FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

NHKの嘘放送、注水を絞り込んで東京は汚染された。

 NHKは3月17日21時台の番組で、原子炉への注水量を絞った為に福島第一は3月18~20日に放射能漏れを起こし、東京を汚染したと放送していました。ところが2011年3月18~20日漏れた放射能は福島第一から北に向かっています。東京には到達できません。とんだ嘘放送です。
 NHKは3月17日21時台に福島第一原発事故を扱った番組を放送していました。その中で今月に入り福島県双葉町で空気中の放射性物質量の新たな計測データが見つかったとし、これを紹介していました。
NHKが今月(3月)に新たに見つかったとする双葉町の空気中の放射性物質データ
 ※NHKの3月17日21時台の番組をキャプチャー
 図―1 NHKが今月(3月)に新たに見つかったとする双葉町の空気中の放射性物質データ

 これをもとにしのでしょうか?福島第一事故での放射性物質漏れは3月18日以降で全体の4割と放送していました。
「放射性物質漏れは3月18日以降で全体の4割」するデータと報じるNHK
 ※NHKの3月17日21時台の番組をキャプチャー
 図―2 「放射性物質漏れは3月18日以降で全体の4割」するデータ

 当該番組の最後には
「新たなデータが明らかにする事故の真相」
なんてナレーションを入れているので、番組だけ見ていると事故から7年して初めて分かったような印象を受けますが、そのような事ははありません。6年前の2012年5月に東京電力は福島第一からの放射能放出量(試算)結果を発表しています(1)。以下に日ごと集計値を示します。
福島第一からの放射能放出量(東京電力)
 ※(1)を集計
 図―3 福島第一からの放射能放出量

 セシウム137の放出量は合計で8,251兆ベクレルですが18日以降は3,193兆ベクレルでほほ4割です。そして図―2と3は似た感じがします。NHKは6年前の東京電力の発表を検証しただけのようです。
 番組でが福島第一原発で3月17日に注水量を絞り炉内温度が上昇したと放送しています。
3月17日に注水量を絞り炉内温度が400℃上昇したと放送するNHK
 ※NHKの3月17日21時台の番組をキャプチャー
 図―4 3月17日に注水量を絞り炉内温度が上昇したと放送するNHK

 図―2,3に示す様に17日は放射能もれは沈静化しましたが18日からは漏れ出しています。これを捉えNHKは冷却水を絞り込んだ為に炉内温度が上がり放射能漏れを起こしたとの「推定」しています。
 福島原発事故では「最悪にシナリオ」が作成されました。2011年3月25日の発表ですが、事故直後の関係者の共通認識だと思います。その一部を示します。
4号機核燃料プールをもっともリスクが高いとする「最悪のシナリオ」
 ※(2)を引用
 図―5 4号機核燃料プールをもっともリスクが高いとする「最悪のシナリオ」

 NHKが扱っている3月17時点では1号機(3月12日)、3号機(3月14日)が爆発、2号機から白煙(3月15日)は終っており(3)、もっともリスクが高く目前に危機が迫っているのは核燃料プールです。そこで優先順位が決まっていました。核燃料プールへの注水が最優先です。ただし、当該番組では核燃料プールには危機が迫っており3月17日時点では、原子炉本体よりはるかにリスク高い存在ある事はあまり扱いませんでした。その代り電源復旧があと回しになったことは放送していました。
核燃料プールへの注水を最優先とするNHK
 ※NHKの3月17日21時台の番組をキャプチャー
 図―6 核燃料プールへの注水を最優先とするNHK

 当該番組によれば電源を復旧しないと炉内の温度が分からないそうです。この事について
「注水量を減らしていたことで原子炉の状況が悪化していた3号機、この後、東京電力は原子炉が危機に落ちいていることを2日間にわたって見過ごして行きます。」
とのナレーションをつけています。
 図―4に示す様に炉内温度は400℃ほどです。東京電力によれば原子炉の水の温度は280℃です(4)。通常運転に比べそれ程には高い温度ではありません。番組では放射能漏れの炉内への注水量を絞込みとの因果関係を特定することは困難との東京電力のコメントを放送しいます。
「因果関係を特定することは困難」との東京電力のコメント
 ※NHKの3月17日21時台の番組をキャプチャー
 図―7 「因果関係を特定することは困難」との東京電力のコメントを放送するNHK

