FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島・果物シーズン到来、食べて大丈夫?

福島産サクランボの出荷が始まりました(1)。福島の果物シーズンが到来しました。食べて大丈夫か心配なので、(=^・^=)なりに調べると
福島のくだものは福島全域でつくられているわけでなく、福島盆地と呼ばれる狭いエリアに集中してる(2)。
・そこは、避難指示が出なかった場所の中では、汚染が最も酷く、放射能が舞い散り、葬式が増えている。同じ福島でも、くだもの作りがさかんでなく、汚染がマシな会津地方では有意に葬式は増えていない。
・福島県の検査には疑義がある。
との特徴を見出しました。
福島はくだもの王国を自称しています(2)。今年も果物の出荷が始まりました(1)。
福島のサクランボ出荷開始を喧伝するNHK
  ※(3)を引用
 図―1 福島産サクランボの出荷開始を喧伝するNHK

 福島のくだものシーズンが到来しました。福島には福島産果物をキャンペーンクルーの「ミスピーチ」(4)の皆さんがPRをしていました。
福島産サクランボをPRするミスピーチ
 ※(5)をキャプチャー
 図―2 福島産サクランボをPRするミスピーチキャンペーンクルー

 とっても綺麗な方です。応援したいのですが、福島産は心配です。そこで(=^・^=)なりに調べて見ることにしました。
 福島のくだものは福島県全域で作られているわけでなく、概ね福島盆地と呼ばれる(6)福島県北部の極狭い地域で栽培されています。以下に示します。
事故から8年3月を経て汚染が広がる福島盆地
 ※1(7)のデータを元に(8)に示す方法で6月1日に換算
 ※2 避難区域は(9)による。
 ※3 福島盆地の範囲は(10)による。
 図―3 福島盆地と会津地方

 図に示す通り事故から8年3ヶ月が経過しましたが国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(11)地域が広がっています。福島の果物は8年連続で汚染された地で作られています。
 福島盆地内にはフルーツラインやピーチラインと呼ばれる通りがあり果物の販売店や果物狩りができる観光果樹園が数多く並んでいます(12)。以下に示します。
放射能が舞い散る福島盆地
 ※1 セシウム降下量(2016年11月から1年間)は(13)に示す元データおよび手法で計算
 ※2 ピーチラインフルーツラインは(12)による。
 ※3 福島盆地は(10)による。
 図―4 セシウム降下量とフルーツライン・ピーチライン

 福島盆地は事故から8年3ヵ月が経ちましたが図―3の示す通り汚染され、図―4で示す様に放射能が舞い散っています。福島の果物は汚染され放射能が舞い散る福島盆地で作られています。
 福島県は福島産は安全だと主張しています。福島県は福島産の安全を検査で確認していると主張しています(15)。でも、福島県の検査ってとっても怪しげです。福島産くだものの出荷前検査は厚生労働省の発表(16)を見ると福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(17)で全て実施しています。中立性に疑問があります。基準超の物でも、福島県が検査すると検出限界未満(ND)になることは、先日の記事で紹介した通りです(18)。福島県の検査には疑念があります。
 そこで、福島盆地にお住まいの方に異常がないか(=^・^=)なりに調べて見ることにしました。以下に各年5月から翌4月までの1年間の福島盆地が広がる2市2町(福島市、伊達市、桑折町、国見町)の葬式数を示します。
事故後に葬式が増えた福島盆地
 ※1 (19)を各年5月から翌年4月までの1年間で集計
 ※2 震災犠牲者は(20)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 ※3 福島市・伊達市・桑折町・国見町を合計
 図―5 福島盆地が広がる2市2町の各年5月から翌年4月までの1年間の葬式(死者)数 

 図に示す通り、事故後に増えています。数値を記載すると
  事故前(2009年5月から10年4月) 3,909人
  近々1年(2018年5月から19年5月)4,215人
で8%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら、0.07%でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(21)による。
有意差検定表

 図―3に示す様に、福島県会津地方は福島県内では比較的汚染がマシな地域です。また果物の主要産地でもありません。会津地方の葬式数を福島県の発表(19)から集計すると
  事故前(2009年5月から10年4月) 4,007人
  近々1年(2018年5月から19年5月)4,160人
で、少し増えていますが統計的な差はありません。
 福島の果物シーズンが到来しました。福島の果物について纏めると
 ・福島のくだものは福島県全体で広く作られているのではなく、内陸北部の狭い地域(福島盆地)に集中している。
 ・福島のくだもの主要産地は汚染され、放射能が舞い散っている。
 ・福島県の検査には疑義がある。
 ・福島の主要くだもの産地が広がる2市2町では葬式が有意に増えているが、福島のなかでも汚染がマシで、主要くだもの産地ではない会津はそうではない。
になります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島の皆さんは福島産をどう見ているか気になります。
 福島を代表する野菜にアスパラガスがあります。今がシーズンです(22)。福島県二本松市辺りのアスパラガスは太くてやわらかな歯ごたえが人気だそうです(23)。福島県は福島産アスパラガスは「安全」だと主張しています(24)。でも、福島県二本松市のスーパーのチラシには福島産アスパラガスはありません。
他県産はあっても福島産アスパラガスが無い福島県二本松市のスーパーのチラシ
 ※(25)を引用
 図―6 福島産アスパラガスが無い福島県二本松市のスーパーのチラシ

(=^・^=)も福島県二本松市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)トピックス | JAふくしま未来
(2)ミスピーチキャンペーンクルー ? くだもの消費拡大委員会
(3)チラシ情報 | スーパーマーケットいちい
(4)ミスピーチキャンペーンクルー ? くだもの消費拡大委員会
(5)ローカルTime FNN被災地発...
(6)くだものづくりがさかんな福島盆地
(7)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(8)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(9)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(10)福島盆地 - Wikipedia
(11)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(12)くだもの ? 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
(13)めげ猫「タマ」の日記 放射能が舞い散る福島(2017)
(14)作物統計調査>市町村別データ>平成18年産市町村別データ>年次>2006年中の「10 果樹 ⇒福島県⇒Excel」
(15)農産物等の放射性物質モニタリングQ&A  - 福島県ホームページ
(16)報道発表資料 |厚生労働省
(17)農林水産部 - 福島県ホームページ
(18)めげ猫「タマ」の日記 基準超でもNDとなる福島県の検査
(19)福島県の推計人口(令和元年5月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(20)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(月1回更新) - 福島県ホームページ
(21)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(22)ふくしまプライド。
(23)特産品情報 | 地区別くらし情報 安達地区 | JAふくしま未来
(24)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(25)安達店 | ベイシア
スポンサーサイト



  1. 2019/06/08(土) 19:43:27|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島・くだもの狩り始まる、検査結果がありません! | ホーム | 福島米食べて応援、あの世行(2019年1~5月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2920-94af4d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)