めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

東京電力―2兆4千億受け取って、保障支払は6千億(2012年度決算)

今日(5月14日)、東京電力の2011年度の決算発表がありました(1)。
  2兆4262億円
を保障をするためのお金として援助されているみたいです。でも、補償金として支払ったのは
  6、323億円
です((2)の29ページ)。差の1兆8千億です。支払ってないのだから、「現金」としてもっていなければならないと思いまが、東京電力が所持している「現金」は約1兆2億円((4)の38頁)で、6千億ものお金が消えています。


以下詳しく書きます。

①2011年と12年売上は、それほど変わっていない。
 売上は
   2011年度 51,463億円
   2012年度 51、077億円
で、0.7%減でそれほど変わっていません。電気の販売量は減っていますが、「燃料費調整制度とは」という燃料費が上がると自動的に電気代があがる仕組み(3)の為に、燃料が上がり電気代が上がったので、売上はそれほど減らんかなったみたいです。

②燃料費増、福島原発費
  燃料費が8、047億円増えています(5)。
  福島第一原発の為に、2,871億円使っています。
  合計で、1兆0918億円です。

③社債を7,481億円も返した
 東京電力は資金調達は主に社債でしていました。2010年度末の社債の残高は4兆4252億円です。そして2011年度末の残高は、3兆6772億円ですので減った分の7,481億円は社債を返したことになります。②と合わせると1兆8399億円です。これって、保障に使うといって受け取ったお金のうち、まだ使ってない1兆8千億とほぼ同額です。
 原発事故の保障に使うべきお金を「社債」の償還に使っていたりして!
 
④未払いの補償 
 東京電力によると、これまでに確定した補償額は 2兆5249億円です。支払った額の差額約1兆9千億は、東京電力は現金として持っていなければならないと思います。でも、東京電力が持っている現金は7千億も足りない1兆2千億です。これってあり!
 社債の償還に7千億、不足現金7千億
偶然の一致とは(=^・^=)には思えません!


<余談>
 なんか、東京電力がお金がたりなくなると、そのお金を「保障に必要」だと出しているような気がします。こんなことってあり?
スポンサーサイト
  1. 2012/05/14(月) 19:51:25|
  2. -
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<新潟のクマから基準超の放射性セシウム-原因は濃度の急上昇! | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月第2週)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/317-890e02d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【東京電力―2兆4千億受け取って、保障支払は6千億(2012年度決算)】

今日(5月14日)、東京電力の2011年度の決算発表がありました(1)。  2兆4262億円を保障をするためのお金として援助されているみたいです。でも、補償金として支払ったのは  6、323億円です((2)の29ページ)。差の1兆8千億です。支払ってな...
  1. 2012/05/14(月) 22:55:53 |
  2. まとめwoネタ速neo