FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

浪江町、来月イオン開店、住民は戻らず

 2017年3月31日に避難指示が解除された福島県浪江町(1)に来月(7月)14日にイオンが開店します(2)(3)。浪江町に居住する方は、
  住民登録 17,375人中 1,051人(全体の6%)
で(4)、住民は戻りません。
 福島県浪江町は福島県沿岸部北部にあります(1)。南隣の双葉町には福島第一原発があります(5)。先の事故では全域が放射能に汚染され避難地域となりました(1)。
事故から8年3ヶ月を経て汚染されている福島
 ※1(6)のデータを(7)に示す手法で6月1日に換算
 ※2 避難地域は(8)による。
 ※3 DASH村は(9)による。
 図―1 福島県浪江町

 図に示しように、避難指示解除区域は面積としては一部ですが、同町の登録17,375のうち14,535人が避難指示解除区域で住民登録しています(10)。実質的には大部分で避難指示が解除されています。 図に示す様に、国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(11)地域が広がっています。そでれも安倍出戻り内閣は「安全」だとして同町中心部(東部)の避難指示を一2017年3月31日に解除しました(1)(8)。そして町の整備を進めて来ました。
  2017年4月
   ・役場の町内への移転
   ・JR浪江駅再開(浪江-小高間運転再開)(以上(12))
  2018年4月
   ・こども園、小中学校再開
  2018年7月
   ・野馬追再開(以上(13))
 野馬追は浪江町だけでなく福島県沿岸部北部で行われる神事で、鎌倉時代から続く伝統行事です(14)。
  2018年10月1日
   ・「うけどん」がイメージアップキャラクターに就任(15)
  2019年5月
   ・復興庁福島復興局の支所が移転(16)
 浪江町は避難指示解除直後の町内在住者の目標を5,000人としています。そのうち1,000人を新規の転入者をあてにしています(17)。そのためと思いますが、復興計画では「様々な人が町外から訪れるまち」や「新しく町に居住される方への支援」をうたっています(18)。ただし、富岡町に比べて不利です。地図でみろと富岡町は福島第一原発の南側にあります。浪江町が避難指示が解除された翌日の2017年4月1日に避難指示が解除されました(8)。福島第一を手掛けたのは日立製作所や東芝です(5)。当然ならが福島第一の廃炉を担う企業です。日立製作所も(19)東芝(20)も拠点は関東地方にあり、廃炉の支援拠点(例えば従業員の宿舎)を用意するなら富岡町の方が有利です。東京電力も事情は同じと思います。そんな訳で、廃炉関係者を呼びこむのが難しいと思います。浪江町は「なくなる」とまで言われています(21)。
 そんな中で、来月(7月)14日にイオンの開店が決まりました(2)(3)。
イオン浪江の7月14日開店を報じる福島のローカルTV局・TUF
 ※(22)をキャプチャー
 図―2 イオン浪江店開店を報じる福島のローカルTV局(TUF)


 どの程度の効果があるかきょうみがあります。以下に浪江町民の居住状況を示します。
 住民が戻らない福島県浪江町
※1 帰還者は(23)による。
 ※2 新規移住者は浪江町在住者(4)(24)―帰還者(23)で計算
 図―3 浪江町在住者

解除2年後の2019年5月31日時点の町内在住者は
 住民登録(新規転入者含む) 17,375人中 1,051人(全体の6%) 
で(2)、なかなか住民は戻りません。イオン出店決定くらいでは効果がないようです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 事故から8年も経てば、避難先に馴染んでしまうと思います。敢て被ばくのリスクをおかし、汚染されている浪江町に戻る事はないと思います。敢て被ばくのリスクをおかさいとの考えは多くの福島の皆様が持っています。
 福島を代表する野菜にキュウリがあります。須賀川市等が主要な産地です(25)。同市の小学生がキュウリの選果場を見学したそうです(26)。同市はキュウリの季節です。同市辺りのキュウリはみずみずしい香りでパリッとした歯切れのよいそうです(27)。福島県は福島産キュウリは「安全」だと主張しています(28)。でも、福島県須賀川市のスーパーのチラシには福島産キュウリはありません。
 他県産はあっても福島産が無い福島県須賀川市のスーパーのチラシ
※(29)を引用
 図―4 福島産キュウリが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県須賀川市市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)浪江町 - Wikipedia
(2)イオン浪江7月14日開店 利便性向上、帰還促進に期待 | 福島民報
(3)「イオン浪江店」7月14日オープン 地元の鮮魚、食料品など販売:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(4)浪江町ホームページ トップページ
(5)福島第一原子力発電所 - Wikipedia
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(8)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(9)DASH村 - Wikipedia
(10)<安住の灯>浪江と富岡 避難解除2年進まぬ帰還 移住者に期待 若い世代の支援強化 | 河北新報オンラインニュース
(11)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(12)浪江町の歴史4(復興創生期) | 浪江町ホームページ
(13)平成30年度上半期の話題 | 浪江町ホームページ
(14)相馬野馬追 - Wikipedia
(15)福島)浪江町の「うけどん」、イメージアップキャラ就任:朝日新聞デジタル
(16)福島)復興局の2支所を移転 7日に富岡と浪江へ:朝日新聞デジタル
(17)「浪江町人口ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生浪江町総合戦略」を策定しました(企画財政課)
(18)浪江町復興計画【第二次】の策定について | 浪江町ホームページ
(19)日立製作所 - Wikipedia
(20)東芝 - Wikipedia
(21)炎上の日、ウーマン村本さんに頼まれた「浪江町を案内してほしい」 - withnews(ウィズニュース)
(22)イオン浪江店 来月14日オープン - YouTube
(23)町民の避難状況 - 震災・原発事故からの復興 - 浪江町ホームページ
(24)広報なみえ - 浪江町ホームページ
(25)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(26)トピックス | JA夢みなみ
(27)特産品 - すかがわ岩瀬 | JA夢みなみ
(28)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(29)ザ・ビッグ須賀川店 | 宮城県、福島県のイオングループのスーパーマーケット「ザ・ビッグ」 | マックスバリュ南東北
スポンサーサイト



  1. 2019/06/20(木) 19:45:36|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライシーホワイト、応募低調、若い女性に見限られる福島 | ホーム | 事故前に比べ、女の子が生まれやすくなった福島>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2931-bee2911b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)