FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)―その8「事故の後、国は速やかな避難指示、避難完了には3ヶ月以上」

今年10月に改定された「放射線副読本」に、福島事故について
 「事故の後、国は速やかな避難指示や食品の出荷制限などの対応を行いました。」
と、記載してました(1)。でも、福島県飯舘村の避難が概ね完了したのは事故から3ヶ月以上後の2011年6月22日です(2)。
 福島原発事故によって、2種類の避難区域が設定さました。以下に示します。
事故から7年半が過ぎて汚染が日理がる福島
 ※1(3)の数値データを元に(4)に示す手法で10月1日時点に換算
 ※2 旧計画的避難区域は(5)による
 図-1 旧計画的避難区域と警戒区域

 図に示す様に、避難指示が出た区域のうち、飯舘村全域、川俣町の避難区域の全て、葛尾村の大分部が計画的避難区域になりました。以下に経緯を示します。なを、2011年と福島第一原発は省略します。
3月11日 全交流電源喪失(6)
3月12日 1号機が水素爆発(6)
3月12日 半径20km圏内を「警戒区域」指定(5)
3月14日 2号機は爆発
3月15日 大量の放射能漏れ(7)(8)
以下に福島第一からの放射能の漏れ量と飯舘村役場の放射線量を示します。
brg141008d.gif
 ※(9)を転載
 図―2 福島第一原発のセシウム放出率と飯舘村役場の放射線量

 この時、飯舘村は毎時20マイクロシーベルトの放射線量になりました。これを国が示した方法で(10)、年に換算すると約100ミリシーベルトになます。国の避難基準は年20ミリシーベルトですので(11)、5倍です。この時、計画的避難区域は汚染されまsたが、住民は汚染される前に「速やか」に避難できた訳ではありません。
4月22日 計画的避難区域指定(5)(12)
5月15日 計画的避難区域で区域で避難開始(13)
6月22日 飯舘村で概ね避難完了(2)
です。
 計画的避難区域についていえば、事故3日後には国が定める避難基準を超えて汚染されましたが、
 避難指示が出たのは事故から1ヶ月以上が過ぎた4月22日
 避難が始まったのが事故から2ヵ月以上が過ぎた5月15日
 飯舘村の避難が概ね完了したのが事故から3ヶ月以上が過ぎた6月22日
です。
 文部科学省は「放射線副読本」を作成しています。今年10月に4年8ヶ月ぶりに改定されました(1)(3)。
 そこに
「事故の後、国は速やかな避難指示や食品の出荷制限などの対応を行いました。」
との記述があるました(1)。改定前のこれに対応する記述は
「事故発生後、周辺地域の住民の安全や健康を確保するため、国は住民の避難を指示しました。」 
でした(13)。なお強調は(=^・^=)がいれました。改定前には無かった「速やかな」が書き加えれています。
「速やか」とは
「間をおかずに。すぐに。迅速に。」
との意味です(14)。
 住民に不安感を覚える前に「速やか」に避難できたわけでもありません。飯舘村の若い女性が2011年5月に開かれた東京電力の説明会で「将来結婚したとき、被ばくして子どもが産めなくなったら」と質問しました(15)。
brg130719b.gif
 ※(16)を転載
 図―3 「産めなくなったら・・」と質問する福島県飯館村の綺麗な女性

 身体に影響が出る前に「速やか」に避難できたかも、疑わしい状況です。
 第31回福島県「県民健康調査」検討委員会の資料によると(17)、放射線による遺伝的(次世代への)影響を心配について、福島の皆様のうち20.9%は「可能性は高い」、15.2%は 「可能性は非常に高い」で、合計で35.1%の方が、遺伝的影響の可能性を心配しています(17)。
 これについて、放射性影響研究所は広島・長崎では起こっていないとしています(18)。その根拠の一つ広島・長崎で生まれて来る赤ちゃんの男女比を5年に渡って調査したが、有意な差が無かったことをあげています(19)。そこで、避難区域が主に計画的避難区域であって1町2村(川俣町、飯舘村、葛尾村)の事故後5年間の赤ちゃんの誕生数を示します。
事故後は女の子が多く生まれた川俣町、飯舘村、葛尾村
 ※(20)を集計
 図―4 避難区域が主に計画的避難区域であって1町2村(川俣町、飯舘村、葛尾村)の事故後5年間(2011年3月から16年2月)の誕生数

