FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島産果物のPR始まる。食べて大丈夫?

 福島産果物のキャンペーンクルーのミスピーチの皆さん(1)が6月1日に、福島県産桃のカタログ販売のPRをしました(2)。福島はまもなく果物の本格シーズンです。ミスピーチの皆様は概ね福島の女性なので大変に綺麗です。彼女たちの呼びかけに答えたいのですが、(=^・^=)なりに調べると福島産果物は
 ・福島の中でも汚染がひどい場所で作られている。
 ・放射能が飛び交う場所で作られている。
 ・怪しげな検査で「安全」とされる。
 ・主要産地では葬式が増えているが、そうではない相馬・南相馬市では葬式は増えていない。
との特徴を見いだしました。
 福島はくだもの王国を自称しています(3)。福島産果物をキャンペーンクルーのミスピーチの皆さんがいます(1)。福島の女性はお隣の宮城や茨城の女性に比べても大変に綺麗です。ミスピーチの皆さんは概ね福島の方なので(4)、彼女たちも大変に綺麗です。
ミスピーチの皆さん
 ※(5)をキャプチャー
 図-1 ミスピーチの皆さん

 6月1日に、福島県産桃のカタログ販売のPRをしました(2)。福島はまもなく果物の本格シーズンです。彼女たちの呼びかけに答えたいのですが、本当にそれで良いか心配です。
福島県全域で作られているわけではありません。概ね福島盆地と呼ばれる(6)福島県北部の極狭い地域です。以下に示します。
事故から7年以上を経て汚染されやままの福島
 ※1(7)のデータを元に(8)に示す方法で3月11日に換算
 ※2 避難区域は(9)による。
 ※3 福島盆地の範囲は(10)による。
 図―2 福島盆地と相馬・南相馬市

 図に示す通り事故から7年が経過しましたが国が除染が必要だとする毎時0.23マイクrシーベルトを超えた(11)地域が広がっています。
 福島盆地内にはフルーツラインやピーチラインと呼ばれる通りがあり果物の販売店や果物狩りができる観光果樹園が数多く並んでいます(12)。以下に示します。
放射能が舞い散る福島盆地
 ※1 セシウム降下量(2016年11月から1年間)は(13)に示す元データおよび手法で計算
 ※2 ピーチラインフルーツラインは(14)による。
 ※3 福島盆地は(10)による。
 図―3 セシウム降下量とフルーツライン・ピーチライン 
 
 図に示すように福島の果物の主産地では放射能が舞い散っています。確り検査してほしいものです。
 以下に福島県産モモの検査件数を示します。
事故後に比べ大幅に減った福島盆地産モモの検査結果
 ※1(15)を集計
 ※2 福島盆地は福島市、伊達市、桑折町、国見町に広がる(7)
 図―4 福島県産モモの検査件数

 図に示す様に全体としてはそれ程には減っていませんが、モモの主産地で汚染が酷い福島盆地のモモの検査件数は大幅に減っています。福島県は汚染の酷い主産地の検査を避けてます。

 福島盆地ではブドウもとれます(6)。以下に2013年以降の福島産ブドウの検査結果を示します。
福島県外検査ではそこそこ見つかっても福島県の検査ではあまり見つらない福島産ブドウのセシウム
 ※1(15)を集計
 ※2 日付けは検査日
 ※3 凡例は検査先
 図―5 福島産ブドウの検査結果

 図に示す通り福島県外の検査ではそこそこセシウムが見つかっていますが、福島県外の検査では殆ど見つかっていません。福島産ブドウの2013年以降の検査数、セシウム発見数を加数えると
 福島県外検査 検査  7件中3件でセシウム発見
 福島県検査  検査228件中4件でセシウム発見
です。このような事が偶然に起こる確率を計算したら10億分の1でした(16)。同じ福島産ブドウを検査しているのに検査結果が合いません。
 福島産農水産物の出荷前検査は厚生労働省の発表(15)を見ると、総べたが福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(17)が実施しています。中立性に疑問があります。福島産怪しげな検査で「安全」とされています。
 福島盆地の最大の市である福島市の一世帯あたりの桃の購入額は日本一だそうです(18)。これでは福島盆地の皆様の健康が心配です。
福島県のひらた中央病院が福島産米や野菜を避けるか、避けないかのアンケート結果を発表しています(7)。以下に結果を示します。
表ー1 福島産米や野菜を許容すかのアンケート結果
 ※ (19)を集計
福島産許容する割合が多い郡山市、少ない相馬・南相馬市