そして3月19日に電源が復活し炉内温度測定できるようになり炉内の異常に気付いた旨を流しています。3月19日に異常に気付き対策をとったのに図―3に示す様にその後も放射能漏れは続いています。どう見ても東京電力の放射能漏れの炉内への注水量を絞込みにつて
「因果関係を特定することは困難」
との東京電力のコメントの方が正しそうです。
 福島県では事故直後から7か所で放射線量を測定います(5)。このうち南相馬といわき市平の位置を示します。
事故6年目になり特異的に汚染されたいる福島
 ※1(6)の数値データを(7)に示す方法で3月11日に換算
 ※2 位置は(5)による。
 図―8 南相馬といわき市平の放射線量測定点

 図に示す様にいわき市平は福島第一の南側にあり、その先には東京があります。一方で北側には南相馬があります。蛇足ですが図に示す通り福島は特的にに国が除染が必要とする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(8)エリアが広がっています。福島は汚染されています。NHKは福島産を避ける行為を「風評被害」と非難しましが(9)、汚染された地で採れたものを避けるのは当たり前の行為です。
 以下に東京新宿の2011年3月11日から31日までの放射線量を示します。
3月15日にピークを21日に増加した東京・新宿の放射線量
 ※(10)にて作成
 図―9 東京・新宿の放射線量

 図に示す通り2011年3月15日に放射線量の上昇がみられます。福島第一から新宿に放射能がうつって来たようです。以下に南相馬、いわき市平の放射線量を示します。
3月15日と21日にピークがある福島県いわき市の放射線量
 ※(5)を集計
 図―10 南相馬・いわき市平の放射線量

 図に示す通り3月15日にはいわき市平でも放射線量が上げっています。一方で反対側(北側)にある南相馬では上がっていません。福島第一から漏れた放射線は南側のいわき市を通り東京・新宿に行きましたが南相馬には行きません。逆に言えば北側の南相馬にうつった放射能は東京に移ることはありません。
 3月22日14時には東京が汚染されていない画像を放送しました。
3月21日14時には汚染されていない東京
 ※1 NHKの3月17日21時台の番組をキャプチャー
 ※2 凡例は別のシーン-からもってきています。
 図―11 3月21日14時には東京が汚染されていないとするNHK

 そして3月22日午前0時は汚染されたとしています。
3月22日午前0時は汚染されていた東京
 ※1 NHKの3月17日21時台の番組をキャプチャー
 ※2 凡例は別のシーン-からもってきています。
 図―12 3月22日22時には東京が汚染されてたとするNHK
 
 この汚染は3月18日~20日の3間で放出された放射能によるものとしています。以下に図―1の3月18日~20日の拡大と、南相馬、いわき市平の放射線量を示します。
福島第一からの放出量に同期している南相馬の放射線量
 ※ NHKの3月17日21時台の番組および(5)にて作成
 図―13 NHK主張する放射能放出の南相馬・いわき市平の放射線量 

 図に示す様にNHKが東京を汚染したとする放射能は東京側(南)のいわき市平でなく反対側(北)の南相馬に移っています。東京にはうつる事はありません。
 ただし図―9に示すように東京(新宿)の放射線量は3月21日から22日かけて上昇しています。これがどこから来たは二つの可能性を(=^・^=)は見出しました。以下に2011年3月15日の福島県福島市の降水量と放射線量を示します。
雨と共に増大し福島県福島市の放射線量
 ※1 放射線量は(5)による。
 ※2 降水量は(11)による。
 図―14 2011年3月15日の福島県福島市の放射線量と降水量

 図に示す通り雨が降り出し、放射線量が増大しています。空気中に放射能ただよっている時に雨が降ると、雨と一緒に放射能も舞い降り地上の放射線量をあげます。以下に東京の降水量を示します。
事故後は3月21日に初めて雨が降った東京
 ※(5)にて作成
 図―15 2011年3月11日から31日の東京の降水量

 図に示す通り3月21日から雨が降っています。これで空気に中の放射能が地上に落下し放射線量をあげた可能性があります。図-10に示す様に3月22日にいわき市平で放射線量が上がっています。どこからか放射能がうつって来たとおもいます。これがさらに東京に流れた可能性があります。しかも雨なので急に上昇です。
 どちらにしても東京を汚染したのたNHKが注水量を絞り込んだ為に漏れてしまった放射能によるものではありません。それをNHKは原子炉への注水量を絞った為に福島第一は3月18~20日に放射能漏れを起こし、東京を汚染したと放送しました。とんだ「嘘」放送です。
 

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 東京電力柏崎刈羽原子力発電所は2007年の中越沖地震では、柏崎刈羽原子力発電所は火災(12)や放射能漏れ事故(13)をお越し、新潟県の海水浴客が半減する等(14)の被害を出しました。
2007年の柏崎刈羽原発火災映像を放送したBSN
 ※(15)を転載
 図-16 煙もくもく柏崎刈羽原子力発電所

