FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島のトマトって、食べて大丈夫?

 福島のトマトについて、(=^・^=)なりに調べたら
 ・主要産地の葬式が事故前に比べ増えているが、主要産地でない相馬・南相馬では増えているとは認められない。
 ・主要産地の一つの郡山市産が検査されていない。
 ・福島は汚染されている。
等の特徴を見出しました。
 福島を代表する農産物にトマトがあります(1)。今年もTOKIOのテレビCMが始まりました(2)。
TOKIOの福島産トマト等のテレビCM
 ※(3)をキャプチャー
 図―1 トマトが登場する福島・夏野菜CM

福島はトマトの季節です(3)。福島県は福島産トマトは「安全」だと主張しています(4)。でも、福島県は事故前は原発は「安全」だと主要していました。2011年2月23日には、福島第一原発3号機のプルサーマルの安全を確認しています(5)。でも約2週間後に大爆発です。信じて良いか分かりません。そこで(=^・^=)なりに調べて見ることにしました。
 福島のトマトの主要産地は郡山市、白河市、南会津町です。以下に示します。
郡山市産トマトを検査していない福島県
 ※1(5)の数値データを元に(6)に示す手法で7月1日時点に換算
 ※2 旧避難区域は(7)による
 ※3 トマトの検査は(8)による。
 ※4 が検査1件
 図-2 福島県郡山市、白河市、南会津町、相馬市、南相馬市とトマト検査状況

 図に示す通り福島えは国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(9)地域が広く広がっています。でも図に示す通り、福島県は主要産地の郡山市産トマトの検査をしていません。ひらた中央病院によると、郡山市民208人を対象したアンケートで、福島産野菜を避けているのは96人で(10)、過半数の方が許容しています。トマト産地の皆様の健康が気になります。以下に福島のトマト産地(郡山市、白河市、南会津町の合計)の各年1-6月の葬式数を示します。
事故後に葬式が増えた福島県のトマト産地
 ※1(11)を郡山市、白河市、南会津町の合計で各年前半(1-6月)を集計
 ※2 震災犠牲者は(12)により、死者・行方不明者の合計で関連死を含まず
 図―3 福島・トマト産地の葬式数

 数値を記載すると
  事故前(2010年1-6月) 2,082人
  今年前半(2019年1-6月)2,351人
で13%増えています。このような事が起こる確率を計算したら0.005%でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(13)による。
有意差検定表

 JAふくしま未来によると、同JA管内の相馬・南相馬市の特産品にトマトはないそうです(14)。ひらた中央病院のが発表したアンケートによると両市合計で715人中417人が福島産野菜を拒否してます(10)。トマトの産地でもないので、両市の多くの方は福島産トマトを避けています。以下に両市の各年1-6月の葬式数を示します。
事故後も葬式があまり増えていない福島県相馬・南相馬市
 ※1(11)を各年前半(1-6月)で集計
 ※2 震災犠牲者は(12)により、死者・行方不明者の合計で関連死を含まず
 図―4 相馬・南相馬市の葬式数

 数値を記載すると
  事故前(2010年1-6月) 684人
  今年前半(2019年1-6月)695人
で少し、増えてはいますが統計的な差はありません。
 福島産トマトは
 ・主要産地の葬式が事故前に比べ増えているが、主要産地でない相馬・南相馬では増えているとは認められない。
 ・主要産地の一つの郡山市産が検査されていない。
 ・福島は汚染されている。
等の特徴を見出せます。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島産が安全か否かは色々な意見があると思います。図―1に示す様に事故から8年4ヶ月以上が過ぎて福島は汚染されています。汚染されている地で採れたものを避けるのは当然の行為です。少なくとも福島の皆様はそう考えていると思います。
 福島を代表する果物にモモがあります(1)。今年も主力品種のあかつきの出荷が本格化しました(15)。
あかつきの本格出荷を報じる福島のローカルTV局・FTV
 ※(15)を引用
 図―5 「あかつき」の出荷が本格化したと報じる福島のローカルTV局・FTV

 福島はモモの季節です(3)。福島のモモは美味しいとのことです(16)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(17)。でも、福島県棚倉町のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ
 ※(17)を引用
 図―6 福島産モモが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県棚倉町の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(2)おいしい福島「んだ、んだ」 TOKIOの新CM発表 | 福島民報
(3)ふくしまプライド。
(4)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(7)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。を野菜⇒た行⇒と⇒トマト、トマト施設で検索
(9)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(10)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(11)福島県の推計人口(令和元年7月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(12)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(月1回更新) - 福島県ホームページ
(13)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q18.統計的な差ってなんですか?
(14)概要 | JAふくしま未来について | JAふくしま未来
(15)ローカルTime FNN被災地発...
(16)食の宝庫ふくしま | ふくしま満天堂(ふくしまプライド。)
(17)エコスグループ
スポンサーサイト



  1. 2019/07/29(月) 19:44:06|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島Q&A Q21.速やかな出荷制限はでましたか? | ホーム | 避難指示解除も戻らぬ住民、事故から8年4ヶ月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2972-8d34d32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)