FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

楢葉町、町内居住率5割に届かず。Jヴィレッジ再開も効果無し

 昨日(7月28日)にJヴィレッジ再開した福島県楢葉町(1)(2)の町内在住者は
  対象 7,007人中 3,367人(48.05%)
で(4)、住宅支援打ち切りなどの強引な事を実施し達成するとした5割(5)が実現できていません。Jヴィレッジ再開も効果が無いようです。
 楢葉町は福島県の沿岸部(浜通り)に立地する町で、町内には福島第二原発が立地し、直ぐ北側(概ね20km以下)には福島第一原発があり、原子力施設が多く立地する町で す。原発事故によって全町が避難しました(6)。
避難指示解除も汚染されている楢葉町
 ※1(7)のデータを元に(8)に示す手法で7月1日に換算
 ※2 避難地域は(9)による。
 図―1 福島県楢葉町

 図に示す通り国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(10)を超えています。事故から7年が経ちましたが楢葉町は汚染されたままです。同町では高濃度の全ベータに汚染された「物体」がいくつも見つかったり(11)、1キログラム当たり30ベクレルのストロンチウム90に汚染されたクロダイも見つかっています(12)(113)。それでも「安全」とされ安倍出戻り内閣は2015年9月に避難指示が解除しました(6)(9)。 さらには避難指示から2年半後の2018年3月末にはそれまで実施していた避難先での住宅の無償提供を打ち切りました(6)。これで楢葉町町民は自分で避難先に住宅を手配するか、楢葉町に戻るかの選択を迫られることになりました。これについて楢葉町は今年1月16日に、今春にも町内の居住者が住民登録者数(約7100人)の半分を超えるとの推計を明らかにしました(14)。さらに昨日(7月28日)には同町南部と広野町にまたがって立地するJヴィレッジが再開し、式典が行われました。
Jヴィレッジ再開を報じる福島県の地方紙・福島民報
 ※(15)を集計
 図―2 Jヴィレッジ再開を報じる福島県の地方紙・福島民報

福島県知事は式典で
 「どんな困難も克服できるという希望の光を国内外に発信する拠点」
と挨拶したそうです(1)(2)。楢葉町はアメとムチで住民の帰還を図っているようです。知事の挨拶通り「希望の光」となり住民が戻るか興味あります。以下に楢葉町民の居住先別人数を示します。 
住民の半分以上は町外で暮らす楢葉町
 ※(3)を集計
 図-3 楢葉町町民の居住先

図に示すとおり半分などは帰還していません。
数値は見ると(4)
 対象 7,007人中 3,367人(48.05%)  
です。
 以下に楢葉町の転入者数を示します。
避難指示解除後に増えた楢葉町転入者数
 ※(16)で集計
 図―4 楢葉町転入者数

 図に示す様に避難指示が解除された2015年9月(6)以降に急に増えています。避難指示解除によって楢葉町内に住居を確保できれば誰もが楢葉町に住めるようになりました。同町の北には福島第一があり、同町には福島第二原発が位置します(6)。原子力の仕事は十分にあります。2015年9月から18年3月までの転入者を合計すると男性740人、女性274人、合計994人です。男性が極端に多くなっています。原子力の職場は男性が圧倒的です(17)。多くが原子力の仕事についたと思います。この方達も居住人数に入っています。6月中の転入者と町内在住者の増加人数をみると
 転入者 18人
 町内在住者の増加人数 24人
でほぼ同数になっています。楢葉町への住民の帰還がとまったようです。
 Jヴィレッジ再開しましたが「希望の光」となり楢葉町からの避難者を呼び戻すことはできていません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 Jヴィレッジ再開式典には、サッカー日本男子代表新監督の森保一(もりやすはじめ)氏も出席そうですが、福島出身のサッカー女子代表監督(18)が出席したとのニュースはありません。
 福島県郡山市で「おいしいふくしまいただきます!」キャンペーンが開かれました(19)。
「おいしいふくしまいただきます!」キャンペーンを告知するスーパーのチラシ
 ※(20)を引用
 図―5 「おいしいふくしまいただきます!」キャンペーンを告知するスーパーのチラシ

 でも、あまり効果ななかったようです。福島を代表する夏野菜にピーマンがあります(21)。今がシーズンです(22)。福島のピーマンは美味しいそうです(23)。福島県は福島産ピーマンは「安全」だと主張しています(24)。でも、当該スーパーのチラシには福島産ピーマンはありません。
他県産はあっても福島産ピーマンが無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(20)を引用
 図―6 福島産ピーマンが無い福島県郡山市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県郡山市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―

(1)新生Jヴィレッジ始動 全天候型、9月8日供用開始 | 県内ニュース | 福島民報
(2)「Jヴィレッジ」7年4カ月ぶり営業再開 サッカー聖地『第2章』:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(3)楢葉町内居住者数について|楢葉町公式ホームページ
(4)(3)中の「平成30年度⇒平成30年6月30日現在行政区別・年代別集計表(H30.6.30)  
(5)福島・楢葉、仮設住宅の無償提供終了へ 進む退去、不安拭えず 帰町か否か選択相半ば | 河北新報オンラインニュース
(6)楢葉町 - Wikipedia
(7)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(8)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(9)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(10)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(11)めげ猫「タマ」の日記 福島・楢葉町から高濃度の汚染が疑われる物体が見つかる。8個目
(12)2017年7月13日魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域> 2016年度 第4四半期採取分(PDF 756KB)
(13)めげ猫「タマ」の日記 福島産クロダイから30(Bq/kg)のストロンチウム90
(14)町内居住、今春5割に 仮設住宅無償提供終了で 楢葉 毎日新聞
(15)福島民報を7月29日に閲覧
(16)福島県の推計人口(平成30年7月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(17)あのとき、おなかに子供がいました」福島第一原発の女性オペレーターは、5年後も現場にいた。
(18)高倉麻子 - Wikipedia
(19)県産品の安全性PR スーパーでキャンペーン | 県内ニュース | 福島民報
(20)ヨークベニマル/お店ガイド
(21)夏 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(22)福島県の旬(出回り時期) 野菜編
(23)福島県JAたむら&田村市トップセールス/東京青果株式会社
(24)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中のやさい編 [PDFファイル/173KB]
スポンサーサイト



  1. 2018/07/29(日) 19:49:58|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018年上半期も若い女性が逃げて行く福島 | ホーム | Jヴィレッジ再開、復興に貢献できるの?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2601-505b0e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)