FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島Q&A Q17.原子力発電は、火力発電のボイラーを原子炉に置き換えただけもの?

Q.原子力発電は、火力発電のボイラーを原子炉に置き換えただけもの?
A.発電した後で、有害な放射性物質がでます。しかも処分方法が決まっていません。ここが火力発電所と本質的に違います。
 電気事業連合会(でんきじぎょうれんごうかい)は、日本における電気事業の運営の円滑化を図るため設立された、電力会社各社の連合会です。 原子力発電を推進するためロビイストとして長年に亘って自民党と深い関わりを持っています(1)。そのHPで
「原子力発電は、火力発電のボイラーを原子炉に置き換えたものです。」
と原子力発電の原理を説明しています。
火力と原子力の違いは熱源と主張する電事連
 ※(2)を引用
 図―1 「原子力発電は、火力発電のボイラーを原子炉に置き換えたもの」と主張する電気事業連合会

 これでは、原子力と火力発電に大きな違いがないようですが、大きな違いがあります。石炭火力発電所で発電した後に「灰」がでます。この「灰」には有害な物は含まれておらず、概ねセメント材用などに再利用されます(3)。
 原子力発電は核分裂反応で出たエネルギーを電気に変える物です(2)。核分裂反応を起こすと、放射能を含む放射性物質が生まれます(4)。また、原子炉は多くの中性子を発生しますが(5)、物質が中性子を吸収すると、放射性物質に変化することがあります(放射化)(6)。原子力発電所は放射能を発生させます。
 放射能には厄介な性質があります。ひとつは「熱」(崩壊熱)を出し続けることです(7)。
 原子炉が止まっても発熱が続く核燃料
 ※(8)を引用
 図―2 原子炉が止まっても出続ける「熱」(崩壊熱)

 だから、原子炉は止まっても冷やし続けなくては行けません。冷却に失敗すれば「爆発」もあり得ます。
爆発する福島第一原発3号機
 ※(9)を引用
 図―3 大爆発する福島第一3号機

 そして、放射能は有害です。放射能が出す放射線に当たると、癌になり易くなります。ひょっとすると遺伝的影響があるかもしれません(Q14)(10)。不妊になるかもしれません(11)。
2011,12年と下がった福島の合計特殊出生率
 ※1(12)を引用
 ※2 合計特殊出生率とは、一人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示す(13)。
 図―4 事故後に低下した福島の合計特殊出生率

 原子力発電を行うと、原発で有害な放射能ができるので、厳格な管理が必要です。さらにえば、厳格な管理をしても、放射能の漏えいを防げない可能性もあります。東京電力は福島事故を「想定外」と主張しています(14)。
今も「想定外」を主張する東京電力
 ※(15)を引用
 図―5 福島事故は「想定外」の津波によると主張する東京電力

 東京電力は「福島第一原子力発電所の事故の反省をふまえ」と主張していましが(16)、再び「想定外」が起こり、福島原発事故と同じような大規模な放射能汚染が起こる可能性は否定できません。
 電力会社は原子力発電に使った後の核燃料(使用済み核燃料)を再利用すると主張しています(17)。
再処理が必要な核燃料サイクル
 ※(18)を抜粋
 図―6 核燃料サイクル

 いわゆる核燃料サイクルです。原子炉を運転すると、核燃料の中に核燃料として使用できるプルトニウム239ができます(19)。使用済み核燃料から、プルトニウムを取り出し、プルトニウム239で出来た核燃料(MOX燃料)を使う計画です(17)。
 でも、現状では上手くいっていません。使用済み核燃料からプルトニウム239を取り出す再処理工場(20)は、原子力規制員会の審査中(21)で稼働時期が不透明です(22)。ベストはMOX燃料を主に使う高速増殖炉(23)です。日本では「もんじゅ」がありましたが、廃炉になりました(24)。また、ウラン燃料と共にMOX燃料をいままである原子炉で使用するプルサーマルが実施されています。だたし、実施されているのは四国電力伊方3号炉(19)と関西電力高浜3、4号炉です(25)(26)。また、プルサーマルで通常のウラン燃料の方が多く使われます。伊方3号機ではウラン燃料117本に対しMOX燃料は48本で、ウラン燃料が多くなっています(27)。プルサーマルが実現しても、使われるMOX燃料は極わずかです。国内での再処理工場が稼働していませんが、これまで海外に再処理を委託していました(27)。そして日本のプルトニウム239所有量は保有量は現在、約47トン。原爆に換算して約6000発分に相当します(28)。これを処分しない限り、新たな再処理はできようです(29)。いまの所は、原発で出た使用済み核燃料の処分は決まっていません。
 電気事業連合会は原子力発電について
「原子力発電は、火力発電のボイラーを原子炉に置き換えたものです。」
と、火力発電所とあまり変らないような説明をしています。原子力発電所は火力発電所とことなり、有害な放射能を生み出します。原子力発電所は危険な放射能を生み出します。そして
・大規模な放射能汚染を引き起こした(福島原発事故)
・処分方法が決まっておらず、原発を運転すれば放射能は増え続ける
との特性があります。
 

