺癌も直ぐに現れる訳ではありません。以下にチェルノブイリでの甲状腺がんの発症率の推移を示します。
 福島県の甲状腺検査は2011~13年度に開始された1順目(先行検査)(28)、2014、15年度開始の2順目(本格調査1回目)(30)、2017、17年度開始ないし開始予定の3順目(本格調査2回目)(31)まで実施されます。
 福島県の放射線リスクアドバイザーの高村昇氏は
 「県民健康調査で行われている『甲状腺検査』のうち先行検査で甲状腺がんあるいはその疑いと診断された方の発症頻度を地域別に比較したところ、避難区域等の13市町村(田村市や伊達市、川俣町、飯舘村を含む)で10万人当たり33.5人、中通りで38.4人、浜通り(避難区域以外のいわき市、相馬市、新地町)で43.0人、会津地方で35.6人と甲状腺がんの頻度はほぼ同じであり、少なくとも事故当時に東京電力福島第一原発の近くにいらっしゃった方に甲状腺がんが多いということはありません。」
との寄稿文を福島県地方紙の福島民報に寄せています(32)。以下に当該分における地域分けを記載します。
事故から7年近く経て汚染が続く福島
 ※1(33)のデータを元に(34)に示す手法で12月1日に換算
 ※2 避難地域等の13市町村は避難勧奨地点が設定された伊達市および緊急時避難準備区域のみの広野町を含む(35)
 ※3 福島県の区域分けは(36)による。
 ※4 浜通り、中通りは13市町村以外
 ※5 中通り中の数字は2順目検査開始年次、なお13市町村は2014年、浜通り会津は2015年(37)。
 図―4 福島民報での甲状腺の区域分け

 2順目の検査もおおよそ終わっています(38)。そこで12月1日までに発表になったそ2順目(本格調査1回目)について結果(30)を福島民報の寄稿文にならって集計していました。悪性ないし悪性の疑いの方を集計すると
 避難地域等の13市町村 検査 34,558人中17人(0.049%)
 中通り(避難区域以外) 検査184,785人中39人(0.021%)
 浜通り(避難区域以外) 検査 51,053人中10人(0.020%)
 会津地方        検査 32,208人中 5人(0.016%)
で、福島第一原発が所在する避難地域等の13市町村の罹患率は福島県内では第一原発から最も離れている会津の3倍以上の罹患率です。
 このような事が偶然に起こる確率を計算したら、統計的に差があるとされる5%(39)を下回る1.7%でした(38)。
 これについて福島医科大学は
「様々な因子が影響している可能性があるため、今後、解析方法を詳細に議論した上での評価が必要と考えられる。」
と説明していますが(40)、具体的な内容はありません(38)。
 甲状腺がんについて悪性ないし疑いの方の事故後4ヶ月間の被ばく線量は1ミリシーベルト前後です(30)(31)。従来は100ミリシーベルトの被ばくで景況が出るとされていました(41)。福島の甲状腺検査結果を見ると事故の影響を受けている可能性が高いと思います(38)。1ミリシーベルト程度の被ばくで影響がでるとなると避難計画の見直しが必要です。
 福島事故で大量の放射性廃棄物がでました(42)。福島県外では処理が進んでいません(42)(43)。福島県内での事故から7年目の今年になって「中間貯蔵施設」への移送が本格化したようです(44)。福島事故では放射性廃棄物の処理がなかなか実現しません。福島第一原発にでは汚染水が溜り続けています。
どんどん増える福島第一汚染水
 ※(45)を集計
 図―5 どんどん増える福島第一汚染水

 万が一にも事故が起こった場合に生じる廃棄物の処理を事前に決めて行いと、福島と同様に廃棄物の処理が停滞します。
 以下に福島県の住宅除染の実施状況を示します。
除染が終了した福島県
 ※(46)にて作成
 図―6 福島県の住宅除染の状況

