FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島で高校生のシクラメン販売、未来は暗い

 福島の高校生の育てたシクラメンの即売会が11月20日に開かれました(1)。東京中央卸売市場のシクラメンの価格をみると、1鉢当たりで
 2010年10月(事故前)
  全国平均 377円
  福島産  564円
 2018年10月(今年)
  全国平均 473円
  福島産  317円
で(2)、事故後は大幅に安くなっています。福島の高校生の皆さんがシクラメンの栽培技術を学んでも、ビジネスとして成立するか不透明です。福島のシクラメンの未来は暗そうです。
 福島県福島市の高校で生徒達が栽培した鉢植えのシクラメンの即売会が行われました(1)。栽培した生徒の一人は
「(買った人が)見て華やかな気持ちになってくれたら良い」
と話していました。
「見て華やかな気持ちになってくれたら良い」話す生徒
 ※(3)をキャプチャー
 図―1 「見て華やかな気持ちになってくれたら良い」話す生徒

 彼女もいずれは学校を卒業します。せっかく鉢植えのシクラメンの栽培技術を覚えたのですから、卒業してもビジネスとして、栽培を続け買ったがたが見て華やかな気持ちになっていけるようにして欲しいと思います。
 でも、(=^・^=)には気になることがあります。福島は事故で汚染されました。以下にセシウム濃度の分布を示します。
 事故で汚染された福島
※(4)にて作成
 図―2 福島の土壌中のセシウム濃度

 図に示すように安全に再利用できるクリアランス基準の1キログラム当たり100ベクレル(5)の10倍以上の1000ベクレルを超えています。福島市大波の土壌からは1キログラム当たり3,640ベクレルのセシウム137が見つかっています(6)。福島の土壌はクリアランスレベルを大きく超えるセシウムに汚染されているので、福島から持ち出すなら再利用せずに、適切に廃棄処分しなくてはいけません。鉢植えには土がつきものですが、福島の土が使われているものは庭に撒く等の再利用ができません。福島産鉢植えについて消費者の理解が得られるか疑問です。
 以下に福島産シクラメンの東京中央卸売市場の月別出荷量(平均)を示します。
10月から出荷が始まるシクラメン
 ※1(2)を集計
 ※2 2008年度~18年度の平均、ただし18年度は10月まで
 図―3 福島産シクラメンの月別出荷量

 11、12月がピークですが、10月から出荷が始まります。今年も10月までの東京中央卸売市場の取引価格が発表になったので、各年10月の取引価格をまとめてみました。
事故後はどんどん下がる福島産シクラメンの価格(10月)
 ※(2)を集計
 図―4 シクラメン取引価格(10月、東京中央卸売市場)

 図に示す様に事故前は全国平均より高く取引されていたのですが、事故後はどんどん価格が下がり、全国平均より大幅に安くなりました。これではビジネスとして成立するか不透明です。
 高校で鉢植えのシクラメンの栽培技術を学んでも、卒業してもビジネスとして、栽培を続け、買ったがたが見て華やかな気持ちになっていけるできるかは不透明です。福島のシクラメンの未来はくそうです。栽培を学んでも生徒は、これを生かすことはできません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 子供達は鉢植え花卉栽培を生業とする選択肢はありません。子供達の選択肢を絶ったのは「差別」(7)でなく「汚染」です。汚染は他に弊害を起こしています。
 福島県福島市の温泉女将の皆さんが福島産リンゴをPRしました(8)。同市はリンゴの季節です。同市辺りのリンゴはサクサクした食感と甘みと酸味のバランスが良く、樹上で完熟させて収穫するため、蜜入りもバツグンなのが特徴です(9)。福島県は福島産リンゴは「安全」だと主張しています(10)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産リンゴはありません。
他県産はあっても福島産リンゴが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(11)を引用
 図―5 福島産リンゴが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)シクラメン販売 of 福島明成高等学校
(2)東京都中央卸売市場-統計情報検索を「大分類、鉢花」⇒「中分類、シクラメン類」⇒「品目(小分類)、シクラメン」で検索
(3)ローカルTime FNN被災地発...
(4)(2)放射性物質による農地土壌等の汚染と対応:農林水産省
(5)100Bq/kg と 8000Bq/kg の二つの基準の違いについて - 環境省
(6)福島県 農地土壌中の放射性セシウムの分析値中のNo32
(7)【復興の道標・ゆがみの構図-1】被災地、無意識に差別 生の声聞き実情知る:復興の道標:福島民友新聞社 みんゆうNet
(8)飯坂温泉のおかみ 収穫期迎えたリンゴをPR | 県内ニュース | 福島民報
(9)特産品を知る | JAふくしま未来について | JAふくしま未来
(10)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(11)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト



  1. 2018/11/21(水) 19:47:51|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島県はイチゴの安全宣言、汚染が酷い主要産地を検査してません。 | ホーム | デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)―その16「事故で精神疾患、死者も出た」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2722-258e5d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)