FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

リカちゃん52周年、町おこしはできない!

 11歳のリカちゃんが昨日(5月3日)に52回目の誕生日を迎えました(1)(2)。彼女は福島県小野町の「町おこしプリンセス」(名誉町民に相当)を務めていますが(3)、同町からは若い女性が出っていっており、町おこしはできそうにありません。
 福島県小野町は福島県中部あるまちです。
事故から8年2ヶ月を経て汚染が広がる福島
 ※1(4)に示すデータを元に(5)に示す手法で、5月1日換算
 ※2 旧避難区域は(6)による。
 図―1 福島県小野町

 同町には小野インターチェンジがあり、磐越道と阿武隈高原道路が繋がっています(7)。小野小町といえば秋田県だと思うのでうすが(8)、同町は小野小町誕生の地を自称しています(9)(10)。さらには、着せ替え人形玩具のリカちゃん(11)の工場および展示施設である「リカちゃんキャッスル」があります(3)。
リカちゃんキャッスル
 ※(3)を引用
 図―2 リカちゃんキャッスル

 リカちゃんの誕生日は5月3日です。1967年に誕生したので(11)、昨日(5月3日)で52回目の誕生日でしょうか?ただし、年齢は11歳です(11)。それをお祝いにて、昨日はリカちゃんキャッスルで誕生会が開かれたそうです(2)。
リカちゃんの誕生会を報じる福島のローカル放送(TUF)
 ※(2)をキャプチャー
 図―3 リカちゃんの誕生会を報じる福島のローカルTV局(TUF)


 リカちゃんは、「町おこしプリンセス」(名誉町民相当)に任命されています(3)。こちらは苦戦しているようです。
  2014年4月1日に小野町の10代後半の女性が263人いました。それから5年を経れば、彼女達は20代前半になっています。5年後の2019年4に小野町の20代前半女性は132人です(12)。2014年4月1日に10代後半女性のうち、5年後も小野町に残っている女性は50%(132÷263×100)です。このようにして計算した小野町の10代後半の方が5年後に残っている割合を示します。
事故後に残らなくなった福島県小野町の若い女性
 ※1(12)を集計
 ※2 年齢は10代後半時点
 図―4 小野町の10代後半女性が5年後に残っている割合

 図に示しように、事故前(2006年3月以前)から、小野町からそれなりの若い女性が出ていっていす。ただし、小野町に残る割合は平均で男性62%、女性66%で、女性の方が多く残っていました。ところが近々1年(2013年4月から14年3月)の平均とると男性67%、女性46%で、男性は事故前より多く残るようになったのですが、女性で残るは半分以下になってしまいました。
 以下に小野町の20代前半の方の人口を示します。
減って行く福島県小野町の20代前半人口
 ※(12)を集計
 図―5 小野町の20代前半人口

 事故後はどんどん減っています。事故直前の2011年3月1日には218人だった同町の20代前半女性は、2019年4月1日には132人です(12)。4割減っています。
 若い女性が減っていけば子供が生まれなくなります。以下に年度(4月から翌年3月)の赤ちゃん誕生数を示します。
減少傾向を示す福島県小野町の赤ちゃん誕生数
 ※(12)を集計
 図―6 小野町の赤ちゃん誕生数

 図に示す様に2013年度をピークにどんどん減っています。特に2017年度と18年度では
 2017年度 66人(男の子33人、女の子33人)
 2018年度 49人(男の子23人、女の子26人)
で、1年で39%((66-49)÷66×100)減っています。これからも減っています。
 若い女性が逃げて行き、やがては子供が生まれなくなり、小野町は男性と老人の町になります。リカちゃんですら、女の子の脱出を止めることができませんでした。
 

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島県小野町からの若い女性脱出の背景には不安があるからだと思います。図―1に示す様に福島では国が除染が必要な0.23マイクロシーベルトを超えた(13)地域が広がっています。事故から8年2ヵ月が経過しましたが、福島は汚染されたままです。そして、福島に残った皆様も同じように不安だと思います。
 福島県小野町産米の全量全袋検査数は約7万件です(14)。同町は人口1万に満たない町(15)なので、町民が食べるには充分な量です。福島のお米は美味しいようです(16)。福島県は福島産米は「安全」だと主張しています(17)。でも、福島県小野町のスーパーのチラシには福島産米はありません。
 他県産はあっても福島産米が無い福島県小野町のスーパーのチラシ
※(18)を引用
 図―7 福島産米が無い福島県のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県小野町の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)リカちゃん - Wikipedia
(2)Nスタふくしま20190503 - YouTube
(3)リカちゃんキャッスル - Wikipedia
(4)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(5)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(6)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(7)小野インターチェンジ - Wikipedia
(8)小野小町 - Wikipedia
(9)町の概要 - 小野町公式ウェブサイト
(10)小野町 - Wikipedia
(11)リカちゃん - Wikipedia
(12)福島県の推計人口(平成31年4月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(13)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(14)ふくしまの恵み
(15)小野町公式ウェブサイト トップページ
(16)おいしい、こめニティー
(17)全量全袋検査に関するよくある質問 - 福島県ホームページ
(18)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト



  1. 2019/05/04(土) 19:42:42|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<避難地域が設定された福島県川俣町の子どもは1年で9%減 | ホーム | デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)―福島原発事故は災害―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2883-ed9cd0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)