FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

飯舘村・避難指示解除1年8ヶ月、住民は戻らず

 昨年3月31日に避難指示が解除された福島県飯舘村(1)に戻った住民は
 5,714人中958人(3)(全体の16.8%)
であまり帰還が進んでいません。
 福島県飯舘村は福島県北部にある山村です。事故によって放射能に汚染され、全村が避難しました。福島第一原発から20km圏内の避難指示は事故翌日の3月12日に出たのですが、20km圏外の飯舘村に避難指示が出されたのは事故から1ヶ月以上も過ぎた4月22日です(4)。そして避難が概ね完了したのは事故から3ヶ月以上が過ぎた6月22日です(1)。いわば逃げ遅れた村です。以下に位置を示します。
事故から7年9ヶ月以上経て汚染されている福島
 ※1(5)の数値データを元に(6)に示す手法で10月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(4)による
 図-1 旧計画的避難区域

 図に示す通り国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(7)地域が広がっています。事故から7年9ヶ月が経過しましたが飯舘村は汚染されたままです。
 以下に各年3月から1年間の飯舘村の赤ちゃん誕生数を示します。
事故後に女の子が多く生まれる福島県飯舘村
 ※1(8)を集計
 ※2 各年3月からの1年間、ただし2018年は10月まで
 図―2  福島県飯舘村の赤ちゃん誕生数

 図に示す様に事故後は女の子が多く生まれています。2011年3月以降に生まれた赤ちゃんを集計すると
 男の子 173人
 女の子 216人
で、女の子が多くなっています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら、統計的な差があるとさえる5%(9)を下回まわる2.9%でした。通常は男の子が多く生まれるので(10)異常な事態です。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果(飯舘村)
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(11)による。
有意検定表(飯舘村)

 福島県葛尾村は大部分が計画的避難区域になりました。そして、全部ないしは大部分が計画的避難区域となったのは飯舘村と葛尾村だけです。葛尾村の2011年3月以降の赤ちゃん誕生数は
  男の子 28人
  女の子 50人
 で、葛尾村も女の子が多く生まれています。偶然に起こる確率を計算したら1.3%でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果(葛尾村)
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(11)による。
有意差検定表(葛尾村)

 
 福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
 福島の綺麗な女性
※(12)をキャプチャー
 図―3 福島県の綺麗な女性(相馬農業高校飯舘校)

 でも、喜んでばかりもいられないようです。放射性影響研究所は広島や長崎の原爆投下で遺伝的な影響が生じていない根拠の一つに「赤ちゃんの男女比に異常が起きていない。」事をあげています(13)。そして、事故後8年近くも女の子が多く生まれる事態が続けば、飯舘村の方は気づくと思います。
可愛い女の子が多い飯舘村こども園
 ※(14)を引用
 図―4 女の子が多い飯舘村のこども園 

 それでも安倍出戻り内閣は「安全」であるとし、避難指示を解除しました(1)(4)。
飯舘村も村民の帰村を熱心に進めています。最近の例をみますと
 4月 1日 村立の認定こども園・小学校・中学校の「開園・開校式」に続き、岡本真夜さんのミニコンサート(15)
 8月12日 増田明美さんをゲストの呼んで、スポーツ公の開所式(16)。
 9月 3日 村内を循環するコミュニティバスの運行開始(17)。
11月15日 一戸約4,500万の豪華村営住宅主運行(18)(19)。
さらには、現在実施されている避難者への住宅支援(仮設住宅やみなし仮設の提供)は2019年度末で打ち切りをきめています(20)。
これで帰還が進むか興味があります。以下に飯舘村民の居級状況を示します。
 住民が戻らない福島県飯舘村
※(2)を集計
 図―5 飯舘村民の居住状況

図に示すように村への帰還が進んでいません。避難指示解除1年半の2018年12月1日時点で村内に暮らしている方は
 5,714人中958人(3)(全体の16.8%)
であまり帰還が進んでいません。一方で図に示す様に村外での住宅取得等はどんどん増えています。住宅取得等で安定した住環境を手にれた方が村に帰還することはないと思います。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 避難指示が解除されても住民は戻りません。皆さんは不安なんだと思います。不安なのは福島の皆様も同じだと思います。
 もうすぐクリスマス、イチゴケーキを楽しみにしている人も多いと思います。福島でもイチゴの季節が始まりました(21)。福島県棚倉町当たりのイチゴは「安全」「安心」だそうです(22)。福島県は福島産イチゴは「安全」だと主張しています(23)。でも、福島県棚倉町のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ
 ※(24)を引用
 図―6 福島産イチゴが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県棚倉町の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。
―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)飯舘村 - Wikipedia
(2)平成30年12月1日現在の村民の避難状況について - 飯舘村ホームページ
(3)(2)中の平成30年12月1日現在の村民の避難状況 [PDFファイル/60KB]
(4)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(7)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(8)福島県の推計人口(平成30年11月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(9)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(10)出生性比
(11)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(12)ローカルTime FNN被災地発...
(13)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 ? 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(14)広報いいたて 平成30年12月号 - 飯舘村ホームページ
(15)認定こども園・小中学校の開園・開校式(4月1日) - 飯舘村ホームページ
(16)広報いいたて 平成30年9月号 - 飯舘村ホームページ
(17)コミュニティバス運行再開式(9月3日) - 飯舘村ホームページ
(18)復興拠点の住宅・集会所完成 飯舘・深谷行政区 | 県内ニュース | 福島民報
(19)めげ猫「タマ」の日記 福島県飯舘村に1戸4,467万の公営住宅
(20)福島:不透明な住まい確保 2町除き仮設住宅19年度まで - 毎日新聞
(21)松葉園 いちごから笑顔 - ホーム | Facebook
(22)みりょく満点ブランド|JA東西しらかわ
(23)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(24)エコス
スポンサーサイト



  1. 2018/12/17(月) 19:42:13|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島・除染土再利用、「安全」? | ホーム | 勝手に福島十大ニュース(2018)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2744-4e44fdcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)