FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

子どもは戻らない福島県川内村

 福島県川内村は先の事故で全村が避難しました(1)。2011年19月に村の大部分を占めていた「緊急時避難準備区域」が解除され(2)、2012年1月に「帰村宣言」をだしました(3)。それから6年経ちましたが子どもは戻りません。
 福島県川内村は福島第一原発が立地する大熊町(4)の隣の山村です(1)。
事故8年目も汚染されたままの福島
 ※1(5)のデータ元に(6)に示す手法で1月1日に換算
 ※2 避難地域は(2)よる
 図―1 福島県川内村

 事故8年目になりましたが、図に示す様に国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(7)を超えたエリアが広がっています。事故8年目の川内村は汚染されたままです。それでも2011年9月には村の大部分を占めていた「緊急時避難準備区域」が解除され(2)、2012年1月に「帰村宣言」をだしました(3)。
 事故直前の2011年3月の人口は2,819人でした(8)。川内村によれば2017年12月31日時点の人口は2,717人で、それ程には減っていません。一方で福島県が発表している2017年12月1日時点の人口は1,989人です(8)。この差は人口の係数方法にあります。以下に福島県が発表している川内村の人口を示します。
2015年10f月以降は変動が少ない川内村の人口
 ※(8)を集計
 図―2 川内村の人口推移

 図に示す通り2015年10月に国勢調査が行われ、同村に居住している人数を調べました(9)。これ以降はこの人数を元に転入と出生の人数を加え、転出と死亡の人数を引いています(8)。この集計では2015年10月以降に川内村村外で暮らしていた川内村村民が住所を避難先に移すと実態は変わらないのに人口が減る等のことがあります。ただし図に示す様に2015年10月以降に大きな変動はありません。概ね実態に近いと思います。一方で川内村は村外に住んでいても川内村に住民票を有数る方の人数を示します。
 以下に各年11月から1年間の川内村の赤ちゃん誕生数を示します。
過去5年で68人、3年で38人の赤ちゃんが生まれた川内村
 ※(8)を集計
 図―3 川内村の赤ちゃん誕生数

 過去5年(2012年11月から17年)を合計すると68人です。一方で、川内村の0~4歳の方は47人で、4割以上の方は川内村村民として生まれても他所で暮らしています。過去3年では38人の方は生まれています。報道によると(9)に暮らしているのは十数人です。半分以上の方は川内村村民として生まれながら川内村には住んでいません。川内村には子どもは戻りません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 川内村に戻った子供達がそのまま川内村で成長し大人になって住み続けることはないはずです。このまま村が存続できるか分かりません。福島は不安だらけです。
 もうすぐイチゴの日です(11)。福島県伊達市では昨年からイチゴの収穫が始まりました(12)。福島のイチゴは美味しいそうです(13)。福島県は福島産イチゴは「安全」だと主張しています(14)。でも福島県伊達市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。

他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ
 ※(15)を引用
 図―4 福島産イチゴが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県伊達市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)川内村 - Wikipedia
(2)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(3)「戻れる人から戻ろう」 川内が帰村宣言 | 東日本大震災 | 福島民報
(4)大熊町 - Wikipedia
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(7)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(8)福島県の推計人口(平成29年12月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(9)トップページ | 川内村公式ホームページ
(10)国勢調査 - 福島県ホームページ
(11)いちごの日<丸果石川中央青果>
(12)あまーい聖夜にイチゴ収穫 霊山で本格化 | 県内ニュース | 福島民報
(13)いちご狩り2018 – 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
(14)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(15)保原店|店舗・チラシ情報|リオン・ドール
スポンサーサイト



  1. 2018/01/11(木) 23:51:28|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島産米・食べて応援・あの世行き2017 | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月2週)―福島はイチゴの安全宣言、汚染産地の検査はありません。―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2401-893f84c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)