 表に示す通り、地域によって大きな差があります。相馬市・南相馬市では福島産米と野菜を共に許容する方は7%です。果物の調査結果はありませんが同様に避けていると想像できます。そこで、果物産地の福島盆地が広がる2市2町(福島市、伊達市、桑折町、国見町)(7)と相馬・南相馬市の葬式数を比較してみました。
 以下に福島盆地が広がる市と町の各年1-4月の葬式(死者数)を示します。
事故前比べ17%増えた福島盆地の葬式
 ※1(20)を集計
 ※2 各年1-4月の4ヶ月間
 ※2 震災犠牲者は(21)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―6 福島盆地が広がる2市2町の各年1-4月の葬式(死者)数

 福島盆地が広がる2市2町の葬式(死者)数は
 事故前(2010年1月~4月)1,417人
 今年(2018年1月~4月) 1,651人
で17%増えていました。このような事が起こる確率を計算したら4万分の1でした。

 表―2 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(22)による。
有意差検定表

 以下に相馬・南相馬市の各年1-4月の葬式(死者数)を示します。
事故後も相馬市・南相馬市では増えていない葬式

 ※1(20)を集計
 ※2 各年1-4月の4ヶ月間
 ※2 震災犠牲者は(21)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―6 相馬・南相馬市の各年1-4月の葬式(死者)数

 相馬・南相馬市の葬式(死者)数は
 事故前(2010年1月~4月)478人
 今年(2018年1月~4月) 475人
で少し減っていますが、統計的な差があるとまではいえません。
 今年も福島の綺麗な女性が福島産果物のPRを始めました(2)。だたし、福島産果物には
 ・福島の中でも汚染がひどい場所で作られている。
 ・放射能が飛び交う場所で作られている。
 ・怪しげな検査で「安全」とされる。
 ・主要産地では葬式が増えているが、そうではない相馬・南相馬市では葬式は増えていない。
との特徴があります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島の皆様が福島産をどう見ているか興味があります。
 福島県を代表する農地畜産物に牛肉があります(23)。同市の肉牛飼育頭数は4,405頭で福島県3位です(24)。同市産牛肉はおいしいそうです(25)。福島県は福島産牛肉は「安全」だと主張しています(26)。でも、福島県須賀川市のスーパーのチラシには福島産牛肉はありません。
他県産はあっても福島産牛肉が無い福島県須賀川市のスーパーのチラシ
 ※(27)を引用
 図―7 福島産牛肉が無い福島県須賀川市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県須賀川市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)ミスピーチキャンペーンクルー – くだもの消費拡大委員会
(2)カタログ販売を開始 県産桃ミスピーチがPR | 県内ニュース | 福島民報
(3)くだもの消費拡大委員会 – 福島県くだもの消費拡大委員会
(4)[ホッとニュース]56代ミスピーチ10人決まる 福島
(5)ローカルTime FNN被災地発...
(6)くだものづくりがさかんな福島盆地
(7)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(8)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(9)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(10)福島盆地 - Wikipedia
(11)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(12)くだもの – 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
(13)めげ猫「タマ」の日記 放射能が舞い散る福島(2017)
(14)くだもの狩り情報
(15)報道発表資料 |厚生労働省
(16)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(11月2週)―福島産米の測定誤差は1キログラム当たり70ベクレル以上―
(17)農林水産部 - 福島県ホームページ
(18)PDF]福島市の「納豆」「もも」「ラー メン」の消費額は日本一
(19)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(20)福島県の推計人口(平成30年5月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(21)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(週1回更新) - 福島県ホームページ
(22)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(23)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(24)届出情報の統計-目的別索引-牛の個体識別情報検索サービス⇒【平成29年10月31日公表】  (毎年10月31日頃更新)⇒飼養頭数 牛の種別 市区町村別 平成29年9月末時点 ⇒Excelの福島県をホルスタイン種、ジャージー種、乳用種を除き集計
(25)和洋福島牧場
(26)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(27)チラシ情報 | スーパーマーケットいちい
スポンサーサイト



  1. 2018/06/03(日) 19:43:11|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月も効果が見えない福島第一凍土壁 | ホーム | NHKの嘘発信、福島産魚は高値、実は安値>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2543-60ff60d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)