図に示す通りほぼ完了しています。これで事故でばら撒かれたセシウムはなくなったのでしょうか?放射線量とセシウム134と137の割合が分かれば、単位面積当たりのセシウム134,137の量が分かります。これの平均を取り一定地域の平均をとり面積を掛ければその地域に含まれる放射性セシウムの量が見積もれます(47)。放射線量は福島第一原発から80km圏内では2011年4月くらいから測定がなされています(33)。以下に福島県県北地方80km圏内に全てが位置する二本松市、本宮市、伊達市、伊達郡の放射性セシウム量をしめします。
事故から7年近く経て殆んど減らない放置セシウム
 ※ 集計方法およびリファレンスは(47)による
 図―7 二本松、本宮、伊達市および伊達郡(全域が県北地方80km圏内の市や町)の放射性セシウム量

 図に示すとおり大部分のセシウムは残ったままです。この計算を実施するにはある程度の条件がありので地域を限定しましたが、福島全体としても概ね同じ傾向であるはずです。図―4に示す様に今も国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(48)地域が広ります。福島は汚染されたまです。セシウム137の半減期が30年であることを考慮すると(49)、福島の汚染はこれからも続きます。
 図―7に示す様に除染が終わっても放射性セシウムの総量は殆ど減っておらず福島の除染の効果は限定的です。柏崎刈羽が事故った場合の除染をどうするかは再度の見直しが必要ですが、検討されていません。
 昨年の12月に経産省は福島第一原発の21.5兆円になり、このうち東京電力が16兆円を負担すると発表しました(50)。東京電力はこれ以上の負担はできなので、柏崎刈羽は事故ったらだれがどのように負担するのか、決めて置く必要があります。そうでなければ東京電力にはお金がないので、被災者は見殺しにされます。
 柏崎刈羽原子力発電所は原子力規制委員会の「適合性審査(安全審査ではない)」に合格しました(1)。でも、事故の可能性が完全になくなった訳ではありません。そして事故った時に
 ・避難計画で上限とすべき被ばく線量は現行の値では疑問がある。
 ・事故処理で出る放射性廃棄物の処理のルール―が決まっていない。
 ・福島の例では除染の効果は限定的であるが、あらたな除染のやり方は検討されていない。
 ・東京電力は福島事故対応でお金を使い果たし、柏崎刈羽が事故っても対応できない。柏崎刈羽が事故った場合には事故の被災者は見殺しにされる可能性がある。
など、柏崎刈羽再稼働までに解決しなければならない問題が多々あると思います。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 もう一つ重要な問題があります。原発が停止した事を理由に電気料金が上がりました(51)。柏崎刈羽が再稼働すれば、都民をファーストに考える政治家などはこれを理由に電気代の値下げを要求するはずです。でも、これは新潟にとっては県民ワーストです。値下げで首都圏の電気代が安くなれば新潟の企業は競争力を失います。雇用の場がなくなり人口流出が加速します。
 新潟の皆さんが柏崎刈羽についてどのような判断をするか、周りは見守るべきだと思います。一つだけ言えることは事故れば福島同様に新潟も避けられるようになることです。中越沖地震の煙もくもくと放射能漏れで新潟が避けられました(6)。そして事故から7年近く経た今も、福島の皆さんは福島を避けています。
 福島が力を入れている畜産物に鶏肉(地鶏)があります(52)。もうすぐ、お正月です。お雑煮を楽しみにしている方も多いと思います。福島ではお雑煮に鶏肉を使うようです(53)。福島の鶏肉は美味しいそうです(54)。福島県は福島産鶏肉は「安全」だと主張しています。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産鶏肉はありません。 
他県産はあっても福島産鶏肉が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(55)を引用
 図―8 福島産鶏肉が無い福島県のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県いわき市の皆様を見習い福島産は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―

