FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

今年(2018)も低迷、11月のフクシマ産ネギ価格

 福島のネギは11月から翌年2月が出荷のピークです(1)。11月の東京中央卸売市場におけるネギの取引価格を全国平均と比較したら
 2010年(事故前)8%安
 2018年(今年)20%安
で(2)、全国平均との価格差が開いたままです。福島産ネギは
・主要産地は汚染されている。
・主要産地では葬式が増えているが、福島産野菜を避ける方が多い相馬・南相馬市ではそれ程には増えていない。
との特徴があります。消費者が福島産ネギを正しく理解した結果であり、当然です。
 もうすぐお正月です。お雑煮を楽しみにしている方も多いとおもいます。お雑煮に欠かせない野菜にネギがあります(3)。以下に福島の秋冬ネギ産地を示します。
福島の秋冬ネギの主要産地はいわき、郡山、須賀川市
 ※(4)を集計
 図―1 福島のネギ産地

 図に示す通り、いわき市、郡山市、須賀川市が主要な産地です。以下に示します。 ※ ※1(5)のデータを(6)に示す手法で12月1日に換算
事故から8年9ヶ月を経て汚染されている福島
 ※2 避難地域は(7)による。
 図―2 福島県いわき・郡山・須賀川市と相馬・南相馬市

 図に示しように国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(8)を超えた地域が広がっています。福島のネギは8年連続で汚染された地で栽培されています。
 以下に福島の主要なネギ産地いわき市、郡山市、須賀川市)の各年1~11月の葬式(死者)数を示します。
事故後に葬式が増えた福島のネギ産地
 ※1(9)を各年1-11月で集計
 ※2 震災犠牲者は(10)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―3 福島県の主要なネギ産地(いわき市、郡山市、須賀川市)の各年1~11月の葬式(死者)数

福島県の主要なネギ産地の葬式(死者数)は
 事故前年(2010年1月から11月) 7,086人
 事故8年目(2018年1月から11月)7,878人
で11.2%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら約100億分の1でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(11)による  
有意差検定表

 表―2 福島産米や野菜を許容すかのアンケート結果
 ※ (12)を集計
いわき市・郡山市に比べ福島産を避ける割合が高い相馬・南相馬市

 表に示す通り、福島のネギ産地のいわき市・郡山市で福島産野菜を避けているのは半分程度です。一方で主要な産地でない相馬・南相馬市では74%の方が福島産野菜を避けています。同様に福島産ネギも避けているはずです。以下に相馬・南相馬市の各年1~11月の葬式(死者)数を示します。
事故後も葬式が増えていない相馬・南相馬市「
 ※1(9)を各年1-11月で集計
 ※2 震災犠牲者は(10)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―4 相馬・南相馬市の各年1~11月の葬式(死者)数

福島県相馬・南相馬市の葬式(死者数)の合計は
 事故前年(2010年1月から11月) 1,190人
 事故8年目(2018年1月から11月)1,217人
で少し増えていますが、統計的な差はありません。
 福島産ネギについて、纏めると
・主要産地(いわき市、郡山市、須賀川市)は汚染されている。
・主要産地では葬式が増えているが、福島産野菜を避ける方が多い相馬・南相馬市ではそれ程には増えていない。
になります。これで消費者の理解が得られるでしょうか?
 福島のネギは11月から翌年2月までが出荷のピークです(1)。今年11月の東京中央卸売市場でのネギの取引価格が発表になったので、各年11月について纏めとてみました。
事故後は全国平均に比べ安くなったままの福島産ネギ
 ※(2)集計
 図―5 各年11月のネギ取引価格(東京中央卸売市場)

 図に示す様に事故後に価格差が拡大し、今も回復していません。数値を記載すると1キログラム当たりで
 2010年11月(事故前)全国平均337円、福島産310円で、 8%安
 2018年11月(今年) 全国平均314円、福島産250円で、20%安
です。これは福島産を消費者が正しく理解している結果であり、当然です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島産を避けているのは福島の皆様も同じです。
 福島県いわき市ではコシヒカリの中でも高品質なものを選んだ「プレミアムイワキライキ」ギフトセットの販売が始ままりました(13)。同市産米の全量・全袋検査数が46万件を超えました(14)。同市は人口約34万人の市なので(9)、市民が食べるにはとりあえず充分な量です。同市のお米は「Iwaki Laiki」名の美味しいお米です(15)。福島県は福島産米は「安全」だと主張しています(16)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米がない福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(17)を引用
 図―6 福島産米が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県いわき市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島県の旬(出回り時期) 野菜編
(2)東京都中央卸売市場-統計情報検索を⇒大分類:野菜⇒中分類:葉茎菜類⇒小分類:ねぎで検索
(3)我が家流 お雑煮2005 by めありぃ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが301万品
(4)作物統計調査 市町村別データ  平成18年産市町村別データ 年次 2006年
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(7)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)福島県の推計人口(平成30年12月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(10)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(月1回更新) - 福島県ホームページ
(11)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(12)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(13)高品質いわき産米ギフトセットどうぞ プレミアムイワキライキ:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(14)ふくしまの恵み
(15)いわき産コシヒカリのブランド米「Iwaki Laiki-いわきライキ」
(16)全量全袋検査に関するよくある質問 - 福島県ホームページ
(17)HOME - 新鮮安い食品スーパーマルト
スポンサーサイト



  1. 2018/12/26(水) 19:45:20|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島・小児甲状腺がん214人、まだまだ増える | ホーム | 女の子が多く生まれる福島県葛尾村(事故から7年9ヶ月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2755-5063201d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)