FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

飯舘村・帰還者減、除染土の再利用は「安全」との喧伝も効果なし。

 2017年3月31日に避難指示が解除された福島県飯舘村(1)の帰還者は
  昨年12月1日時点 1,203人(3)
  今年 1月1日時点 1,201人(4)
で減少に転じました。同村では除染土の再利用が行われています(5)。NHKはこれを「安全」と喧伝していますが(6)、効果はなかったようです。
 福島事故後に二種類の避難地域が設定されました。一つは福島第一20km圏内に設定された「警戒区域」です。ここは事故直後の2011年3月12日に避難指示がだされており、多くの方が被ばくを免れました。もう一つが事故後にしばらくして放射線量が高い事が分かり設定されら「計画的避難区域」です。飯舘村の全域と葛尾村の大部分が計画的避難区域になりましたが、避難区域設された他の市町村は大部分は「警戒区域」です(1)(7)。さらに飯舘村のおおよその避難が完了したには事故から3ヶ月以上過ぎた2011年6月22日です(1)。飯舘村はいわば逃げ遅れた避難区域です。以下に位置を示します。
2020年も汚染されている福島
 ※1(8)のデータを元に(9)に示す手法で1月1日に換算
 ※2 避難区域は(7)による。
 図―1 福島県飯舘村

 事故から足掛け10年になりますが、図に示す通り国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(10)地域が広がっています。飯舘村は今も汚染されたままです。 妊娠期間を280日として(11)、3月11日の280日後は12月16日なので、事故後に懐妊した赤ちゃんが生まれてくるのは2012年以降です。2012年以降に女の子が多く生まれています。2012年から16年の5年間を合計すると
 男の子 117人
 女の子 154人
です(12)。このような事が偶然に起こる確率を計算したら、統計的な差があるとされる5%(13)を下回る2.5%でした(14)。 
 福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
福島の綺麗な女性
 ※(15)をキャプチャー
 図―2 福島の綺麗な女性

でも喜んでばかりはいられないようです。放射性影響研究所は広島や長崎の原爆投下で遺伝的な影響が生じていない根拠の一つに「赤ちゃんの男女比に異常が起きていない。」事をあげています(16)。それでも安倍出戻り内閣は「安全」であるとし(17)、避難指示を解除しました(1)(7)。
 復興に向け、色々な施策が行われているようです。同村の長沼地区では除染ででた除染土の再利用をした復興事業が進められています(5)。これをNHKは「安全」と喧伝しています(6)。でも効果はなかったようです。
住民が戻らない福島県飯舘村
 ※1(2)にて作成
 ※2 帰還には出生を含む
 図―3 飯舘村の居住状況

 図に示す様に住民はなかなか戻りません。そして
 
避難指示解除2年8ヶ月の2019年12月1日時点での帰還者は
  昨年12月1日時点 対象5,279人中 1,203人(3)(22.8%)
  今年 1月1日時点 対象5,256人中 1,201人(4)(22.8%)
で帰還者は昨年12月に比べ今年1月は減っています。帰還の流は止まりました。図に示すように多くの村民は住宅取得等、村外に安定した住居を手に入れています。今後の帰還はそれ程には見込めません。なお、この他に避難指示解除後に転入された方。生まれた方。避難せずに村に残った方がいます。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 村民が戻らないのはやはり「不安」だと思います。でも「不安」なのは避難地域外の福島の皆様も同じです。
 福島を代表する冬の果物にイチゴがあります(18)。福島県会津若松市では今、イチゴ狩りが楽しめます(19)。同市市はイチゴの季節です。同市辺りのイチゴは身の詰まったしっかりした食感で、食べると果汁が溢れるとの事です(20)。福島県は福島産イチゴは「安全」だと主張しています(21)。でも、福島県会津若松市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産が無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―4 福島産イチゴが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県会津若松市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)飯舘村 - Wikipedia
(2)令和2年1月1日現在の村民の避難状況について - 飯舘村ホームページ
(3)(2)中の令和元年12月1日現在の村民の避難状況 [PDFファイル/59KB]
(4)(2)中の令和2年1月1日現在の村民の避難状況 [PDFファイル/58KB]
(5)飯舘村における再生利用実証事業|再生利用実証事業|県外最終処分に向けた取組|中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(6)除染で出た土「安全性問題ない」 農地利用の手引き作成へ | NHKニュース
(7)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(8)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(9)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(10)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局
(11)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(12)めげ猫「タマ」の日記 避難解除の飯舘村、村内居住者は23.8%、プレミアム商品券も効果無し
(13)出生性比
(14)妊娠期間「十月十日(とつきとおか)」の計算・妊娠週数の数え方 [妊娠の基礎知識] All About
(15)原宿とコラボで商店街に元気を|NHK 福島県のニュース
(16)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 ? 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF(17)国連報告者、福島事故の帰還で日本を批判  :日本経済新聞
(18)冬 | ふくしまの果物 | JA全農福島
(19)フルーツランド北会津
(20)いちご | JA会津よつば
(21)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(22)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
スポンサーサイト



  1. 2020/01/13(月) 19:46:47|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島Q&A Q32.福島市と普天間はどちらが危険ですか? | ホーム | 新潟の自主避難者は戻らず、住宅支援打ち切り2年9ヶ月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3139-ca5b2865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)