FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島の放射能汚染ゴミが新潟県五泉市に運ばれました。

 福島県本宮市から昨年10月に発生した災害ゴミが新潟県に運び込まれました(1)。同市は放射能に汚染されており、放射能汚染ゴミです。
 福島県本宮市は福島県中部にある市です。以下にに示します。
事故から9年近く経て汚染されている福島県本宮市、伊達市、須賀川市
 ※1(2)のデータを(3)に示す手法で1月1日に換算
 ※2 旧避難地域は(4)による。
 ※3 災害ゴミの福島県外搬出予定自治体は(5)による。
 図―1 災害ゴミの福島県外押し付けを企んでいる福島の汚染自治体

 図に示す様に国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(6)を超えた地域が広がっています。事故から9年近くを経て、福島は汚染されたままです。
 福島でも10月12日から13日の台風19号に伴う豪雨で河川が氾濫し(7)、32人の方が亡くなり、13,458棟の建物が床上または床下浸水しました(床上10.986、床下2,472)(8)。福島県本宮市では福島を代表する河川・阿武隈川(9)が氾濫し大変な被害を出しました(7)。
泥土含む泥水に水没した本宮市
 ※(7)をキャプチャー
 図―2 川が氾濫し水没した本宮市

 図に示す様に溢れた水は泥水です。水の他に泥土も流れてきたはずです。床上、ないし床下浸水した水は泥土も運んできました。
床下に泥土が流れ込んだ被災家屋
 ※(10)を転載
 図―3 床下に流れ込んだ「泥土」

 そして大量の災害ゴミが発生しました。
泥だらけの福島県本宮市の災害ゴミ
 ※(11)をキャプチャー
 図―4 福島県本宮市の災害ゴミ

 図―1に示す様に福島は汚染されています。泥土に放射性物質が含まれています。本宮市の「泥土」からは1キログラム当たり3,960ベクレルのセシウムが見つかりました(10)。これは国が安全に再利用して良いとする基準(クリアランス基準)の同100ベクレル(12)の約40倍です。本宮市の泥土は放射能汚染物として取り扱う必要があります。さらには本宮市の明戸石池では同25万ベクレルのセシウム137が見つかっています(13)。今回の水害ではこうした物も流れ出した可能性があります。災害ゴミに付着し、災害ゴミは放射能に汚染されています。福島の災害ゴミは放射能汚染物としての取り扱いが必要です。
 ところが、福島県本宮市の災害ゴミが1月27日に新潟県五泉市に運び込まれました。今後、3週間かかけて150トンを搬出するそうです。福島の放射能汚染物が新潟県五泉市に運び出されました。
 さらに、本宮市以外にも伊達市、須賀川市、石川町も放射能汚染災害ゴミの福島県外搬出を企んでんいます(5)。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 昨年10月の水害で生じた福島の災害ゴミは放射能に汚染されており、本来であれば除染廃棄物に準じ、国の責任で中間貯蔵施設に運び込むべきものです(15)。
 五泉市の特産品にサトイモとレンコンがあります(16)。(=^・^=)は同市産ないしは産地の市町村が不明なら新潟県産のサトイモとレンコンの購入を自粛します。
 今回の件は、本宮市が新潟県に要請したものです(17)。だとすれば、新潟県知事も了承しているはずです。放射能汚染の可能性がある災害ゴミの受け入れに慎重だった元知事とは大違いです(18)。ついに本性を出したか(19)って感じです。
 このニュースは主に福島側の報道で知りました(5)(11)(18)(20)。受け入れ先の新潟の皆様にとっても福島から放射能に汚染されているであろう、災害ゴミが運びかまれる事は重要な問題です。でも、福島県本宮市の災害ゴミ受け入れについて、受け入れ先の五泉市は広報をしていません(21)。新潟の主要なマスコミの電子版を見たのですが(22)(23)(24)(25)(26)(27)、どこも掲載していません。東京電力は新潟でCMを流しています(28)。マスコミ各社はスポンサーの意向が気になると思います。
 そしてNHKは安倍の忠犬とも言われています(29)。この件は、電子版では福島県民むけには喧伝したのですが(5),新潟県民向けには伝えませんでした(23)。NHKは国民の知る権利を担保しません(30)。そして、多くの福島の皆様が福島は「安全」とは考えていません。
 イチゴは福島代表する冬の果物です(31)。今、福島県福島市ではイチゴ狩りが楽しめます(32)。同市はイチゴの季節です。福島のイチゴは甘くておいしいとの事です(31)。福島県は福島産イチゴは「安全」だと主張しています(32)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(32)を引用
 図―4 福島産イチゴが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島の災害ごみ、初の県外搬出 新潟で広域処理 | 河北新報オンラインニュース
(2)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成30年9月6日~11月15日測定) 平成31年03月08日 (KMZ KMZ, CSV ZIP)」
(3)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2018年)
(4)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(5)台風の災害ごみ初めて県外搬出|NHK 福島県のニュース
(6)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局
(7)福島・本宮市中心部が水没、住民救出中 阿武隈川が氾濫 [台風19号]:朝日新聞デジタル
(8)令和元年台風第19号等に関する被害状況即報 - 福島県ホームページ
(9)阿武隈川 - Wikipedia
(10)めげ猫「タマ」の日記 福島・浸水家屋は放射線管理区域
(11) 新潟県五泉市が受け入れ 福島県本宮市の台風19号災害ごみの搬出始まる 県外での処理は初めて(FTV)
(12)放射線監視室 - 福島県ホームページ令和元年台風19号に伴う環境放射能モニタリング結果について(最終報) [PDFファイル/1.12MB]
(13)100Bq/kg と 8,000Bq/kg の二つの基準の違いについて - 環境省
(14)平成25年度福島県内のため池等における放射性物質の調査結果について - 福島県ホームページ 県北地区 [PDFファイル/131KB]⇒No248
(15)中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(16)五泉市 - Wikipedia
(17)ニュース|福島中央テレビ
(18)柏崎市による災害廃棄物の受入調整に対する知事コメント - 新潟県ホームページ
(19)めげ猫「タマ」の日記 新潟県知事選の争点
(20)「災害ごみ」福島県外処理始まる 本宮から新潟・焼却場へ搬出:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(21)新着一覧/五泉市公式ホームページ
(22)新潟日報モア
(23)NHK 新潟県のニュース|NHK NEWS WEB
(24)BSN NEWS|BSN新潟放送動画ニュースサイト
(25)県内ニュース | NST Niigata Smile TV
(26)NNNドットコム
(27)UX新潟テレビ21 » UXニュース
(28)>CM・新聞・雑誌広告|動画・画像集|東京電力ホールディングス株式会社
(29)「アベチャンネル」化するNHK!受信料使って安倍首相と自民党の見解を垂れ流し&礼賛!
(30)最高裁大法廷,放送法の受信料制度を合憲と判断|NHK放送文化研究所
(31)冬 | ふくしまの果物 | JA全農福島
(32)いちご狩り2020 – 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
(33)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(34)イオン 福島店のチラシ・特売情報 | トクバイ
スポンサーサイト



  1. 2020/01/28(火) 19:44:10|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月27日発表)―茨城産ヒラメからセシウム、福島産は239件連続ND― | ホーム | 緊急連絡-新潟県五泉市の皆様へ、放射能汚染の福島・本宮の災害ゴミが運びこまれます->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3159-9a2d5fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)