 図に示す様に女の子が多く生まれています。合計すると
 ・男の子 266人
 ・女の子 369人
です。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.004%でした。通常は男の子が生まれるので(21)、異常な事態です。福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても綺麗です。でも、喜んでもいられないようです。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(22)による。
有意差検定表


 改定された放射線る副読本では(1)、避難について
「事故の後、国は速やかな避難指示や食品の出荷制限などの対応を行いました。」
と、改定前にはなかった「速やかな」文言が入りました。ただし、避難が概ね完了するのに事故から3ヶ月以上の時間がかかり、計画的避難区域は汚染されましたが、住民は汚染される前に「速やか」に避難できた訳でも、住民に不安感を覚える前に「速やか」に避難できた訳でもありません。主な避難区域が計画的避難区域であった1町2村では、事故後に男の子より女の子が生まれる事態が生じ、身体に影響が出る前に「速やか」に避難できたかも、疑わしい状況です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。改定された副読本(1)は改定前の副読本(13)(23)に比べても、デマがいっぱいあります。デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)にまとめています(24)。よかったら見て下さい。こんな副読本を出す安倍出戻り内閣では福島の皆様は不安だと思います。
 福島県伊達市の直売所では「新米まつり」が開かれました(25)。同市産米の全量全福利検査数が約10万件を超えました(26)。同市は人口約6万人の市(27)なので、市民が食べるには充分な量です。同市辺りのお米はお米本来の甘みが特徴だそうです(28)。福島県は福島産米は「安全」だと主張しています(29)。でも、福島県伊達市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県伊達市のスーパーのチラ
 ※(30)を引用
 図―5 福島産米が無い福島県伊達市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県伊達市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)放射線副読本(平成30年10月改訂):文部科学省
(2)飯舘村 - Wikipedia
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(5)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)福島第一原子力発電所事故の経緯 - Wikipedia
(7)asahi.com(朝日新聞社):3月15日の雨、放射性物質運ぶ 原発北西方向に「帯」 - 東日本大震災
(8)【120524】東北地方太平洋沖地震の影響による福島第一原子力発電所の事故に伴う大気および海洋への放射性物質の放出量の推定について|TEPCOニュース|東京電力
(9)めげ猫「タマ」の日記 SPEEDIは福島では役に立たず、運用を止めます―改良とゆう選択肢はないの?―
(10)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(11)年間20ミリシーベルトの基準について(PDF形式:1902KB) - 経済産業省
(12)東日本大震災への対応 -首相官邸ホームページ-
(13)放射線副読本(平成26年2月改訂):文部科学省
(14)速やかに(すみやかに)とは - 速やかにの読み方・活用形辞書 Weblio辞書
(15)みんゆうNet 原発災害・「復興」の影-【10】“放射線と向き合う” 固執すると別のリスクが高まる恐れも(福島民友ニュース)
(16)めげ猫「タマ」の日記 6月も女の子しか生まれない・福島県飯館村
(17)第31回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成30年6月18日)について - 福島県ホームページ中の 資料1   県民健康調査「基本調査」の実施状況について [PDFファイル/674KB]
(18)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 – 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(19)被爆者の子供における男女比(1948-1962年の調査) – 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(20)福島県の推計人口(平成30年9月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(21)出生性比
(22)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(23)めげ猫「タマ」の日記 正しい放射線副読本の意見募集について
(24)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)
(25)お知らせ | JAふくしま未来
(26)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(27)地区別住民基本台帳人口と世帯数 - 福島県伊達市ホームページ
(28)特産品情報 | 地区別くらし情報 伊達地区 | JAふくしま未来
(29)全量全袋検査に関するよくある質問 - 福島県ホームページ
(30)西友保原店 - 店舗詳細|SEIYU
スポンサーサイト



  1. 2018/10/22(月) 19:43:06|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島産ヒラメ完全復活(2018年1-9月)、要注意 | ホーム | デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)―その7「放射能は『大量放出』でなく『放出』」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2690-547e6c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)