FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

避難指示解除の楢葉町の明日、ママがいない

福島県の発表(1)を集計すると福島県楢葉町の赤ちゃん誕生数は
  避難指示解除の事故5年目(2015年3月から16年2月)60人
  事故7年目(2017年3月から18年2月)       39人
で、避難指示が解除されて2年で35%減ってっています。お母さんになるべき若い女性は楢葉町との決別を決めているようです。楢葉町は明日、ママがいません。
 楢葉町は福島県の沿岸部(浜通り)に立地する町で、町内には福島第二原発が立地し、直ぐ北側(概ね20km以下)には福島第一原発があり、原子力施設が多く立地する町です。原発事故によって全町が避難しました(2)。
事故から7年以上を経て汚染されている福島
 ※1(3)のデータを元に(4)に示す手法で3月11日に換算
 ※2 避難地域は(5)による。
 図―1 福島県楢葉町

 図に示す通り国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(6)を超えています。事故から7年が経ちましたが楢葉町は汚染されたままです。同町では高濃度の全ベータに汚染された「物体」がいくつも見つかったり(7)、1キログラム当たり30ベクレルのストロンチウム90に汚染されたクロダイも見つかっています(8)(9)。それでも「安全」とされ安倍出戻り内閣は2015年9月に避難指示が解除しました(5)。
2015年9月から徐々には増えている楢葉町在住楢葉町民
 ※(10)にて集計
 図―2 楢葉町在住楢葉町町民

 徐々に増えています。ただし、この中には帰還者だけでなく新しく楢葉町に移り住んだ方も含まれます。以下に楢葉町の転入者数の推移を示します。
2015年9月から急に増えた楢葉町への転入者
 ※(1)にて作成
 図―3 楢葉町在住楢葉町町民の転入者数

 図に示し通り避難指示が解除された2015年9月から急増しています。2017年2月末までの累積では
  男性 604人
  女性 228人
  合計 832人
で、男性が圧倒的です。図―1に示す様に楢葉町から十数キロ北には福島第一原発があり、約8000人が働いています(11)。同町には福島第二原発があります(12)。福島第一では女性従業員は小数です(13)。原子力施設では男性が多く働いています。楢葉町の転入者に男性が大多数で、原子力施設が多くあると事を考慮すれば転入者の多くは原子力関係者です。楢葉町には原子力関係者が集まりつつあります。
 以下に楢葉町在集者の年齢分布を示します。
25~29歳が合計で947人の楢葉町在住楢葉町民
 ※(10)にて作成
 図―4 楢葉町町民の町内居住者の年齢分布

 大学や大学院を出て就職し働き出すのは遅い人では20代前半かとおもいます。定年制をとっている多くの企業は60歳定年です(14)。25-59歳の方が働く年代でしょうか?この方達を合計すると947人で、避難指示解除以降の転居者と同じ人数になっています。引っ越しは入学・就職・転勤等に伴うことが多いと思います(15)。楢葉町には義務教育の小中学校しかなく(2)、入学が転入の理由ではありません。楢葉町への転入者は概ね就職や転勤によるものです。年齢も25~59歳と推定されます。避難指示から2年半が経過しており、転入された方の中には離職や転勤で楢葉町をさったかたもいると思われます。それでも楢葉町在住者のうち年齢も25~59歳方の多くは新規の転入者で占められていると推定できます。女性の出産年齢は25~34歳がピークです(16)。それから20年程度を子育てにかかるとすると25~54歳程度が子育て世代です。この世代に女性がすくなとは子どものいない方が多い事になります。
 以下に楢葉町の転出者の推移を示します。
2016年以降に増えた楢葉町からの転出者数
 ※(1)を集計
 図―5 楢葉町に転出者数

 図に示しように避難指示が解除された後で増えています。楢葉町の避難指示が解除されたことで、楢葉町民は町に戻るか避難先に帰化するか選択を迫られたと思います。さらには今月(2018年3月)で、避難にともなう賠償(17)や避難先での住宅の無償提供(18)が終わります。楢葉町町外で暮らしている楢葉町民が楢葉町民でいるメリットが大幅に減ります。
 こうした中で、若い女性の楢葉町離れは進んでいるようです。以下に楢葉町の各年2月から翌年1月までの1年間の赤ちゃん誕生数を示します。
事故6年目、7年目と赤ちゃんが減った福島県楢葉町
 ※(1)を集計
 図―6 楢葉町の赤ちゃん誕生数

 図に示す様に避難指示が解除された2015年以降に急に減っています。数値は
  避難指示解除の事故5年目(2015年3月から16年2月)60人
  事故7年目(2017年3月から18年2月)       39人
で、避難指示が解除されて2年で35%減ってっています。お母さんになるべき若い女性は楢葉町との決別を決めているようです。楢葉町は明日、ママがいません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島県楢葉町から避難さている若い女性の皆様の避難先への定住が進んでいるようです。福島の女性はお隣の茨城や宮城に比べても大変に綺麗です。
 福島県楢葉町の綺麗な女性
 ※(19)をキャプチャ-
 図―7 福島県楢葉町の綺麗な女性
 
 避難先でも歓迎されます。敢て放射能の不安がある楢葉町に戻る必要はありません。そして放射能が不安なのは楢葉町の女性ではないようです(20)。
 福島県郡山市の全量・全袋検査が約125万件になりました。福島県最大です(21)。同市産のお米はあさか舞といっておいしいお米だそうです(22)。「安全」なので事故があった2011年産米ですら学校給食につかわれ、子供達に強制的に食べさせました(23)。でも、福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(24)を引用
 図―8 福島産米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県郡山市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島県の推計人口(平成30年3月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(2)楢葉町 - Wikipedia
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(5)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(7)めげ猫「タマ」の日記 福島・楢葉町から高濃度の汚染が疑われる物体が見つかる。8個目
(8)2017年7月13日魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域> 2016年度 第4四半期採取分(PDF 756KB)
(9)めげ猫「タマ」の日記 福島産クロダイから30(Bq/kg)のストロンチウム90
(10)楢葉町内居住者数について|楢葉町公式ホームページ
(11)福島第一原子力発電所作業者の被ばく線量の評価状況について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(12)福島第二原子力発電所 - Wikipedia
(13)「あのとき、おなかに子供がいました」福島第一原発の女性オペレーターは、5年後も現場にいた。
(14)79%の会社は「60歳」が定年、「65歳」定年は16%だけ - シニアガイド
(15)引っ越しの際は、住民票の異動を忘れずに行ってください | 静岡県富士市
(16)平成28年(2016)人口動態統計(確定数)の概況|厚生労働省
(17)<原発事故>東電賠償迫る期限 家賃・慰謝料来年3月終了、問われる被災者支援 | 河北新報オンラインニュース
(18)東日本大震災:町内居住、今春5割に 仮設住宅無償提供終了で 楢葉町 毎日新聞
(19)ローカルTime FNN被災地発...
(20)放射性物質に不安、66%「感じる」 福島県民世論調査:朝日新聞デジタル
(21)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(22)郡山の味自慢「あさか舞」/郡山市
(23)JA郡山市|事業PR
(24)イトーヨーカドー 郡山店
スポンサーサイト
  1. 2018/03/28(水) 19:46:15|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月4週)―茨城産カナガシラからセシウム、福島県検査の福島産は387件連続ND― | ホーム | 福島産カレイ復活(2017年2月)、要注意>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2478-517bdff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)