FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

今年も安値、福島のモモ

 福島県福島市のスーパーのチラシに、福島産と山梨産のモモが載っていました。価格を見たら2個で
 福島産 380円
 山梨産 580円
で(1)、今年も福島産モモは山梨産比べ安いようです。
 福島はくだもの王国を主張していますが(2)、福島全域で果物作りが盛んな訳ではありません。福島盆地と呼ばれる狭い地域に集中しています(3)。以下に示します。
事故から8年4ヶ月以上経て、汚染されている福島盆地
 ※1(4)のデータを元に(5)に示す方法で7月1日に換算
 ※2 避難区域は(6)による。
 ※3 福島盆地の範囲は(7)による。
 ※4 会津の範囲(8)による。
 図―1 福島盆地と会津

 図に示しように国が除染が必要とする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた地域が広がっています。福島のくだものは9シーズン連続で、汚染された土地で栽培されています。福島盆地は福島市、伊達市、桑折町、国見町の2市2町に広がっています(7)。この2市2町の葬式数を福島県の発表(9)から集計すると
 事故前(2009年6月から10年5月) 3,909人
 近々1年(2018年6月から19年5月)4,633人
で、19%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら約200兆分の1でした(10)。
図に示す様に会津地方は福島の中では汚染がマシな方です。福島盆地に程には果物作りは盛んではありません(3)。会津地方の葬式は
 事故前(2009年6月から10年5月) 4,007人
 近々1年(2018年6月から19年5月)4,117人
で、少し増えていますが、統計的な差はありません。
 福島盆地が広がる2市2町の花は全て「モモ」です(7)。モモは福島を代表する果物です。最大産地である山梨産(11)と比べてみました。
事故後に山梨産に比べさらに安くなったまま回復しない福島のモモ
 ※(12)を集計
 図―2 山梨・福島のモモ価格

 今年も福島はモモのPRに余念がないようです。7月4日には安倍出戻り総理が福島市を訪れ、モモを試食しました(13)。翌5日には、福島産果物のキャンペーンクルーのミスピーチの皆さんが本格活動をはじめました(14)。12日からはTOKIOによる福島産モモのテレビCMが始まりました(15)。同日、福島県伊達市の直売所ではミスピーチの皆さんが参加して、モモとキュウリの試食会が行われました(16)。成果が上がったでしょうか?
 以下に福島県福島市のスーパーのチラシには福島産と山梨産のモモが同時に掲載されていました。
2個380円の福島産モモ 2個580円の山梨産モモ
 (a)福島産              (b)山梨産
 図―3 福島産と山梨産のモモが掲載された福島県福島市のスーパーのチラシ

図に示す様に共に2個入りで
 福島産 380円
 山梨産 580円
で(1)、今年も福島産モモは山梨産比べ、かなりのお買い得です。安倍出戻り総理も、ミスピーチの皆さんも、TOKIOも結果を出せなかったようです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 でも、安値でもチラシに載るだけマシかもしれません。福島県会津若松市のスーパーのチラシには福島産モモはありません。 
他県産はあっても福島産モモが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(17)を引用
 図―4 福島産モモが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

(=^・^=)も福島県会津若松市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)平野店 | お店を探す | ヨークベニマル
(2)ミスピーチキャンペーンクルー ? くだもの消費拡大委員会
(3)くだものづくりがさかんな福島盆地
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(5)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)福島盆地 - Wikipedia
(7)会津 - Wikipedia
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)めげ猫「タマ」の日記 福島・ミスピーチ始動、モモを食べて大丈夫?
(10)福島県の推計人口(令和元年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(11)桃の生産量の都道府県ランキング(平成28年) | 地域の入れ物
(12)東京都中央卸売市場-統計情報検索を「大分類、果実⇒中分類、もも類」で検索
(13)めげ猫「タマ」の日記 安倍出戻り総理に無検査モモを食べさせる福島
(14)福島県産果物魅力発信へ ミスピーチ 今年度活動本格開始 | 福島民報
(15)おいしい福島「んだ、んだ」 TOKIOの新CM発表 | 福島民報
(16)農産物直売所 みらい百彩館「んめ~べ」 – JAふくしま未来 直売所「んめ~べ」のブログ
(17)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
スポンサーサイト



  1. 2019/07/21(日) 20:05:31|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月19日発表)―岩手産クロソイからセシウム、福島県検査は81件連続ND― | ホーム | 日本を切り崩してきた安倍出戻り総理>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2964-01e5364a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)