FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

避難指示解除の福島県飯舘村,過半数は帰村せず

昨年3月31日に大部分で避難指示が解除された福島県飯舘村(1)で、
 帰村対象の合計人数   5,880人(3)
 帰村および避難者の合計 2,723人(村内在住602人(3)、避難2,121人(4))
で、帰村および避難者の合計が対象者の半分以下となり、過半数が帰村しないことが確定しました。
 福島県飯舘村は福島県北東部の山中にある寒村です。福島原発事故によって、放射能に汚染され全村が避難地域となりました(1)。
事故8年目も汚染が広がる福島
 ※1(5)のデータを元に(6)に示す手法で1月1日に換算
 ※2 避難区域は(7)による。
 図―1 福島県飯舘村

 事故8年目になりましたが、図に示す通り国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超(8)えた地域が広がっています。飯舘村は今も汚染されたままです。
 以下に飯舘村の赤ちゃん誕生数を示します。
事故後に女の子が多く生まれる福島県飯舘村
 ※(9)を集計
 図―2 福島県飯舘の赤ちゃん誕生数(累積)

 図に示す通り事故後は女の子が多く生まれています。事故以降の赤ちゃん誕生数を集計すると
 男の子 154人
 女の子 196人
です。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(10)による。
有意差検定表

表に示す通り偶然に起こる確率は統計的に差があるとされる5%(11)を下回る3%でした。通常は男の子が多く生まれるので(12)異常な事態です。
 福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
飯舘村の学校の新しい制服
 ※(13)を転載
 図―3 福島県飯舘村の綺麗な女性

 でも喜んでばかりはいられないようです。放射性影響研究所は広島や長崎の原爆投下で遺伝的な影響が生じていない根拠の一つに「赤ちゃんの男女比に異常が起きていない。」事をあげています(14)。
 それでも安倍出戻り内閣は「安全」であるとし、避難指示を解除しました(1)(7)。
進まない飯舘村の帰還
 ※ (2)を集計
 図―4 飯舘村の帰還の状況
 
図に示すように村への帰還が進んでいません。避難指示解除8ヶ月の2017年1月1日時点で帰還された方は
  対象 5,880人中602人で(3)
帰還された方は全体の10%です。一方で図に示す様に村外での住宅取得等はどんどん増えています。住宅取得等で安定した住環境を手にれた方が村に帰還することはないと思います。福島県が認定している飯舘村の福島県内避難者は2,121人です(4)。仮にこの方達全員が帰村したとしても、既に村内で暮らしている方と合わせ2,723人です。飯舘村は帰還対象者は5,880人で(2)、半分以下です。
 飯舘村で今後に帰村が進んだとしても半分以上が戻りません


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 (=^・^=)なりに見ると飯舘村を「安全」と言い切るのは無理があると思います。でも安倍出戻り総理は避難指示を解除しました。このようなやい方をする政権では、(=^・^=)は不安です。「買わない」「食べない」「出かけない」と「フクシマ3原則」を決めています。でも、これって(=^・^=)だけではありません。
 福島県が力を入れている農林産品に「ナメコ」があります(15)。1~3月が出荷のピークです(16)。福島県いわき市はナメコの産地です。同市産ナメコは美味しいそうです(17)。生産者は「安全」だと言っています(18)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産ナメコはありません。
他県産はあっても福島産ナメコが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(19)を引用
 図―5 福島産ナメコが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)飯舘村 - Wikipedia
(2)平成30年1月1日現在の村民の避難状況について - 飯舘村ホームページ
(3)平成30年1月1日現在の村民の避難状況 [PDFファイル/60KB]
(4)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(週1回更新) - 福島県ホームページ
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(7)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)福島県の推計人口(平成29年12月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(10)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(11)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(12)出生性比
(13)めげ猫「タマ」の日記 来年春学校再開の福島県飯舘村、村内からの通学は2人
(14)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 - 放射線影響研究所
(15)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(16)福島県の旬(出回り時期) 野菜編
(17)なめこ一筋・加茂農産(いわき市) | ふくしま 新発売。
(18)なめこへのこだわり|いいカモくんの加茂農産
(19)イオンいわき店
スポンサーサイト



  1. 2018/01/09(火) 19:44:14|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月2週)―福島はイチゴの安全宣言、汚染産地の検査はありません。― | ホーム |  2017年セシウム汚染食品ランキング―1位は福島産イノシシ14,000ベクレル、4年連続―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2399-99d25911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)