FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島産ヒラメから放射性物質検出されずとNHK、福島の検査ではセシウム入り

 タイで予定されていた福島産ヒラメフェアが中止になった問題で(1)、NHK等は検査では放射性物質「不検出」との報道がされています(2)(3)。だだし、不検出だったのはタイの検査で、厚生労働省の発表(4)を見ると福島の検査ではセシウムが見つかっています。安倍出戻り総理は福島は「安全」だと言っています(4)。安倍出戻り内閣は裁量労働制の関しおかしなデータを国会に出しました(5)。さらには「森友文書改ざん」も明らかになりました(6)。安倍出戻り内閣は平気で「嘘」をつく内閣です。福島は安全も「安全」を嘘の可能性を否定しえません。
 福島第一原発では幾つかの排水路があります。以下に示します。
福島第一構内から海に続く福島第一排水路
 ※(7)にて作成
 図―1 福島第一排水路

 以下に各排水路のセシウム137濃度をしめします。
基準超の汚染排水が流れる福島第一排水路
 ※1(7)にて作成
 ※2 基準値は(8)による。
 図―2 福島第一排水路のセシウム137

 図に示す通り事故から7年間、基準値を超える汚染排水が流れて続けています。そででも安倍出戻り総理は福島産の「安全」を主張し(4)、3月10日に福島を訪問した際には福島産ヒラメを試食しました(9)。
福島産ヒラメを食べる安倍出戻り総理
 ※(4)を引用
 図―3 福島産ヒラメを食べる安倍出戻り総理
 
安倍出戻り内閣は裁量労働制の関しおかしなデータを国会に出しました(5)。さらには「森友文書改ざん」も明らかになりました(6)。安倍出戻り内閣は平気で「嘘」をつく内閣です。福島産は「安全」とゆう彼の主張を信用する人は少数だと思います。少なくともタイでは信用されていないようです。
 タイでは3月10日から福島産ヒラメのPRイベントが計画されていました。ところが、安倍出戻り総理が福島産ヒラメを試食した2日後の3月12日にイベントの中止が報じられました(9)。タイの環境保護団体が「汚染された可能性」を主張したそうです(2)。
「汚染された可能性」との主張を報じるNHK
 ※(3)を引用
 図―4 「汚染された可能性」との主張を報じるNHK

 そして福島産ヒラメのタイへの輸出も中止になりました(10)。
 だいたい彼が根拠にしている福島県のデータは怪しい物です。以下に福島産カナガシラの検査結果を示します。
東京電力測定は基準超、福島県測定は全数NDの福島産カナガシラ検査結果
 ※1 福島県の検査結果は(4)、東京電力は(11)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 ()内は検査先
 ※5 基準値は(12)による。
 図―5 福島産カナガシラの検査結果

 東京電力は自社の検査で福島産カナガシラから基準値(12)の4倍近い1キログラム当たり358ベクレルのセシウムが見つかったと発表しました(13)。一方で福島県の検査では2017年1月以降で347件連続で検出限界未満(ND)です。福島県の検査で検出限界未満(ND)でも、基準値を大きく超える可能性が残ります(14)。だいたい厚生労働省の発表(4)を見ると、ヒラメにしろカナガシラにしろ福島産農水産物の出荷前検査は福島県農林水産部所属する福島県農業総合センター(15)が全てを実施してます。中立性に疑問があります。
 現状では福島県の検査結果がどうであれ、福島第一原発からの放射能流出が続く限りは、福島産は「汚染された可能性」があります。タイの皆様は正しい判断をしました。
 これに関連してNHKは
「ヒラメから放射性物質検出されず」
と(1)、福島の地方紙・福島民報は
「県産ヒラメ、放射性物質『不検出』 タイ政府がフェア中止で検査」
と(2)の表題の報道を行っています。表題だけを見ると福島産ヒラメからはセシウムが見つかってないようです。以下に福島産ヒラメの検査結果を示します。
セシウムが見つかる福島産ヒラメ
 ※1 (4)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは捕獲日
 図―6 福島産ヒラメの検査結果