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島に対する疑問を「福島Q&A 」にまとめました(30)。よかったら他のQ&Aも見て下さい。
 原発に限らず、技術はメリットとリスクやコストを比較し、メリットが大きければ使い、メリットが小さければ使わないだと思います。車は交通事故を起こすリスクがありますが、廃止を主張するかたはいないと思います。交通事故のリスクよりメリットが大きからだと思います。原発のメリットやリスクについては立場や考え方によって大きな差があると思います。原子力関係者は当然ながらメリットが上回っていると主張すると思います。彼らは、原発を安全に運転できると考えているようです(31)。多分、核燃料サイクルもそのうち実現できると確信していると思います。原発が立地する市町村は概ね交付金や固定資産税などが入ります(32)。メリットが大きいと思います。無論、中には原発マネーよりもリスクが高いとする方もいます(33)。原発が立地しない周辺市町村は反対方が多いと思いますが、電気料金や安定供給を理由にメリットが大きいとする方もいると思います。だだし、地元に電気を供給しない原発となると反対が多くなるようです(34)(35)。電気を供給しない原発ではメリットはありません。そんなものが近くにあれば、放射能汚染のリスクだけ負わされます。福島にはいまも原発が残っています。でも、福島の皆様は廃炉を望んでいるようです(36)。福島の皆様は事故によって不安な生活を強いられています。当然の事です。
福島の直売所で今日と明日(15,16日)、「さくらんぼまつり」が開かれます(37)。福島はサクランボの季節です。福島のサクランボのつややかな赤い宝石の甘酸っぱさは老若男女問わず人気があるそうです(38)。福島県は福島産は放射性物質の検査を行い、安全性が確認された食品のみを出荷していると主張しています(39)。でも、福島県田村市のスーパーのチラシには福島産サクランボはありません。
他県産はあっても福島産サクランボが無い福島県田村市のスーパーのチラシ
 ※(40)を引用
 図―7 福島産サクランボが無い福島県*町のスーパーのチラシ

(=^・^=)も福島県田村市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)電気事業連合会 - Wikipedia
(2)原子力発電 - 発電のしくみ | 電気事業連合会
(3)石炭灰リサイクル|リサイクル技術|環境への取組み|CSR・環境|関西電力
(4)核分裂反応 - Wikipedia
(5)原子炉 - Wikipedia
(6)放射化 - Wikipedia
(7)崩壊熱(ほうかいねつ)とは - コトバンク
(8)崩壊熱発生率
(9)3号機核爆発 - YouTube
(10)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q14.放射線を浴びたらどうなりますか?
(11)放射線の被ばくについて 大阪大学医学部附属病院放射線部
(12)10の指標にみる福島県のいまVer.29を掲載しました。 - 福島県ホームページ中の平成30年2月15日公表分 10の指標にみる福島県のいまVer.29 [PDFファイル/601KB] 
(13)合計特殊出生率 - Wikipedia
(14)今回の津波は、それまでの知見では想定できない大規模なものでした|東京電力
(15)原子力発電所に質問です 柏崎刈羽原子力発電所の安全対策|東京電力ホールディングス株式会社
(16)CM・新聞・雑誌広告|動画・画像集|東京電力ホールディングス株式会社
(17)原子燃料サイクルとは - 原子燃料サイクル | 電気事業連合会
(18)原子力発電で使い終わった燃料はどうなるの? | 東北電力 ホームページ
(19)プルサーマル - Wikipedia
(20)[再処理事業] 再処理事業の概要 | 事業情報 > 概要 - 日本原燃株式会社
(21)再処理事業所 各申請状況に関する情報 | 原子力規制委員会
(22)六ヶ所再処理工場 合格の時期は不透明に 日テレNEWS24-2019/03/2
(23)高速増殖炉 - Wikipedia
(24)もんじゅ - Wikipedia
(25)高浜発電所 - Wikipedia
(26)MOX燃料を仏から搬送 関電高浜原発プルサーマル用に:朝日新聞デジタル
(27)海外委託再処理から返還される放射性廃棄物 (05-01-04-05) - ATOMICA -
(28)“プルトニウム大国”日本 ~世界で広がる懸念~ - NHK クローズアップ現代+
(29)<プルトニウムの行方>再処理の減速 不可避 | 河北新報オンラインニュース
(30)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A 
(31)原子力発電所の安全対策 - 原子力発電所の取り組み | 電気事業連合会
(32)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂―電力消費地と原発立地地域は協力関係、福島は大迷惑―
(33)政策 | 『池田ちかこ』公式サイト
(34)めげ猫「タマ」の日記 新潟県知事一周年、柏崎刈羽の再稼働は?
(35)花角氏、再稼働反対票も取り込む 新潟知事選、出口分析:朝日新聞デジタル
(36)福島第2原発「廃炉の正式決定を」 福島県知事が要望  :日本経済新聞
(37)イベント | JAふくしま未来
(38)特産品を知る | JAふくしま未来について | JAふくしま未来
(39)食品の検査体制 - 福島県ホームページ
(40)シミズストア-店舗案内中の「ふねひきパーク店」
スポンサーサイト



  1. 2019/06/15(土) 19:42:33|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島第二原発廃炉表明1年、前に進まず | ホーム | 葛尾村、避難指示解除3年・未来は暗い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2927-624e7d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)