FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島Q&A Q26.少量の被ばくは問題ありませんか?

Q>少量の被ばくは問題ありませんか?
A>国際放射線防護員会は社会的・経済的要因を考慮しながら、人体への被曝をできるだけ少なくするように努力すべきであるととの勧告を出しています(1)。
 文部科学省が出している放射線「放射線副読本(平成30年10月改訂)」の10ページに「放射線を受ける量をゼロにすることはできませんし、自然の中にもとからあった放射線や、病院のエックス線( レントゲン)撮影などによって受けるわずかな量の放射線で、健康的な暮らしができなくなるようなことを心配する必要はありません。」との記述があります(2)。あるいは復興庁が出している「放射線のホント」では、5ページ「放射線は<中略>ゼロにはできません」と記述した後、11ページに「ふだんの身の回りの量はわずかなので、健康への影響はありません。」と記述しています。共に少量の放射線なら許容されるような書き方です。
 被曝による放射線障害は、被曝線量に応じて確定的影響(deterministic effects)と確率的影響(stochastic effects)の二つに分類されます。確定的影響については閾値(threshold)と呼ばれる線量が存在しその閾値以下の被曝では確定的影響は発生しません。一方で、確定的影響の閾値以下の被曝でも、確率的影響(具体的には主にガン)が発生する可能性(確率)はあります。
 確率的影響は確定的影響とは異なり閾値が存在せず線量に応じて死亡リスクが増加するという直線しきい値無し仮説(Linear no-threshold hypothesis;LNT仮説)と呼ばれるモデルが取られています。LNT仮説は、動物実験、放射線療法を受けた患者の調査、広島・長崎の原爆被爆者の追跡調査、その他の被曝に関する疫学調査で統計的に裏付けがされています(4)。以下に概念を示します。
確率的影響の概念
 ※(5)にて作成
 図―1 「確率的影響」の概念

 図に示した様に少量でも被ばくすれば癌になる確率は高まります。また、被ばくすればするほど、癌になる確率が増えます。
 一方で有益な事もあります。以下に福島第一の放射線量を示します。
低いところでも1(μSv/h)ある福島第一
 ※(6)を一部抜粋
 図―2 福島第一構内の放射線量

 低い所でも毎時1マイクロシーベルトはあります。通常の放射線量は毎時0.04マイクロシーベルト言われているので(7)、最低でも25倍です。福島第一で働く下請けさんは、通常に比べ多くの被ばくをします。当然ながら発癌リスクも高まります。その代わり収入をえることができます。さらには福島復興には第一の廃炉は必須です(8)。それなりやりがいもあると思います。これは人によって異なりますが、ある程度の被ばくを許容するならそれによって見返りがある場合があります。
 それに対して、必要もないレントゲン撮影などの無用な被ばくも理論上存在します(1)。そのような被ばくはどんな少量でも避けるべきです。社会的・経済的要因を考慮しながら、人体への被曝をできるだけ少なくするように努力すべきであると、1997年に国際放射線防護委員会(ICRP(9))がこの原則を通して勧告しました。これは「ALARA」(「合理的に達成可能な限り低く」を意味する略語)と呼ばれ、放射線量と放射線物質の放出量を最小限に抑えるという、放射線の安全利用における原則です(1)。この原則に従うならたとえ少量でも被ばくは避けるべきであり、文部科学省(2)や復興庁(3)のあたかも少量の被ばくは問題がないかのような説明は「嘘」です。


<余談>福島を係ることでの被ばくが合理的か否かですが、安倍出戻り内閣は合理的でないと考えているようです。文部科学省や復興庁が出した冊子には(2)(3)は「合理的に達成可能な限り低く」の記述を避けています。
  福島に対する疑問を「めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A 」にまとめました(9)。よかったら他のQ&Aも見て下さい。
 福島を係ることでの被ばくが合理的か否かですが、安倍出戻り内閣は合理的でないと考えているようです。文部科学省や復興庁が出した冊子には(2)(3)は「合理的に達成可能な限り低く」の記述を避けています。
 福島はそろそろ紅葉シーズンです。福島の紅葉は綺麗なようです(10)。以下に福島や隣県の放射線量を示します。
事故から8年7ヶ月経て、特異的に汚染されている福島
 ※1(11)のデータを(12)に示す方法で10月1日に換算
 ※2 避難区域は(13)による
 図―3 特異的に汚染されている福島

