FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島Q&A Q23.福島汚染水トリチウムの量は?

A>約871兆ベクレルです。
 福島第一原発では日々、汚染水がたまり続けています。
どんどん増える福島第一汚染水
 ※(1)(2)を集計
 図―1 どんどん増える福島第一汚染水

 東京電力は2022年頃にはタンクが一杯になると主張し、暗に海洋放出の主張しています(3)~(7)。汚染水は浄化装置を通した後でタンクに保管しています(1)(2)。ただし全ての放射性物質が浄化できる訳ではありません。東京電力はトリチウムは浄化できないとしています(8)。そこで、トリチウムの量を試算してみることにします。東京電力は汚染水量とトリチウム濃度を公開しています(1)(2)(9)(10)。
 2013年1月15日に汚染水タンク(濃縮塩水、SR処理水、処理水の合計)には220,761立方メートルに汚染水が蓄えられています((11)を集計)。同年2月19日には233,104立方メートルに増えました((12)を集計)。この間に12,343(233,104-220,761)立方メートルが新たに汚染水タンクに蓄えられました。2013年1月15日時点と汚染水のトリチウムの濃度は1リットル当たり130万ベクレルです(14)。トリチウムは13.3年で半分になります(15)。8月1日時点でみると2,389日(6.54年前、1年を365.24日(16)で計算)経過しています。したがって8月1日時点のトリチウム濃度は1リットル当たり89.9万ベクレルです(130万×0.5(6.54÷12.3)
。同年2月19日時点とトリチウム濃度は1リットル当たり120万ベクレルです(17)。同様に6.45年(2,354日)前ですので、8月1日は1リットル当たり83.5万ベクレルです(120万×0.5(6.45÷12.3))。平均で86.3万ベクレルです。2013年1月15日から2月19日までに汚染水タンクに送られたトリチウムは8月1日時点では10.7兆ベクレル(12,343×86.7万×1000)です。これを各時期(概ね1ヵ月毎)に計算し足していきます。すると822兆ベクレルになりました。
 一方で、原子炉やタービン建屋等に残っており汚染水タンクに収容されていない汚染水が44,340立方メートルあります(18)。近々の汚染のトリチウム濃度は1リットル当たり110兆ベクレルです(19)。トリチウムは49兆ベクレル(110万×44,340×100)です。
 合計で871兆ベクレルのトリチウムがあります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島に対する疑問を「福島Q&A 」にまとめました(20)。よかったら他のQ&Aも見て下さい。
 871兆ベクレルのトリチウムを海洋放出して「安全」なのかだと思います。日本の原発でトリチウムの排出量が最も多いのは玄海原発です。2002年から12年の11年間で826兆ベクレルのトリチウムを放出しています(21)。以下に位置を示します。
玄海原発から30km程北にある長崎県壱岐市
 ※Google Mapで作成
 図-2 玄海原子力発電所

 30km程北に長崎県壱岐市があります。日本の白血病発生率は2009年では年間人口10万人当り 6.3人が死亡しいますが(22)、壱岐市では成人T細胞白血病(以下ATL)で男性20.2人、女性20.6人が亡くなっています。同じ長崎県内でも長崎市は男性5.4人、女性4.7人。島原市は男性1.8人、女性3.1人で高くなっています(23)。安倍出戻り内閣や東京電力はトリチウムは「安全」として(24)(25)、福島第一汚染水の海洋投棄をしようとしています(7)。これでは福島の皆様は不安だと思います。
 福島県を代表する農畜産物に牛肉がありす(26)。福島の牛肉はおいしいとの事です(27)福島県は福島産牛肉は「安全」だと主張しています(28)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産牛肉はありません。
他県産はあっても福島産牛肉が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(29)を引用
 図―3 福島産牛肉が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県いわき市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社ちゅの「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について」
(2)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(3)第一原発トリチウム水 タンク2022年6月に限界 東電試算 | 福島民報
(4)多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第13回)‐配布資料(METI/経済産業省)中の多核種除去設備等処理水の貯留の見通し
(5)「処理水保管」22年夏上限 第1原発東電試算、タンク増設困難:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(6)<福島第1原発>処理水「22年夏に満杯」タンク保管量を東電推計 | 河北新報オンラインニュース
(7)めげ猫「タマ」の日記 福島第一汚染水タンク、3年で溢れますと東京電力、小委員会は長期保管を検討
(8)汚染水の浄化処理 - 廃炉プロジェクト|廃炉作業の状況|東京電力ホールディングス株式会社
(9)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果|アーカイブ|東京電力中の「水処理設備の分析結果⇒水処理設備の放射能濃度測定結果 」
(10)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果アーカイブ|データ|東京電力ホールディングス株式会社の「水処理設備の分析結果」
(11)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第82報)|東京電力
(12)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第87報)|東京電力
(13)>報道配布資料 2013年|アーカイブ|東京電力
(14)(13)中の2013年1月28日水処理設備の放射能濃度測定結果(PDF 56.7KB)
(15)半減期 - Wikipedia
(16)年 - Wikipedia
(17)(13)中の2013年3月6日水処理設備の放射能濃度測定結果(PDF 10.2KB)
(18)2019年のアーカイブ|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社中の8月⇒5日
(19)採取地点別放射性物質の分析結果(2019年7月分) - 廃炉プロジェクト|データ|東京電力ホールディングス株式会社中の水処理設備の分析結果⇒25日
(20)<参考資料>トリチウム 日本の発電用原子炉トリチウム放出量 (2002年~2011年度)
(21)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A 
(22)4.白血病の発生率|白血病|治療・研究|JALSG
(23)高い白血病死亡率、玄海原発の影響か | 壱岐新報
(24)多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第11回)‐配布資料(METI/経済産業省)中の資料3-1 田内委員のプレゼン資料(PDF形式:2,285KB)
(25)福島第一原子力発電所でのトリチウムについて 平成 ... - 東
(26)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(27)食の宝庫ふくしま | ふくしま満天堂(ふくしまプライド。)
(28)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(29)マルト/SC君ヶ塚店のチラシと店舗情報|シュフー Shufoo! チラシ検索
スポンサーサイト



  1. 2019/08/12(月) 19:43:36|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島復興NPO、子供達を核兵器製造関連施設に派遣 | ホーム | 飯舘村、スポーツ公園1周年、住民は戻らず>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/2986-1e17fd21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)