FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2017年12月27日発表分)―青森産マダラからセシウム、福島は453件連続ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。2017年12月27日に、8月3日までの食品中の放射性セシウムの検査結果が、146日遅れで発表になったので(3)、まとめてみました。先回に続き今回もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。しかも、基準超です。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数804件中16件の基準超え(全体の2%)
  ②平均は、1キログラム当たり2.2ベクレル、最大2,200ベクレル(福島県産イノシシ)。
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2018年12月27日発表)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

 危険なセシウム汚染食品が福島産のみから見つかっています。今回の発表から
 ・青森産マダラからセシウム、福島産は453件連続(ND)
 ・福島は明日(1月3日)からイチゴ狩り、検査結果がありません。
 ・過去最高を記録した福島県郡山市産クマのセシウム
などの特徴が読み取れ福島産は安全とは言えません。

1.青森産マダラからセシウム、福島産は453件連続(ND)
 青森県が検査した青森産マダラからセシウムが見つかったと発表がありました。福島産が気になります。以下に検査結果を示します。
福島産だけに見つかったセシウム汚染食品
 ※1(1)を各県が実施した検査について集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは捕獲日
 図―2 マダラの検査結果

 青森だけでなく、北海道、岩手、宮城でも見つかっています。でも、福島県が検査した福島産マダラからは見つかっていません。厚生労働省(1)の発表を数えると453件連続で検出限界未満(ND)です。海が繋がっているのにおかしな話です。
 福島産は他よりも低くでる検査で「安全」とされ、出荷されます。

2.福島は明日(1月3日)からイチゴ狩り、検査結果がありません。
明日(1月3日)に相馬市でイチゴ狩りが始まります(8)。福島県の発表(2)を見たのですが、今シーズンの検査結果がありません。それでも、福島県は検査でイチゴの安全を確認したと主張しています(9)。
イチゴの「安全宣言」をした福島県
 ※(10)を引用
 図―3 福島産イチゴの「安全宣言」をする福島県

 福島産は検査で「安全」を確認してなくても、検査で「安全」され、出荷されます。

3.過去最高を記録した福島県郡山市産クマのセシウム
 福島県郡山市産クマ肉かあ1キログラム当たり630ベクレルのセシウムが見つかりました。以下に推移を示します。
他県の検査では見つかっても福島県の検査では見つからない福島産マダラのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは捕獲日
 図―4 郡山市産クマ肉の検査結果

 図に示す通り過去最高です。
 事故から足掛け9年ですが、福島産はセシウム含有量が上昇し、過去最高を記録する事があります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・146日遅れで発表される検査結果
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・検査されていなくても検査で安全とされる福島産
 ・セシウム含有量が上昇し、過去最高を記録する事がある福島産

 (=^・^=)は不安なので
  「買わない」「食べない」「出かけない」の「福島3原則」
を決めています。でも、これって(=^・^=)だけでは無いようです。
 福島県いわき市産米の全量・全袋検査数が46万件を超えました(11)。同市は人口34万人なので(12)、とりあえず市民が食べるには充分な量です。同市のお米は「Iwaki Laiki」とゆう美味しいお米です(13)。福島県は福島産米は「安全」だと主張しています(13)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(14)を引用
 図―5 福島産米が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第1095報)
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月17日発表)―福島夏野菜はセシウム入り復活―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)(3)中の1 自治体の検査結果⇒ 検査結果(PDF:996KB)No1226
(8)いちご狩り2019 – 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
(9)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(10)(9)中のいちご [PDFファイル/168KB]
(11)ふくしまの恵み
(12)地区別世帯数・男女別人口 | いわき市役所
(13)いわき産コシヒカリのブランド米「Iwaki Laiki-いわきライキ
(14)全量全袋検査に関するよくある質問 - 福島県ホームページ
(15)マルト/SC岡小名店のチラシと店舗情報|シュフー Shufoo! チラシ検索
スポンサーサイト



  1. 2019/01/03(木) 09:39:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島産ヒラメ復活(2018年9―11月)、要注意 | ホーム | 本宮市11周年、未来は暗い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2761-a3966346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)