図に示すように国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(7)を超えた地域が概ね福島で広がっています。事故から8年以上が経た福島は汚染されたままです。だいたい避難地域が設定されているのは福島のみです(13)。
 福島に紅葉を見に行ったら追加の被ばくします。綺麗な紅葉は福島以外もあります(14)。追加被ばく覚悟で福島に紅葉を見に行く合理性があるでしょうか?
 以下に福島産米の詳細検査結果を示します。
 事故から8シーズン連続でセシウムが見つかる福島産米
 ※1(15)(16)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは検査日
 図―4 福島産米の詳細検査結果

 図に示す様にセシウムが見つかり続けています。福島産米を食べると追加被ばくのリスクを負います。
 以下に新潟産米の検査結果をしめします。
殆どセシウムが見つからない新潟産米
 ※1(15)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは検査日
 図―5 新潟産米の詳細検査結果

 図に示す通り殆どセシウムが見つかっていません。2012年以降でセシウムが見つかったのは833件を検査して1件です。見つかったのは京都市が2015年に検査した流通品です(17)。京都市が産地偽装された米を新潟産米と認識していた可能性があります。新潟産米はよく産地偽装されます(18)。福島も新潟も主力品種はコシヒカリです(19)(20)。新潟にも福島にも阿賀野川水系の流域があります(21)。さらに福島では阿賀野川水系から流域外に用水路を引き供給し、米が作られいます(22)(23)。福島の米も新潟の米も同じ阿賀野川水系の水で作られています。種類も水も同じでは、区別は難しいと思います。福島産米は新潟産米に偽装しやすいお米です。
 以上のように福島に出かけたり、福島産を食べたら追加被ばくのリスクを負います。これを「合理的な被ばく」と説明できているか興味があります。少なくとも福島ではできていません。
 10月の福島は新米の季節です(24)。福島県棚倉町の全量・全袋検査数が約10万件を超えました(25)。同町は人口約14,000人(26)、なので町民が食べるには充分な量です。福島のお米はおいしいとの事です(27)。福島県は福島産米は「安全」だと主張しています(28)。でも、福島県棚倉町のスーパーのチラシには福島産米はありません。
 他県産はあっても福島産米が無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ
 ※(29)を引用
 図―6 福島産米が無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県棚倉町の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)Quint Dental Gate - キーワード
(2)放射線副読本(平成30年10月改訂):文部科学省放射線副読本(平成30年10月改訂)(PDF版)
(3)風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略放射線のホント
(4)周辺の分析結果ーサーベイマップ - 廃炉プロジェクト|データ|東京電力ホールディングス株式会社
(5)確定的影響と確率的影響 - 放射線の人体への影響 | 電気事業連合会
(6)周辺の分析結果ーサーベイマップ - 廃炉プロジェクト|データ|東京電力ホールディングス株式会社最新の敷地全体サーベイマップ
(7)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(8)菅原経産相が福島第一原発訪問 「廃炉・汚染水対策進める」 | 東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース | NHK 40年後の未来へ 福島第一原発の今
(9)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A 
(10)福島県 紅葉特集 2019シーズン - 福島県観光情報サイト「ふくしまの旅」[公式]
(11)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(12)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(13)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(14)2019年全国の紅葉見頃時期を予想!東・西日本では平年並?やや遅い見頃に |ウォーカープラスの紅葉名所2019
(15)報道発表資料 |厚生労働省
(16)全量全袋検査の検査結果 - 福島県ホームページ
(17)食品中の放射性物質の検査結果について(第958報) |報道発表資料|厚生労働省⇒1 自治体の検査結果⇒検査結果(PDF:1,020KB)⇒No3031
(18)ふるさと小包で「魚沼産米」と偽装容疑、元会社長ら逮捕:朝日新聞デジタル
(19)ふくしまの自慢のお米の種類|ふくしまの米
(20)10月の旬 コシヒカリ - 新潟県ホームページ
(21)阿賀野川 - Wikipedia
(22)安積疏水 - Wikipedia
(23)羽鳥ダム - Wikipedia
(24)ふくしまプライド。
(25)ふくしまの恵み
(26)トップページ | 棚倉町公式ホームページ
(27)食の宝庫ふくしま | ふくしま満天堂(ふくしまプライド。)
(28)全量全袋検査に関するよくある質問 - 福島県ホームページ
(29)エコス棚倉店
スポンサーサイト



  1. 2019/10/21(月) 19:42:18|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島Q&A Q27.「フクシマ」と「福島」と違いは? | ホーム | 福島・災害ゴミの放射能>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3038-8b15d93e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)