 しかも東京電力は新潟には電気を供給しておらず(17)、柏崎刈羽が再稼働しても新潟の電気料金や安定供給には寄与しません。(=^・^=)がみるなり柏崎刈羽原子力発電所が再稼働しても新潟全体ではリスクは負いますが、メリットは多額の「電源立地地域対策交付金」が入る柏崎市や刈羽村以外(18)にはありません。。(=^・^=)がみるなり柏崎刈羽原子力発電所が再稼働しても新潟全体ではリスクは負いますが、メリットは多額の「電源立地地域対策交付金」が入る柏崎市や刈羽村以外(18)にはありません。そのため新潟全体ではあまり評判がよくないないようです。昨年(2016年)の知事選挙では柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に慎重な候補が当選しました(18)。それでもNHKは過去に何度も柏崎刈羽原発の再稼働を喧伝する「嘘」放送を流しています(19)。今回、取り上げた番組では柏崎刈羽原発の所長の
「全て蒸発していると見るべきです」
との発言を紹介し、柏崎刈羽は冷静な判断をしていたかのうような放送を流していましした。
柏崎刈羽原発の所長の「全て蒸発していると見るべきです」との発言報じるNHK
 ※NHKの3月17日21時台の番組をキャプチャー
 図―17 柏崎刈羽原発の所長の「全て蒸発していると見るべきです」との発言報じるNHK

 NHKは嘘放送を繰り返しています(19)(20)。国民の知る権利(21)など担保しません。これでは福島の皆様は不安だと思います。
 福島県が力を入れてる農畜産物に牛肉があります(22)。福島の牛肉は良質です(23)。福島県は福島産牛肉は「安全」だと主張しています(24)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産牛肉はありません。
他県産はあっても福島産牛肉が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(25)を引用
 図―18 福島産牛肉が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県いわき市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)【120524】東北地方太平洋沖地震の影響による福島第一原子力発電所の事故に伴う大気および海洋への放射性物質の放出量の推定について|TEPCOニュース|東京電力
(2)福島の最悪シナリオ
(3)福島第一原子力発電所事故の経緯 - Wikipedia
(4)原子炉圧力|原子力|東京電力
(5)平成22・23・24年度 県内7方部環境放射能測定結果 - 福島県ホームページ
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)「安全なのに売れない」~福島“風評被害“はいま~ - NHK クローズアップ現代+
(10)環境放射線測定結果 - 大気中の放射線量/1日単位の測定結果(新宿)
(11)気象庁|過去の気象データ検索
(12)柏崎刈羽原子力発電所 - Wikipedia
(13)柏崎刈羽原子力発電所6号機の放射性物質の漏えいについて|TEPCOニュース|東京電力
(14)[PDF]PDF形式 858 キロバイト - 新潟県
(15)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい東電原発(3月1週)―柏崎刈羽・安全審査の申請書を再提出―
(16)【経済インサイド】電力自由化、仁義なき戦い 東京電力が東北電力エリアの新潟に進出!? 柏崎刈羽原発再稼働の切り札か?(1/4ページ) - 産経ニュース
(17)停止原発 交付金を大幅削減へ 柏崎刈羽、2020年度にも10億超減|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア
(18)めげ猫「タマ」の日記 NHKの嘘放送、柏崎刈羽では働く人が減っている
(19)めげ猫「タマ」の日記 NHKの嘘放送、柏崎刈羽では働く人が減っている
(20)めげ猫「タマ」の日記 NHKの嘘発信、「放射性物質は検出されていない」
(21)NHK受信料「合憲」=テレビ設置時から義務-「知る権利を充足」最高裁が初判断:時事ドットコム
(22)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(23)福島県ブランド牛肉 - 福島県 - 福島県ホームページ
(24)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(25)平尼子店 - 新鮮安い食品スーパーマルト
スポンサーサイト
  1. 2018/03/19(月) 19:42:23|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<5年半・同級生無しの中学卒業、福島・川内村 | ホーム | 放射能が舞い散る福島(2017)>>

コメント

NHKは、すっかり「大本営発表」の先祖返りをしてしまったみたいですね。
チェルノブイリの事故を追った
七沢潔さんの「原発事故を問う」岩波新書を読んだとき、NHKの人って、こんなに凄いんだ~~~!!と、思ったことが有ります。
能力の高い人も居るのに、ザンネン!な大本営発表のNHKになってしまい、とても残念です。

  1. 2018/03/27(火) 11:19:22 |
  2. URL |
  3. あんこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2470-0c6577d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)