FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

学校再開も帰還が進まない福島県葛尾村

 今年4月に学校が再開した福島県葛尾村(1)の帰還者数を見ると
  対象 1,363人中帰還239人(17.5%)
で(2)、帰還は進んでいません。学校や幼稚園が再開れた時には
「子どもたちの元気な姿が、村の復興を後押しする。」
等と報じられたのですが(3)、学校再開も効果が無かったようです。
 福島県葛尾村は福島県東部ある山村です。原発事故により全村が避難しました。
事故から7年以上を経て汚染されたままの福島
 ※1(5)のデータを元に(6)に示す方法で5月1日に換算
 ※2 避難区域は(7)による。
 図―1 福島県葛尾村と飯舘村

 図に示す様に全域が国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(8)を超えています。事故から7年以上が経ちましたが福島県葛尾村は汚染されたままです。
 以下に福島県葛尾村の赤ちゃん誕生数を示します。
事故後に女の子が多く生まれるようになった福島県葛尾村
 ※(9)を集計
 図―2 葛尾村の赤ちゃん誕生数(各年度)

 図に示しように事故後に女の子が多く生まれるようになりました。2012年度以降を集計すると
  男の子 24人
  女の子 45人
で女の子が多く生まれています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら統計的に差がるとされる5%を下回る(10)1.1%でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果(葛尾村)
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(11)による。
有意差検定表(葛尾村)

 2011年に福島に設定された避難区域には警戒区域と計画的避難区域があります。警戒区域は福島第一原発から20km圏内の区域で、事故翌日の2011年3月12日に設定されました。計画的避難区域はその後に放射線量が高い事が分かり設定された避難区域で、設定されたのは2011年4月22日です。計画的避難区域はいわば逃げ遅れた避難区域です。この避難区域は葛尾村の他に飯舘村、浪江町、川俣町、南相馬市に設定されましたが、ほほ全域が計画的避難区域になったのは葛尾村と飯舘村だけです(7)。同様に飯舘村の2012年4月以降の赤ちゃん誕生数を福島県の発表から集計すると
  男の子 139人
  女の子 179人
で女の子が多く生まれています。ほぼ全域が計画的避難区域になった2村(葛尾村と飯舘村)を合計すると
  男の子 181人
  女の子 249人
です。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.1%でした。以下に計算結果を示します。

 表―2 偶然に起こる確率の計算結果(葛尾村・飯舘村)
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(11)による。 
有意差検定表(飯舘・葛尾村合計)

 普通は男の子が多く生まれるので異常な事態です(12)。男の子でも女の子でも生まれて来ればと多くの方は考えると思います。まして、福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
安倍出戻り総理にプレゼンする葛尾村の綺麗な女性
 ※(13)をキャプチャー
 図―3 安倍出戻り総理に説明を行う葛尾村の綺麗な女性

でも喜んでばかりいられないようです。放射線影響研究所は広島や長崎で遺伝的影響が生じなかったことの根拠の一つに出生性比(生まれて来る赤ちゃんの男女の割合)に異常がなかったことをあげています(12)。でも葛尾村等の福島の計画的雛区域では違います。それでも安倍出戻り内閣は「安全」だとして2016年6月12日に避難指示を解除しました(4)(7)。
 でも住民は不安なようです(14)。なかなか帰還が進みません。そんななかことい4月にこども園や学校が再開あれました(1)。これについて福島のローカルTV局・FTVは
「子供の元気な姿が復興の後押し」
と報じていました。
「子供の元気な姿が復興の後押し」と報じる福島のローカルTV(FTV)
 ※(3)をキャプチャー
 図-4 「子供の元気な姿が復興の後押し」と報じる福島のローカルTV(FTV)
 
 幼稚園や学校の再開は帰還した子供達に保育や教育の場を提供することでなく、子供達を村に呼び込み復興の後押しを狙ったもののようです。でも帰還は進んでいません。
帰還が進まない福島県葛尾村
 ※(14)(過去分を含む)を集計
 図―5 福島県葛尾村村民の居住状況

 図に示す通り学校再開後に帰還が加速した様子はありません。数値を記載すると
 対象 1,363人中帰還239人(17.5%)
で(2)、帰還は進んでいません。
 持家や災害公営住宅などの恒久的な住居への居住者が大部分であろうその他が845人で最大です。その他に分類される住居に住まわれる方は村に戻ることはないと思います。学校再開も葛尾村の復興の後押しにはなってないようです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 学校再開も福島県葛尾村の帰還は進みません。住民の不安だと思います。でも、不安なのは普通に福島に暮らしているかたも同じだと思います。
 福島を代表する野菜にアスパラガスがあります。5月くらいから本格シーズンです(15)。先日、スーパーに買い物に行ったら福島産アスパラガスが並んでいて大変に不愉快になりました。とにかく、福島はアスパラガスのシーズンです。福島のアスパラガスは太くてやわらかな歯ごたえだそうです(16)。福島県は福島産アスパラガスは「安全」だと主張しています(17)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産アスパラガスはありません。
他県産はあっても福島産アスパラガスが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(18)を引用
 図―6 福島産アスパラガスが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)広報かつらお 平成30年度 - 葛尾村ホームページ中の•広報かつらお5月号 [PDFファイル/17.8MB]
(2)葛尾村からの避難者の状況(5月1日現在) - 葛尾村ホームページ
(3)ローカルTime FNN被災地発...
(4)葛尾村 - Wikipedia
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(7)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)福島県の推計人口(平成30年4月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(10)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(11)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(12)出生性比
(13)平成30年3月10日 福島県訪問 | 平成30年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ中の関連動画
(14)震災5年半:来春学校再開の福島・葛尾村 子供の声戻るか - 毎日新聞
(15)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(16)特産品情報 | 地区別くらし情報 安達地区 | JAふくしま未来
(17)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(18)イトーヨーカドー 福島店
スポンサーサイト



  1. 2018/05/07(月) 19:43:17|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島を避ける | ホーム | 新潟県知事選・新潟商工会議所の与党候補支援は自殺行為>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2520-610f1926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)