FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

新潟の皆様へ、北原里英さんの為に選挙に行って下さい。

 まもなく新潟県知事選挙です(1)。(=^・^=)は新潟のみなさんには、友達の為、みんなの為、自分の為、なにより北原里英さんの為に選挙に行って欲しいと思います。政治家は投票に行った人の事しか考えません。そして棄権がいつもトップです。これでは県民全体の為の政治から、政治家のお友達の為の政治になり、新潟は崩壊すると思います。もっと重要な事はこの選挙は知事選のPRキャラクターをしている北原里英さん(1)の人気投票でもあります。投票率が上がれば彼女の評価が上がり、今後の活躍の場が増えると思います。(=^・^=)は北原里英さんのファンです。
 6月10日に新潟県知事選挙があります(1)。 以下に前回(2016年12月14日投票の第47回)の得票率示します。
棄権がダントツの新潟県知事選
 ※(2)を集計
 図―1 2016年新潟県知事選挙の得票率

 図に示すとおり棄権がダントツのトップです。当選した米山前知事の得票率は3割に達しません。3割以下の支持で、知事になれます。これでは3割のことしか考えない政治家が知事になりえます。選挙応援で中央の大物(政党の幹事長や政調会長)が新潟に行きましたが、街頭で有権者に指示を呼びかけるのでなく、もっぱら業界周りに徹したようです(3)。当然ながら県民全体の為の県政でなく、一部の「お友達」の県政になり得ます。お友達の為なら、地元住民に電気を供給していない原発(4)の再稼働もあるかもしれません。これを防止する最良の方策は一人でも多く方が、選挙に行くことだと思います。
 (=^・^=)にとってもっと重要な事は、今回の新潟県知事選挙のPRキャラクターを北原里英さん努めていることです(1)。
 新潟の読者の話では、彼女のテレビCMが新潟で流れているそうです。
北原里英さんが登場する新潟県知事選挙の広報のCM
 ※(1)を引用
 図―2 北原里英さんのCM

 今回の知事選は彼女の人気投票でもあります。投票率が上がれば上がるほど彼女の評価が上がり、今後の活動がしやすくなると思います。
 (=^・^=)は北原里英さんのファンです。新潟の皆さん。彼女の為に知事選に行ってください。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 誰にいれればいいかといえば、(=^・^=)の考えを記載します。今回の選挙は3人が立候補していますが、実質はおばちゃんとおじさんの対決のようです(5)。選挙公報(6)を見るとおじさんもおばさんも似たような内容ですが、よく読むと微妙な違いがあります。おばさんとおじさんの政治的なスタンスの違いが出てる気がします。選挙公報を読んでより自分の考えに近い方を選ぶのも一つの方法だと思います。加えて言うなら、福島県を代表するくだものにモモがあります(7)。福島県福島市の2014年のモモの消費量は一人当たり17.11個でダントツの全国一でした(8)。それが2016年には6.61個(9)と大幅に減り、全国一から陥落しました。福島ではモモが食べれなくなったようです。おじさんの公約によれば新潟が誇れるものとして
「コシヒカリ、新之助などの米、越後姫やルレクチェなどの果物、枝豆」
があるそうです(10)。新潟で福島と同じ事があれば福島のモモと同じように食べれなくなると思います。そして福島のモモの消費は今年も回復できないと思います。
 福島県福島市で観光果樹園が開園しました。福島のくだものシーズン到来です(11)。福島の果物はおいしいそうです(12)。福島市は同市産くだものは「安全」だと主張しています(13)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産果物はありません。
他県産はあっても福島産くだものが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(14)を引用
 図―3 福島産果物が無い福島県のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

本記事、選挙運動とも取られるかもしれないのでメールアドを付記します。
aityan2000@excite.co.jp

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)知事選610│6月10日は、新潟県知事選挙
(2)2016年新潟県知事選挙 - Wikipedia
(3)【新潟県知事選】新潟知事選テコ入れ 二階俊博幹事長が新潟入り 総裁選視野「まるで派の選挙」(1/2ページ) - 産経ニュース
(4)【経済インサイド】電力自由化、仁義なき戦い 東京電力が東北電力エリアの新潟に進出!? 柏崎刈羽原発再稼働の切り札か?(1/4ページ) - 産経ニュース
(5)新潟知事選:立候補は3人 花角氏と池田氏の一騎打ちに
(6)(1)中の5月25日【県知事選挙】選挙公報を掲載しました。
(7)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(8)桃の消費量の都道府県ランキング(平成26年) | 地域の入れ物
(9)桃の消費量の都道府県ランキング(平成28年) | 地域の入れ物
(10)新潟ブランドの発掘・育成・セールスに全力 | 政策 | 花角英世(はなずみひでよ)|公式サイト|元新潟県副知事、前海上保安庁次長
(11)トピックス | JAふくしま未来
(12)くだもの王国福島県のフルーツライン♪新鮮な果物狩りを満喫しよう! | icotto[イコット]
(13)フルーツを食す《福島のサクランボ・桃・梨・ブドウ・りんご》 - 福島市
(14)チラシ情報 | スーパーマーケットいちい
スポンサーサイト



  1. 2018/06/07(木) 19:43:58|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島産カレイ復活(2018年1-4月)、要注意 | ホーム | 事故後、最大の価格差、4月の福島産アスパラガス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2547-892624da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)