東北中央道開通1年、福島を吸い上げる

0 0
 2017年11月4日に福島大笹生IC - 米沢北IC間が開通して1年になります。山形が福島を吸い上げています。
 東北中央自動車道は福島県相馬市と秋田県横手市を結ぶ自動車専用道として工事が進められています。このうち福島大笹生IC(福島県福島市) - 米沢北IC間(山形県米沢市)が2017年11月4日に開通しました。しかも、この区間は無料です。以下に示します。
事故から7年8ヶ月が過ぎて汚染されている福島
 ※1(2)のデータを(3)に示す方法で11月1日に換算
 ※2 旧避難地域は(4)による
 図―1 東北中央自動車道(福島大笹生IC - 南陽高畠IC間)

 図に示す様に福島市側が国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(5)を超えた地域が広がっていますが、米沢市側はそのような地はありません。汚染された福島市と汚染が少ない米沢市を結ぶ道路です。
 開通後の2018年4月20日には、米沢中央インターチェンジのそばに道の駅米沢が開業しました(6)。開業から169日目で100万人を突破しました。3割が福島県からだそうです(7)。すると30万人の方が福島から来た事になります。福島市の人口は約29万人なので(8)、それなりの方が福島から山形に行きました。道の駅は休息施設なので(9)、そこから各地の観光地に行くと思います。米沢市やその周辺には素晴らしい観光スポットがいっぱいあります(10)。ただし、福島の観光地と競合しそうです。福島市では、今、リンゴ狩りが楽しめますが(11)、米沢市でも楽しめます(12)。福島市の南隣の二本松市では、今、菊人形展が開かれています(13)。菊むすめ(14)はいないようですが、山形県南陽市でも菊まつりが行われています(15)。
 そして、福島側はパッとしないようです。飯坂温泉は福島市にある温泉で、福島駅から私鉄飯坂電車に乗り換え飯坂温泉駅まで主要時間20分程度と非常に交通の便が良い場所にあります(16)。これについて、福島県の地方紙・福島民友は
「飯坂温泉への来訪者数も増加傾向にあるようだ。旅館『祭屋湯左衛門』の柳沼公貴さんは『10月の山形県からの宿泊客は前年から20%増加した』と強調、観光協会の担当者は『飯坂に宿泊して米沢を観光する人もいる』と話した」
と報じていました(17)。ただ、この温泉は「福島の奥座敷」と呼ばれており(16)、概ね福島(多分、福島市内)多数であり、山形のお客さんはそれ程にはおおくないはずです。20%増えてもそれほどには多い数ではないはずです。米沢市や近郊にも温泉があります(18)。福島の温泉を止めて、そちらに行った方もいると思います。
 報道を見る限り、東北中央道の開通により、福島市側から米沢市側への移動は増えましたが、逆はあまりありません。交通網が整備されると、交通基盤の「口」に当たる市町村・地域に経済活動が集中し、「コップ」に当たる市町村・地域の経済活動が逆に衰える現象を指す「ストロー効果」なる言葉あります(19)。東北中央道は福島と言うコップから、観光客を吸い上げて米沢市やその近郊に運ぶ、ストローの役割を確りはたしています。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島復興のゴールは福島の皆さんが、事故前と同じ程度にまで「安心」な生活を取り戻すことだと思います。東北中央道の開通により、福島の皆さんは山形に行き易くなり少しは「安心」が増したかもしれません。でも、福島にいる時は不安なようです。 
 福島県では約13万頭の豚が飼育されているそうです(20)。福島ではそこそこ豚肉は生産されているようです。福島の豚肉はおいしいそうです(21)。福島県は福島産豚肉は「安全」だと主張しています(22)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産豚肉はありません。
他県産はあっても福島産豚肉が無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(23)を引用
 図―2 福島産豚肉が無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)東北中央自動車道 - Wikipedia
(2)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(3)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(4)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(5)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(6)道の駅米沢 - Wikipedia
(7)山形)道の駅米沢、来場者100万人に:朝日新聞デジタル
(8)福島市の推計人口(平成30年) - 福島市
(9)道路:道の相談室:休憩施設「道の駅」 - 国土交通省
(10)米沢観光コンベンション協会|山形県米沢市の観光情報サイト
(11)りんご狩り2018 – 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
(12)米沢の味ABCのAのApple(りんご)!狩り☆:米沢観光コンベンション協会|山形県米沢市の観光情報サイト
(13)平成30年(2018年)第64回「二本松の菊人形」のご案内 | 二本松市公式ウェブサイト
(14)菊むすめ(@kikumusume2017)さん | Twitter
(15)南陽の菊まつり - 南陽市ホームページ
(16)飯坂温泉 - Wikipedia
(17)「東北中央道」開通から1年 『米沢』好調...手探りの『福島』:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(18)たとえば赤湯温泉 (山形県) - Wikipedia
(19)ストロー効果 - Wikipedia
(20)福島県畜産のすがた - 福島県ホームページ
(21)ふくしまの豚 | ふくしまのお肉 | JA全農福島
(22)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(23)ヨークベニマル/お店ガイド
ページトップ