 図に示すように福島産ヒラメは確りセシウム入りです。福島産ヒラメを食べると一緒に放射能も食べます。記事本文を見ると
「タイ政府が実施した独自検査でヒラメから放射性物質は検出されなかった」
との記載があり(2)、タイの検査では見つからななったとのことです。ただしサンプル数が記載されていなので少数と検査だと思います。また、タイには原発がなく放射線計測等の関連技術を習熟している方も少ないと思います。そんだデータだけを引用しあたかも福島産ヒラメから放射能がみつからないような報道が平然となされています。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島県の地方紙・福島民友はこの件について
「タイの団体から『原発事故のあった福島の水産物は汚染されている』『福島の魚を食べると危険だ』などとする意見が科学的根拠なく提起された。」
と報じていました(10)。確かに
「福島の魚を食べると危険だ」
には明確な科学的根拠には乏しいかもしれません。でも、「汚染された可能性」は十分な科学的根拠があります。同紙は3月14日付社説で
「タイの団体は、ヒラメの安全性を不安視する意見を団体のホームページ上に掲載」
と論じているので(17)、NHKの報道(3)と合わせタイの団体は汚染されていないとは言えない、安全とは言えないと主張しているのであって、福島民友が3月13日に報じた
「原発事故のあった福島の水産物は汚染されている」「福島の魚を食べると危険だ」
等の主張はしていないのは明らかです。このふぇーくニュースに続き「科学的根拠なく」と続け、事実とは関係なくある方向に読者を誘導しようとしているのは明らかです。これでは福島の皆様は不安だと思います。
 福島ではイチゴ栽培がおこなわれています(18)。福島県伊達市ではイチゴの出荷が行われています(19)。同市のイチゴはとても甘くてちょっと酸っぱい、新鮮そのものだしうです(20)。福島県は福島産イチゴは「安全」だと主張しています(21)。でも、福島県伊達市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴがない福島県伊達市のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―7 福島産イチゴが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県伊達市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島県産ヒラメフェア中止 タイ地元団体反発で断念:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(2)県産ヒラメ、放射性物質「不検出」 タイ政府がフェア中止で検査 | 県内ニュース | 福島民報
(3)ヒラメから放射性物質検出されず|NHK 福島県のニュース
(4)報道発表資料 |厚生労働省
(5)平成30年3月10日 福島県訪問 | 平成30年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ
(6)【森友文書改ざん】政治の責任明らかに(3月13日) | 県内ニュース | 福島民報
(7)中長期ロードマップ|東京電力⇒中長期ロードマップの進捗状況⇒2018年3月1日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第51回事務局会議)⇒【資料3-6】環境線量低減対策(7.16MB)
(8)サンプリングによる監視|東京電力
(9)安倍首相「きめ細かな支援」 福島県の産業・教育環境など視察:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(9)福島県産ヒラメフェア中止 タイ地元団体反発で断念:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(10)タイへのヒラメ輸出中止 コウナゴ漁好調も(福島県)日テレNEWS24
(11)報道配布資料|東京電力中の「魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(同所港湾内を除く)」
(12)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(13)2018年3月3日魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(同所港湾内を除く)(PDF 114KB)
(14)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月2週)―福島産カナガシラから358(Bq/kg)、福島県検査は347件連続ND―
(15)農林水産部 - 福島県ホームページ
(16)タイの国情と原子力事情 (14-02-09-01) - ATOMICA -
(17)【3月14日付社説】タイのフェア中止/安全と品質浸透の逆バネに:社説:福島民友新聞社 みんゆうNet
(18)苺(イチゴ) | 一般社団法人福島市公設地方卸売市場協会
(19)松葉園 いちごから笑顔 - ホーム | Facebook
(20)伊達のいちご - 福島県伊達市ホームページ
(21)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(22)保原店|店舗・チラシ情報|リオン・ドール

3月17日追記

 福島のローカルテレビ局FTVが報じるところによれば記事の見出について
「記事全体のニュアンスが分かるような見出し」
と報じています(A1)。
「記事全体のニュアンスが分かるような見出し」と報じるFTV
 ※(A1)をキャプチャー
 図―A1 「記事全体のニュアンスが分かるような見出し」と報じるFTV

 これを話しているのは福島民報社の方で、本文にある通り福島民報社の見出しは
「県産ヒラメ、放射性物質「不検出」 タイ政府がフェア中止で検査」
で(2)、タイ政府の検査結果を明示しています。一方でNHKの見出しは単に
「ヒラメから放射性物質検出されず」
です(A2)。
「ヒラメから放射性物質検出されず」報じるNHK
 ※(A2)を3月17日に閲覧
 図―A2 「ヒラメから放射性物質検出されず」報じるNHK

 これでは福島のヒラメからは日本で検査しても放射性物質みつからにようにとれます。NHKは国民の知る権利を担保しません(A3)。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(A1)ローカルTime FNN被災地発...
(A2)NHK 福島県のニュース|NHK NEWS WEB
(A3)NHK受信料「合憲」=テレビ設置時から義務-「知る権利を充足」最高裁が初判断:時事ドットコム
スポンサーサイト



  1. 2018/03/14(水) 19:48:34|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<広範囲で放射線量が増加した事故7年目の福島 | ホーム | 福島産米・食べて応援あの世行、事故7年目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2465-7ad730ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)