FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月5日発表)―福島産コモンカスベ、クロソイから基準超、福島県の検査は殆どND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。7月3日に4月26日までの食品中の放射性セシウムの検査結果が70日遅れで発表になりました(3)。まとめてみたので、お買い物の参考になればいいかなと思います。先回に続き今回もしっかりセシウム汚染食品が見つかっています(4)。牛肉および茨城県産コシアブラを除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査件中605件中15の基準超え(全体の2.5%)
  ②平均は、1キログラム当たり10.2ベクレル、最大630ベクレル(茨城県産コシアブラ)。
事故9年目も見つかり続けるセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
 図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(7月5日発表分)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

福島産からは、基準超は見つかっていませんが、これまでの発表を集計すると
 ・福島産コモンカスベ、クロソイから基準超、福島県の検査は殆どND
 ・福島県福島市産ブルーベリーの出荷が始まる。検査結果はありません。
などの特徴が読み取れ福島産は安全とは言えません。


1.福島産コモンカスベ、クロソイから基準超、福島県の検査は殆どND
  1月に福島県漁連の検査で福島産コモンカスベから基準値の1キログラム当た値100ベクレルを超える161ベクレルのセシウムが見つかりました(7)。以下に2019年以降の検査結果を示します。 
基準超が見つかっても、殆んどがNDの福島県のコモンカスベ検査
 ※1(1)(2)(8)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(みつからない事)を示す。
 ※3 凡例は検査先
 ※4 日付けは捕獲日
 図―2 福島産コモンカスベの検査結果

 図に示す様に福島県の検査は殆どが検出限外未満です。数値を記載すると、638件の検査を実施し632件が検出限界未満(ND)、最大は16.6ベクレルで、福島県漁連の10分の1です。
 福島県産の出荷前の詳細検査は概ね福島県が実施しています。例外的に福島第一原発20km圏内の魚を東京電力も検査しています(10)。東京電力は福島第一原発から10km以上離れ、試験操業の海域なっている福島第二原発2km沖で採れたクロソイから基準値の1キログラム当たり100ベクレル(6)を超える102ベクレルのセシウムが見つかったと発表しました(11)。以下に検査結果を示します。
基準超が見つかってもNDが続く福島県のクロソイ検査
 ※1 (1)(2)(10)(12)(13)を集計
 ※2 凡例は検査先
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 NDは検出限界未満(みつからない事)を示す
 図―3 福島産クロソイの検査結果

 図に示す様に福島県は昨年4月1日以降は全て検出限界未満(ND)です。発表(1)(2)を数えると57件連続です。
 他で基準を超えるセシウムが見つかっても、福島県の検査では見つかりません。福島県の検査は基準超を見つけらない検査です。福島県の農水産物の出荷前検査は厚生労働省の発表(1)を見ると、福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(14)が実施しています。中立性に疑問があります。


2.福島県福島市産ブルーベリーの出荷が始まる。検査結果はありません。
 福島県福島市は、福島県の北の外れに位置し、北側を宮城県と接しています。
福島市産ブルーベリーを検査しない福島県
 ※1(15)のデータを元に(16)に示す方法で7月1日に換算
 ※2 避難区域は(17)による。
 ※3 赤丸(●)一つがブルーベリーの検査1件で、(18)による。
 ※5 会津の範囲(19)による。
 図―4 福島市と会津

 図に示す様に国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(20)を超えたエリアが広がっています。
 福島市で今年もブルーベリーの出荷が始まりました。
 福島市産ブルーベリーの収穫開始を報じる福島県ローカルTV局・FCT
※(21)を引用
 図―4 福島市産ブルーベリーの収穫開始を報じる福島のローカルTV局・FCT

 以下に福島県福島市の葬式数を示します。
事故後に増えた福島県福島市の葬式
 ※1(22)を各年6月から翌年5月までの1年間で集計
 ※2 震災犠牲者は(23)により、行方不明を含み関連死を含まず
 図―5 事故に増えた福島盆地の葬式

数値を記載すると
 事故前(2009年6月から10年5月) 2,831人
 近々1年(2018年6月から19年5月)3,329人
で、19%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら約45億分の1でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(24)による。
有意差検定表

 一方で、福島市程には汚染が酷くない会津は
 事故前(2009年6月から10年5月) 4,007人
 近々1年(2018年6月から19年5月)4,117人
で、少し増えていますが、統計的な差はありません。
 汚染されており、葬式が増えた福島市の産品なら確り検査して欲しいと思います。でも、図―4に示す様に福島市産ブルーベリー検査結果はありません。
 福島産は汚染され葬式が増えた地の産物でも検査されずに出荷されます。それでも安倍出戻り内閣は、福島産は「安全」であり、避ける行為を「風評被害」と呼んでいます(25)

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・70日遅れで発表される検査結果
 ・基準超を見つけられない福島県の検査
 ・汚染が酷く葬式が増えた産地を検査しなくても、検査で安全とされ出荷される福島産
 (=^・^=)は不安なので
  「買わない」「食べない」「出かけない」の「フクシマ3原則」
を決めています。でも、これって(=^・^=)だけでは無いようです。
 福島を代表するくだものにモモがあります(26)。今年も出荷が本格化そました(27)。安倍出戻り総理は試食しました(28)。福島はモモの季節です。福島のモモは美味しいとのことです(29)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(30)。でも、福島県鏡石町のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ
 ※(31)を引用
 図―6 福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

P.S.
本記事は選挙運動と認識される可能性もあるので、以下にメールアドレスを記載します。
inu_poti@yahoo.co.jp

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第1132報)
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月13日発表)―茨城県産コシアブラが基準超、20日間発表しません。―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)コモンカスベから基準超セシウム 全量出荷停止 福島・広野沖 | 河北新報オンラインニュース
(8)福島県における魚介類の試験操業に関するポータルサイトです中の「相馬双葉地区」および「いわき地区
(9)周辺の分析結果ー分析結果 - 廃炉プロジェクト|データ|東京電力ホールディングス株式会社
(10)(9)中の25日<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(同所港湾内を除く)
(11)(9)中の4日<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(同所港湾内を除く)
(12)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果アーカイブ|データ|東京電力ホールディングス株式会社中の各月の「<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(同所港湾内を除く) 」
(13)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果|アーカイブ|東京電力中の各月の「<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(同所港湾内を除く) 」
(14)農林水産部 - 福島県ホームページ
(15)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(16)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(17)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(18)品目から探す | 福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報を「果物」⇒「は行」⇒「ぶ」⇒「ブルーベリー、ブルーベリー(施設)」で検索
(19)会津 - Wikipedia
(20)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(21)ニュース|福島中央テレビ
(22)福島県の推計人口(令和元年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(23)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(月1回更新) - 福島県ホームページ
(24)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q18.統計的な差ってなんですか?
(25)風評に立ち向かう|福島|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁
(26)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(27)福島特産のモモ、出荷が本格化 7月下旬に最盛期 | 共同通信
(28)「政治の安定」へ執念=安倍晋三自民党総裁【党首奮戦記】:時事ドットコム
(29)食の宝庫ふくしま | ふくしま満天堂(ふくしまプライド。)
(30)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(31)鏡石店 – イオンスーパーセンター公式ウェブサイト

スポンサーサイト



テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2019/07/07(日) 19:45:29|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島・小児甲状腺がん229人、まだまだ増える | ホーム | 福島・ミスピーチ始動、モモを食べて大丈夫?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2950-18c54190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)