(1)第57回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会
(2)東京電力ホールディングス(株)に柏崎刈羽原子力発電所6号炉及び7号炉の設置変更を許可 | 原子力規制委員会
(3)(コメント)柏崎刈羽原子力発電所6,7号機の新規制基準への適合性に係る原子炉設置変更許可について|お知らせ|東京電力ホールディングス株式会社
(4)柏崎刈羽原子力発電所 - Wikipedia
(5)柏崎刈羽原子力発電所6号機の放射性物質の漏えいについて|TEPCOニュース|東京電力
(6)[PDF]PDF形式 858 キロバイト - 新潟県
(7)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい東電原発(3月1週)―柏崎刈羽・安全審査の申請書を再提出―
(8)【経済インサイド】電力自由化、仁義なき戦い 東京電力が東北電力エリアの新潟に進出!? 柏崎刈羽原発再稼働の切り札か?(1/4ページ) - 産経ニュース
(9)写真一覧:県内ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNetを12月28日に閲覧
(10)新潟県の皆さまへ(新潟本社)|東京電力ホールディングス株式会社
(11)新規制基準適合性に係る審査会合 | 原子力規制委員会
(12)第1章 自動車に係る基準・認証制度を巡る状況
(13)竹島 (島根県) - Wikipedia
(14)日本海呼称問題 - Wikipedia
(15)佐藤栄作 - Wikipedia
(16)日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約 - Wikipedia
(17)慰安婦問題日韓合意 - Wikipedia
(18)文大統領「韓日合意で慰安婦問題解決できない」
(19)安倍晋三 - Wikipedia
(20)北朝鮮ミサイル発射に関するトピックス:朝日新聞デジタル
(21)蓮池透 - Wikipedia
(22)原子力発電所に質問です 柏崎刈羽原子力発電所の安全対策|東京電力ホールディングス株式会社
(23)めげ猫「タマ」の日記 柏崎刈羽が事故れば新潟は滅ぶ
(24)放射性物質拡散予測
(25)【120524】東北地方太平洋沖地震の影響による福島第一原子力発電所の事故に伴う大気および海洋への放射性物質の放出量の推定について|TEPCOニュース|東京電力
(26)気象庁|過去の気象データ検索
(27)人体に及ぼす放射線被曝の影響
(28)第27回「県民健康調査」検討委員会及び第7回「甲状腺検査評価部会」について(平成29年6月5日開催) - 福島県ホームページ中の「資料2-1 県民健康調査「甲状腺検査(先行検査)結果概要【平成28年度追補版】  [PDFファイル/1.19MB]
(29)第28回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成29年10月23日)の開催について - 福島県ホームページ
(30)(29)中の「資料2-1 県民健康調査「甲状腺検査【本格検査(検査2回目)】」結果概要 [PDFファイル/1017KB]
(31)(29)中の「資料2-2 県民健康調査「甲状腺検査【本格検査(検査3回目)】」実施状況 [PDFファイル/991KB]
(32)放射線 放射性物質 Q&A 甲状腺がん 浜通りの割合高い? | 東日本大震災 | 福島民報
(33)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(34)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(35)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(36)福島県 - Wikipedia
(37)めげ猫「タマ」の日記 福島・甲状腺罹がん患率に地域差、でも事故の因果関係は不明と福島県立医大
(39)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(40)第8回甲状腺検査評価部会(平成29年11月30日)の資料について - 福島県ホームページ中の「資料2-3 甲状腺検査【本格検査(検査2回目)】結果概要<確定版>資料 表11に対する検査間隔による発見率の調整例  [PDFファイル/121KB]
(41)被ばくによるガンのリスクについての誤った情報(放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説)
(42)指定廃棄物について|放射性物質汚染廃棄物とは|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省
(43)栃木県/指定廃棄物の処理について
(44)中間貯蔵施設等対策室 - 福島県ホームページ
(45)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社ちゅの「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について」
(46)福島県の除染実施区域の進捗について|除染実施区域(市町村除染)の概要・進捗|除染情報サイト:環境省
(47)めげ猫「タマ」の日記 ばら撒かれた放射性セシウムの6割が残ったままの福島県二本松市
(48)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(49)半減期 - Wikipedia
(50)東京電力改革・1F問題委員会(第6回)‐配布資料(METI/経済産業省)中の「参考資料(PDF形式:783KB)
(51)原発停止だけじゃない、電気料金上昇の真相 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
(52)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(53)【みんなが作ってる】 お雑煮 福島のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが280万品
(54)福島の美味しい鶏肉を無料で試食!!グルコン福島2(福島市) | ふくしま 新発売。
(55)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(56)平尼子店 - 新鮮安い食品スーパーマルト
スポンサーサイト



  1. 2017/12/28(木) 19:42:46|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2017年)―デタラメな検査で安全とされる福島産― | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(12月4週)―千葉産マダイからセシウム、福島産は41件連続ND―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2387-3dba6df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)