FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

大熊町居住者は25人

 4月10日に避難指示が解除された福島県大熊町(1)の6月1日時点の居住者は
  対象 10,327人中25人(0.24%)
です(2)。
 福島県大熊町は福島県沿岸部中部に立地する町です。事故を起こした福島第一原発や(3)、除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設が立地します(4)。先の原発事故では全町が避難行に指定されました(3)。名前は大熊町ですが「クマ」はいません(5)。1954年11月1日に大野村と熊町村が合併し大熊町になりました。熊町村の「熊」は元々は「苦麻」です(3)。以下にしめします。
事故から8年3ヶ月以上が過ぎて汚染されている福島
 ※1(6)のデータ(7)に示す方法で6月1日に換算
 ※2 避難区域は(8)による。
 図―1 福島県大熊町

 図に示す様に国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた地域(9)が広がっています。それでも、安倍出戻り内閣は「安全」だとして4月10日に避難指示を解除しました(1)(8)。
 以下に大熊町の各年5月から1年間の赤ちゃん誕生数を示します。
事故前に比べ半分以下になった福島県大熊町の出生数
 ※(10)を集計
 図―2 大熊町の赤ちゃん誕生数

 年々減っています。事故前の2009年5月から1年間では143人でしたが、近々1年(2018年5月から1年間)は70人で、半分以下になっています。大熊町の女性が急に子供も産まかくなったとは思えず、出産適齢期の女性が大熊町民を辞めているようです。
避難指示解除区域も汚染されている福島県大熊町
 ※1(6)のデータ(7)に示す方法で6月1日に換算
 ※2 避難解除域区域は(8)による。
 ※3 中間貯蔵施設は(11)による。
 図―3 大熊町(拡大図)

 同町の唯一の旧一級国道(12)は地図で見ると国道6号線で、いわばメインストリートです。その東側は概ね除染廃棄物を30年間は保管する中間貯蔵施設です(4)。メインストリートの東側は少なくとも30年間は人が住めません。避難指示が解除されたのは西側で、地図で見ると町の主要部分(旧役場、駅、病院、小中高校)などは避難区域内にあります。地図で見る限り避難指示が解除された地域は山林か農地で宅地はあまりありません。避難指示解除区域の住民は全町民0,327人中(2)、374人です(13)。
以上の事情から、住民が帰還するとは思えません。
 大熊町は5月13日に5月1日時点の町内在住者を発表しました。それによると
  対象 10,327人中25人(0.24%)
です(2)。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 大熊町は5月7日に役場機能の大部分を避難先の会津若松市から大熊町内の新庁舎に移りました(14)。大熊町には132人の町職員がいます(15)。大熊町職員も大熊町内には住んでいないようです。理由は想像するしかありませんが「不安」もあると思います。そして、不安なのは他の福島の皆様も同じだと思います。
 大熊町は5月7日に役場機能の大部分を避難先の会津若松市から大熊町内の新庁舎に移りました(14)。大熊町には132人の町職員がいます(15)。大熊町職員も大熊町内には住んでいないようです。理由は想像するしかありませんが「不安」もあると思います。そして、不安なのは他の福島の皆様も同じだと思います。
福島を代表する農産物にトマトがあります(16)。福島県いわき市ではトマトフェスが開催されました(17)。同市はトマトの季節です。同市のトマトは美味しいとのことです(18)。福島県は福島産トマトは「安全」だと主張しています(19)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産トマトはありません。
他県産はあっても福島産トマトが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(20)を引用
 図―4 福島産トマトが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

(=^・^=)も福島県いわき市の皆様を見習い「フクシマ産」には食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)大川原・中屋敷地区の避難指示が4月10日に解除されます - 大熊町公式ホームページ
(2)令和元年6月1日現在の避難状況 - 大熊町公式ホームページ
(3)大熊町 - Wikipedia
(4)中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(5)ツキノワグマ生態調査の結果について - 福島県ホームページ(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(8)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(9)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(10)福島県の推計人口(令和元年5月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(11)中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(12)一級国道 - Wikipedia
(13)めげ猫「タマ」の日記 大熊町居住者は9人
(14)町役場が本庁舎で業務を開始しました - 大熊町公式ホームページ
(15)大熊町の給与情報等を公表します - 大熊町公式ホームページ
(16)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(17)「いわきトマトフェス」|NHK 福島県のニュース
(18)ワンダーファーム - 福島県いわき市|公式webサイト - The Wonder
(19)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(20)イオン いわき店のチラシ・特売情報 | トクバイ
スポンサーサイト



  1. 2019/06/18(火) 19:48:39|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<事故前に比べ、女の子が生まれやすくなった福島 | ホーム | 宮城県丸森町の甲状腺がんの割合は会津の6倍>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2925-43ad6ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)